金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

時間管理テクニック、スケジュールは自分で決めた予定で埋めろ

ついダラダラして時間の管理がうまくできない、
毎日あれこれ予定があって忙しいわりに何もできていない気がする・・・。

そんな悩みを持つ人も多いと思います。
金川顕教自身、数多くのビジネスに携わり、とにかく人に会うことも多く、
さらには本の原稿も執筆するため、
どうやってスケジュールを管理しているのかと聞かれることがありますが、
金川顕教がやっている中で人と違う点があるとすれば、
「まず自分がやることを予定に入れる」というのがあります。

 

普通はカレンダーに入れる予定は、
人とのアポイントやイベントの予定だと思いますが、
金川顕教の場合は以前から、今やるべきこと、明日やるべきこと、
と自分自身の行動も予定としてスケジュールに書き込んでいました。

 

そうするとどうなるのかというと、
毎日何も予定がないということがない、
常にびっしりスケジュールが埋まる状態になります。
すると誰かから「明日の19時、空いてますか?」とか聞かれても
「明日は予定があるから」と断れる習慣が身につきます。

 

これをしておかないと、
スケジュールを見ても空いているから、
いつも時間があるような錯覚状態になり、
結局人の誘いに乗って何もやらなくなってしまいます。

 

だから、朝は7時半から朝活、夜は18時半に会社を出て、
19時にスタバで夜活・・・と毎日グーグルカレンダーに予定を入れておいて、
その時間になったら常にスマホのアラームが鳴るような助湯隊にしておくといいでしょう。

 

金川顕教が公認会計士試験の勉強をしているときも、
もう朝6時から夜24時までびっしり予定を入れていたので、
誘いは全部バッサリ断りました。
そうしているうちに、だんだん暗闇の中で一人だけ光っている状態、
「あいつはちょっと違うよね」みたいになり、
そのうち「あいつを誘ったら申し訳ない」という感じで最初から誘われなくなりました。

 

ここまで到達すると、もはやどんな誘惑も来なくなりますが、
普通に生活をしていればあらゆる誘惑や邪魔が出てくるはずです。
それを断ち切るには、常に自分の行動に対する予定を入れておき、
定時になったら「じゃあ、予定があるから」と自分の時間を大切にすることです。

 

「何の予定があるの?」と人から聞かれたら、
「資格の勉強があります」「まだ仕事が残っているので申し訳ありません」
など、とにかくこいつは忙しいやつだなという印象を植えつけるようにしましょう。
それを繰り返していると、次第に誘いが無くなります。
また、親しい友人にはあらかじめ言っておくのもいいでしょう。

 

ただ、ある程度自己管理もできるようになり、
たまにはちょっと楽しみたい場合は、すべての誘惑を断る必要はないかもしれません。
その場合は、朝活・夜活の30分間だけ集中すれば、
遅れて飲み会に出るなり、美味しいものを食べに行ったり、
息抜きをするのもいいでしょう。

金川顕教

節約したってお金持ちにはなれない

金川顕教は生命保険には入っていません。
必要性を感じないからです。
生命保険は、結局死んだ後に支払われるお金です。
生きている間には使えません。

 

もし自分が会社員なら、その保険料を払うくらいだったら、
失業保険など、収入源の保険をつけるでしょう。
特に収入源が一つの人は、死ぬリスクより、稼げなくなるリスクのほうが、
ずっと高いと思います。

 

日本には一応、社会保障制度があります。
それなのに、「みんなが入っているから」「保険くらい入らなきゃ」と
なんとなく感情に流されて、必要でない保険に
入りすぎているように思います。

 

「稼ぐための勉強代がないんです」という人に限って、
結構な保険料を払っています。
保険料を払っても稼げるようにはなりませんよ。

 

不要なものつながりでいうと、
金川顕教は節約もいらないと思っています。
「節約上手」という言葉があるように、
支出を下げる工夫をするとお金持ちになれると思っている人がいます。

 

しかし、節約してもお金持ちにはなれません。
例えば東京に住んでいて、月に20万円のお給料をもらっている人が、
一生懸命節約して支出を減らしても、お金持ちになれないことは明らかですよね。
お金持ちになるには、収入を大きく増やすことしかないのです。

 

ただ、お金持ちには一見ケチな人が多いのは事実です。
しかし、彼らをよく観察してみると、使いたくないところには使わない、
価値がないものには払わない一方、
これだ!というところにはガンガン使っていることがわかります。
彼らにはお金の使い方に関して独特のルールがあり、
判断基準が一般の人に比べて明確なんです。

