金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

年収を上げるには時給思考であることが大事

お金はとても大切です。
でも、それよりずっと大切なものが時間だと思っています。
お金を稼ぐことだけが目的になってしまったら、お金を使うこともできなくなりますし、
自分の体力や時間がどんどん削られてしまいます。

 

このような状況を変えるためには、お金よりも時間を大切にする意識が必要です。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中では、
年収別に行動パターンを比べています。

 

現在年収300万円の人は、
定期的に安定的にお金が入ってくることが何よりも大事だと思っているかもしれません。
今ある月収がいくらなのかこだわります。

 

年収1000万円稼いでいる人は、大抵年収を気にして働いています。
自分の仕事ぶりや評価を上げることが年収という形で跳ね返ってくるのでボーナスや昇給を常に狙っています。

 

金川顕教の同級生や会社員時代の同僚を見ていると、大体この二つのどちらかに分かれています。
自分の収入を月収で考えるのか、年収で考えるのか。
この違いが、結果的に差になっていくように見えます。

 

ただ、僕は一番お金を稼げるのは、月収思考でも年収思考でもなく、時給思考だと考えています。
自分の時給がいくらなのかがわかると、まず働き方が変わります。
自分のやるべきこととやるべきではないことの線引きがクリアになるのです。

 

例えば、年収1000万円ぐらいの人は月80~100万円程度稼ぐわけですから、
1日10時間働いているとして、時給は5000円前後になります。
そうすると、時給5000円を生まない仕事はやらない、と考えることができますよね。

 

意味のない打ち合わせとか、無駄口の多い電話など、しょうもないことに時間を使わなくなります。
仕事をやっているつもりでも、売上につながっていないことはとても多いのです。
時給で考えると、そういったことがすぐに浮かび上がってきます。

 

もう一歩進んで考えると、1時間で1000円や2000円程度の仕事はやるべきではないということに気がつきます。
家事だって、1時間2000円くらいの家政婦を雇えるならば、絶対そっちにお金を使うべきなんです。
自分はその間に5000円稼いでいくことが大切です。

 

時間というものは限られています。その中で、本当にやらなければいけないことも限られます。
食べる・寝る・といった生きるために最低限必要なこと、
夢や目標達成のための活動、それからあ人生を楽しむこと。
この3つだけなんですよね。

 

だから、自分の時間を切り売りするような考え方から、
すぐにでも自由にならなければいけません。

成功者は信頼関係を最も大切にしている

業界で成功している大物は、本当に異口同音に
“信頼こそが成功の秘訣だ”と主張します。

 

もちろん仕事上の信頼という意味で、プロとして自分に任せてくれて大丈夫なことと、
期待に応えられないことを明確に知っておくことのは重要である。
しかしこれら一流の人材に共通するのは、プロフェッショナルとして信頼される以前に、
そもそもひとりの人間として信頼され、尊敬されているということなのです。

 

「相手のために何かやってあげたい」と思うかどうかは、基本的に”相手への信頼感”が土台になっている。
この信頼感こそが、名刺の上に書いてある名前を”単なる知り合い”から”あなたのためにひと肌脱いでくれる人脈”に変えるのです。

 

この意味で、どれほど人から信頼されているかが、自分自身のリーダーシップのサイズを決定するとも言えます。

 

『ハーバード・ビジネス・レビュー』でSunnie Giles博士が紹介していた調査結果ですが、
195人のグローバル・リーダーに「最も大切なリーダーシップの資質」を聞いたところ、
第一位に輝いたのは”強い倫理観・道徳観”だったのである。

 

これに続くのは”明確なゴールと目的を示すこと”、”期待値を明確に伝えること”、”意見を変える柔軟性”、
“成長志向”、”透明で頻繁なコミュニケーション”、”成功・失敗に関する連体感の醸成”、”失敗を伴う挑戦の応援”などですが、
それらを上回る「最も大切なリーダーシップの資質」として、
“強い倫理観・道徳観”つまり”信頼感”が挙げられていたのです。

 

逆に個人レベルでは非常に優秀なのに大きな仕事ができない人は、
能力ではなく信頼が欠如していることが多いです。
また、優秀なのに足をすくわれる人も、たいてい信頼問題が引き金で没落していくものである。

 

信頼を語る上で大切なのは、リスク管理の徹底です。
一流のプロフェッショナルは攻めに強いだけでなく、守りにも強いです。

 