 

例えばディナーにひとり3万円ほどお金をかけるのも、
会食を通して良い時間をともに過ごし、
次のビジネスにつなげていこうとする、
自己投資のひとつととらえているからです。

 

節約による効果は、微々たるものです。
節約するよりも生きたお金の使い方を身につけたほうが
ずっといいと思います。

金川顕教

収入を増やすなら常識を疑え

社会一般的な価値観、感覚、知識、判断力のことを「常識」といいます。
要するに、「普通」ってことですよね。
人は平均的なものを「普通」と判断する傾向にあります。

 

日本人は真面目だから、ルールや常識をきちっと守り、
普通でいようとします。
少しでも反することをやると「ダメ」と注意されます。

 

しかし成功している人、お金持ちの人が「普通」ととらえる水準は、
ビジネスにしても日常生活にしても、当然一般の人と異なっています。
だから他の人と違う結果を生む出すことができ、成功したし、
稼げたんです。そこに気づきましょう。

 

例えば、100万円稼いだとしましょう。
一般的な常識では、その100万円で好きなものを買ったり、
貯金したりしますよね。

 

成功している人は違います。
100万円を再投資して、200万円稼ぎます。
200万円稼いだら、また200万円再投資して400万円稼ぎます。

 

金川顕教からしたら、よりお金を稼ぐためにさらなる投資をするなんて、
当たり前すぎることなのですが、普通の人は再投資が怖いんですね。
そして、「今うまくいっているんで、このままでいいです」なんて言っています。

 

稼げない人の収入をグラフにすると、ほぼ横ばいか、
せいぜいわずかな右肩上がりです。
稼いでいる人のグラフは、曲線がぐいっと立ち上がるくらいになっているんです。

 

これは能力の差ではありませんよ。
再投資するかしないかの差だけです。

 

稼げるようになりたいなら、家族の常識、世間の常識、
友だちの常識はいりません。

 

新しい常識を身につける必要があるのです。

金川顕教

KKAコミュニティでじっくり稼ぐ、ブックメーカー投資のメリット

金川顕教はブックメーカーを投資として扱っています。
しかし、そうはいってもパチンコやパチスロ、競馬や競輪といった、
いわゆるギャンブルとの比較が気になる方もいるでしょう。

 

実際、パチプロなどと呼ばれている、
パチンコだけで稼いでいる方々もいらっしゃいますよね。
そういった方々にとっては、パチンコもブックメーカー同様、
立派な「稼ぐ手段」だと金川顕教は思っています。

 

では、そういった他のギャンブルと比較して、
ブックメーカーのメリットはなんでしょうか?

それはずばり、還元率が高いことです。
還元率というのは、
「掛け手が掛けたお金のうち、何%を賞金として還元しているか」
という割合のことです。
還元率が100%に近いほど、
掛け手にとって勝ちやすいということになります。

 

参考までに様々なギャンブルの還元率を見てみると、
通常、競馬や競艇、競輪は75%、宝くじは50%ぐらいとなっています。
パチンコは・・・いちおう換金はできないことになっているので、
ここでは触れないでおきますね。

 

これに対し、ブックメーカーの還元率は、約90~98%です。
はっきりいって、この点で他のギャンブルとは一線を画した存在だといえます。

それではなぜ、ブックメーカーは還元率が高いのでしょうか?
それはブックメーカー各社の経営体質にあるといえます。
まずは比較対象として、日本の公営企業である
JRAの利益の仕組みをご説明しましょう。

 

前述の通り、競馬は還元率が75%ぐらいですので、
1万円かけると、そのうち2500円は
自動的にJRAに支払っている計算になります。
この2500円というのは、競馬の運営にかかるコストとして
賭け金から先取りする仕組みになっているわけです。

 

競馬で「万馬券が出た」という場合でも、
JRAが大損をしたという話は聞いたことがないですよね。
そもそも一定の利益を確保した上で、
その残り金額の中から当たり馬券の払い戻しをしているわけですから、
当然といえば当然です。

 

しかし、このことは賭ける側からみると、
競馬にかける時点ですでに2500円負けているということになります。
あるいは、25%もの手数料を払って競馬にかけているともいえるでしょう。
この高い手数料の発生は、投資として考えると非常に非効率です。

 

一方、ブックメーカーの利益の仕組みも、実は基本的な構造は同じです。
すなわち、ブックメーカーは各ゲームのオッズを先に提示して
顧客から投票を募り、賭け金を集めます。
その際、勝つ可能性が高いのはどちらか、どちらに人気が集中するか、
などを正確に分析し、それらを踏まえて自らの運営費を賄えるように、
オッズを設定しているわけです。

 

それでは、競馬とブックメーカーでは何が違うのかというと、
まずは賭けの対象が非常に幅広いということです。
ブックメーカーは様々なノウハウを駆使してオッズを設定しているわけですが、
それでも個々の試合については想定外の結果となり、
ブックメーカーが損失を負うようなこともあります。

 

ブックメーカーではそうしたリスクを、
賭け金を色々なゲームに分散させることによって管理し、
全体の収支が一定水準になるようにしているのです。
そのため、リスク分をあまり賭け金に上乗せしなくても済んでいます。

 

また、賭けの参加者が世界規模で集まってくるため、
集まる賭け金も巨額になる、という点も見逃せません。
巨額の賭け金が集まれば、たとえ2%の取り分でも、
ブックメーカーとしては十分な売上になるわけです。

 

さらに、事業の性質上余計な費用がかからないことも
還元率の高さの秘密です。
製造業や小売業などと違い、仕入れや製造、物流のコストなどはかからず、
人件費やサーバー代、税金といった基本的な費用が発生するだけです。

 

こういった企業努力の甲斐もあり、
ブックメーカーは高い還元率の実現を可能としているのです。
近年、ブックメーカー業界はM&Aなどの動きが活発になっており、
経営の効率化がさらに進んでいます。

 

ちなみに、前述のようにブックメーカーでは自らの運営費を賄えるように
オッズを設定しているわけですが、
そうはいってもブックメーカー側も当然試合結果の完全な予想はできないため、
ある程度のリスクは取っています。

 

そのため、時にはブックメーカーが大損することもあります。
最近の例でいえば、イングランドプレミアリーグの2015-2016シーズン。
岡崎慎司選手が所属するレスターシティがリーグ優勝を果たしたのですが、
実はシーズン開幕前に、レスターシティをの優勝を予測する
ブックメーカーのオッズは5001倍でした。

 

レスターシティはプレミアリーグへ昇格した直後であり、
また前年の成績は20チーム中14位で降格の危機にあったため、
誰もが「優勝するはずがない」と考えていたのです。

 

ところが、蓋を開けてみれば世紀の番狂わせ。
これでブックメーカー各社が抱えた損失は何十億円にもなるといわれています。

金川顕教

ためになる話、単語登録のさらに便利な使い方

昨日のブログとあわせてご覧ください。
「単語登録」のさらに便利な使い方ですが、実は単語よりも、
何度も書くような長い文面を登録しておくのがポイントです。

 

例えば、金川顕教の場合はセミナー業務が重要な仕事なので、
「せ」と打つと、「セミナーのチームにご招待いたしますので、
下記のLINEにご連絡ください。LINE:○○ □□・・・
同意のメッセージをお送りください。よろしくお願いいたします。」
というような、非常に長い定型文が登録されています。

 

皆さんの場合は、例えば毎回メンバーに会議の開催を知らせる
一斉メールを送っているとしたら、
「か」と打つと会議の場所、日時、「第○回△△会議」といった名称などの
定型文面がバーッと出てくるように登録するのもいいと思います。

 

一度定型で出してから、必要事項を埋める形の方が断然速いです。
ただ、単語登録は開業がされなかったり、文字数制限がある場合があるので、
その場合はノートファイルなどにテンプレ文面をメモしておき、
検索で出してコピペするのでもいいでしょう。

 

ショートカットキーを使っていれば、
メモをコピペするのも数秒でできるため、
単語登録とうまく使い分けてください。

 

いずれにせよ、単語登録やテンプレ文面のコピペで、
日常の入力の大半は省略化できます。
これはやってみると実感できるはずです。
それだけ毎日同じ作業をやっているということが、
仕事では実に多いのです。

 

それから、テンプレを使うのは入力に限らず、
書類作成を効率化よくするためには基本です。
何か書類を作成する仕事が来たら、いきなりイチから作り始めるのではなく、
できるだけ過去の資料を見たり、上司に「似たような資料ありますか?」と聞いたり、
ネットなどでテンプレ集を探したりといった努力をまずした方がいいでしょう。

 

全く新しい仕事に見えても、
ほとんどの仕事にはすでに世の中にテンプレ的なものがあるか、
過去に上司や社内の誰かが作った似たような書類があるはずです。
闇雲に作り始めるより、どれかのテンプレを参考にした方が、
圧倒的に速く的確に書類作成ができるでしょう。

金川顕教

1 2 3 7

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。