ビジネスの現場で最も大切な守りがコンプライアンス意識の徹底であるのです。
世の中を騒がせる著名な経営者や投資家がいとも簡単に監獄行きになる例は枚挙に暇がないが、
たいてい足をすくわれるのは法令違反です。
世に出て大きくなろうとすればするほど、どこを突かれても痛くない状態を保つため、
リスク管理の徹底が事業の継続性を大きく左右するのです。

 

信頼を得る上で大切なのは、当たり前ですが”嘘をつかないこと”、”相手の話を聞くこと”、
“自分の意見を押し付けないこと”、”時間を守ること”、”ミスがないこと”、”約束を守ること”、
そして言い訳せず、間違っても反社会勢力と付き合わないことです。

 

せっかくのキャリアで足をすくわれないために大切な守りのリーダーシップの要は、
コンプライアンス、お金の適切な使用、そして法的なリスクを管理すること。

 

信頼を常に第一に考えている人は信頼を失うリスクにナーバスです。彼らの座右の銘は、
「信頼を貯金する」であり、短期的に損をしても長期的な信頼を重視するのです。

勝ち組はファッションに気を遣っている

一流のプロフェッショナルは、TPOに応じて、実にファッションに気を遣います。
別そこまでしなくてもいい気がするが、
中にはトータルファッションコーディネーターを
雇っている人もいます。

 

社内でのオフィス・アワーはピンストライプのスーツをまとい、
エルメスやプラダなどの品質のいいネクタイを締めています。

 

※金川顕教はつい先日、母親からエルメスとプラダのネクタイをプレゼントしていただきました。

 

これに対し二流の人は、
自分の服装で他人に不快感を与えるのが得意です。

 

別にその人の胸毛なんて見たくもないのにシャツのボタンを大胆に開けていたり、
単なる身内の同窓会なのに、コンプレックスの裏返しか、
全身エルメスに身を包んで参上したりするのです。

 

服装は、あなたが「自分を客観的に見ることができているか」という自己認識能力の度合いを表し、
あなたのブランドイメージも大きく左右します。

 

韓国の某大手外資系コンサルティングファームの方がこんなことを仰っていました。
「出世が早い人は頭がいいのは当然として、自分に何が似合うかわかっていてカッコイイ。
流行っているものより自分に似合っているものを重視するので、
どんなお客さんの前に出ても外見的に恥ずかしくない」

 

ブランドイメージに関して言えば、
ブランド品の販売では箱代や袋代にも多大なお金をかけて”商品の高級感”を
演出するのと同じです。

 

例えばエルメスのネクタイを買うと、オレンジ色の立派な箱に入っています。
品質がいいのはもちろんですが、
このオレンジ色の箱が高級なオーラを何倍にも高めているのです。

 

同じエルメスでも、
直営店で見るのと某ディスカウントショップで見るのとでは、
全然印象が違いませんか?

 

某ディスカウントショップに並んだ途端、
チープに見えてしまうものなのです。

 

一流の人は自分に合ったものを長期間使います。

 

一流のビジネスパーソンは、むやみやたらにお金を投じるのではなく、
自分に合ったものを厳選し10年も20年も愛用する人が多いです。

 

これは、スティーブ・ジョブズがいつも同じ服を着ているように、
“決断の数を減らす”という意味も含まれているのかもしれません。

 

一流のビジネスパーソンはお金があるからといって、
ブランド品を買いまくっては大して使わないのに捨ててしまうような
困ったことはしません。

 

金川顕教も服が好きで、色々買ってはいますが、
厳選に厳選を重ねているので全てお気に入りですし、
長期間使用しています。

 

自分に合ったものを長期間愛用するというのは、
長期的な人間関係を大切にする一流の人に共通する行動パターンでもあるのです。

クレジットカード一枚で月給を上げる

世の中にはお得なものって多いですよね。
何か買い物をすればいろんなところからポイントが付いてきて、
何だか得した気分になります。

 

でもその一方で、使わないまま放置しているポイントだってたくさんあります。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中で、
年収別に行動パターンを比べています。

 

年収300万円の人は、何か節約の足しになるかもしれないと思って
ポイントカードをたくさん用意しますが、管理しきれるわけがありません。
すぐにやめましょう。

 

年収1000万円の人は、クレジットカードを使い分けて賢く買い物をすることを心掛けています。
ポイントはクレジットカードにつくものに集中させたりしながら、現金と数枚のクレジットカードを組み合わせて、
支払い方法を管理します。

 

でも、年収1億円の人は、支払いの選択という判断の時間を必要ないと思っています。
支払い方法は常にひとつ。一枚のクレジットカードです。
金川顕教的には財布は要らないと思っています。そして、現金も要りません。

 

みんな、現金で支払う発想に慣れ過ぎていますが、
現金を持ち歩くことによる時間や労力のムダは結構なロスだと思っています。

 

まず、現金を持とうと思うとどんなに時間を短縮しても、
「ATMのあるところに行くまでの時間」と「ATM操作にかかる時間」がかかってしまいます。
それに加えて、会計時の細かいお金のやり取りも、結構もったいないですよね。
まず、財布を取り出して、その中から現金を取り出して、
お金を数えて渡して、お釣りを受け取って、財布をしまう・・・。

 

作業を文章にしたら、思った以上にたくさんの工程がありましたね。
時間の短縮に一番効果的なのは、まず現金を持たないことです。

 

それからもうひとつ、クレジットカード一枚で全ての支払いをするのには重要な理由があります。
一言でいえば「無駄な判断はしない」ということなんです。

 

人間は、一日に判断できる量が決まっていると言われています。
判断って、重要な判断でも些細な判断でも、頭の労力はそれほど変わらなくて、
結構疲れてしまうものなんだそうです。
だとすれば、判断すべきなのは重要なものに絞って、
それ以外はほとんど考えずに済むようなものにしなければいけません。

 

スティーヴ・ジョブズがいつも同じ服を着ていたのは有名ですが、
いつでも重要な判断が下せるようなコンディションを保つことはすごく重要なんです。

プラス思考になることが金持ちになる方法である

常にマイナス思考の人がいます。
新しい機会を得ても、「時間がない」、「できない」といった発言をします。
そう考えてしまうのは、新しいことを始めることが不安だからなんですね。

 

彼らが最初に考えることは「できない理由」。
「自分なんかが本当に稼げるのだろうか?」「いや難しいだろう」と、
行動を始める前に自分で結論づけてしまいます。

 

頭で冷静に出した結論というよりも、不安をどうにかして消そうと考えた結論です。
不安になるのは新しいことを始めようとしているから→新しいことを始めなければ不安にならない→
新しいことを始められない理由を考える、という流れに持っていくように、
最初から考えてしまっているのです。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中では、
年収別に行動パターンを比べています。

 

年収1000万円稼ぐ人は、このようなことはせずに冷静に判断しようとします。
初めからマイナス思考なわけではないので、可能性もリスクも客観的に導き出そうとします。
新しいことをやった時の可能性やリスクを、やらない場合の可能性やリスクと比べようとしているのです。

 

しかし、最終的にやることは、可能性の比較ではなくリスクの比較になります。
僕が会社員時代、独立できるだけの能力を持っている人はものすごくたくさんいました。
でも、結果的に独立の可能性よりもリスクだけを考えてしまって、最終的には会社の中にたまる人が大半でした。

 

1億円稼ぐ人は、実はやっていることはマイナス思考の人の裏返しです。先に結論付けてしまうのです。
ただし、その場合の結論は「俺は絶対にできる」というもの。
何事であれ、絶対にできると思って行動します。そこにある可能性を信じきるんですね。

 

金川顕教の場合、公認会計士試験にしても本の出版にしても、必ずできると思い込んでやりました。
実行するかしないか。結果を決めるのはその違いだけなんです。
目の前に新しい機会を与えられた時に、できると思うか、できないと思うか。

 

僕が口癖にしていたのは「簡単ですよ」「絶対できます」と言った言葉です。
「難しそうですね」のような後ろ向きの言葉は絶対使いませんでした。マイナス思考を生むだけですから。

 

言葉には力があります。ですから、「できない」「自信がない」「やったことない」という言葉は使ってはいけません。
それを口癖にしたら、本当に何もできなくなります。
稼ぐ人は、常に絶対にできると思って行動しているんです。徹底的にプラス思考で考えていけば、
プラスの行動をするし、結果的に本当にできてしまうというのが金川顕教の結論です。

1 2 3 6

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。