金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、人と会うことが最大の情報収集

文章で学ぶ<音声で学ぶ<動画で学ぶ<対話で学ぶ<対面で学ぶ、
というように、
学ぶ方法は5つあります。

<の記号をつけたように、
金川顕教は対面が一番学べると考えています。

 

「メラビアンの法則」によれば、人物の第一印象は3~5秒で決まり、
視覚情報から55%を得て、聴覚情報からが38%、
言語情報が7%と言われています。

 

つまり対面し、顔がわかり、
身振り手振りなども見られたら55%の情報が入る。
さらに声とか声の大きさとか、
トーンが強調されているとさらに38%も情報が入る。

 

それが文章だけだとたった7%です。
つまり本や資料だけではたったの7%しか伝わらないのです。
では100%の情報を伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

顔や体形、服装などの外見はもちろん、
仕草もボディーランゲージも伝わって、
声の大きさとかトーンとか抑揚も伝わって、
さらに内容が見られたら、
100%伝わったことになります。

 

セミナーで金川顕教の姿を見て
スピーチを聞いてもらうだけだと93%。
さらに資料を見てもらい7%の言語情報を取り入れてもらえれば
100%伝えることができるのです。

 

じゃあ、どの人から学ぶのか?
ポイントは3つあります。

①実績がある

お金持ちになりたいのなら、まずその人がお金持ちかどうか。
じゃあ知り得る限り一番のお金持ちの人から学べばいいかというと、
そういうわけではありません。

例えば、孫正義さんの話を聞きに行きましょう、
といってもちょっと自分と遠すぎます。
身近で実績のある人をまず見つけましょう。

 

②周囲の人も評価が高い

その人はもちろんですが、
その人に関わっている人はちゃんと結果が出ているのか。
その辺りをきちんとリサーチします。

 

③「接点」を作ることができる

その人の本を読めるのか、動画を見られるのか、
直接会いに行けるのか、話せるのか。

 

この3つの条件を満たす人から学ぶのです。
会いに行ければいいのですが、
それが不可能な場合はネットを活用しましょう。

 

今はYouTubeで動画を配信したり、
Podcastで音声を配信している起業家が多いです。
本を読むだけだと7%。
文章だけの情報から飛び越えて、
聴覚情報、視覚情報を得たいものです。

金川顕教

年収300万円を3000万円に上げたかったら人間関係を断捨離しろ

あなたが今、自分の人生に
そこまで不安を感じていないなら、
無理に行動する必要はありません。

しかし、「このままでは嫌だ」と思っているのに
行動を起こせないでいるのなら、
これからも我慢する人生を送らなければいけません。

 

我慢するか、チャレンジするか。
どちらがいいかは、言わなくてもわかると思います。
あなたが「嫌だ」と思っているのなら、
その理由のひとつとして考えられるのは、
あなたの周りにいる人が悪い・・・
つまり「人間関係の質が悪い」ということ。

 

もし周りの人が何か成果を出し続けている状態であれば、
あなた自身も成果を出し続けることができるでしょう。

 

冷静になって周りを見渡してみましょう。
結果を出していない人が周りにたくさんいるのなら、
その環境は、あなたが本当に得たい結果の障害になっています。

 

周りにいる、自分と同じように
結果を出していない人たちを見渡して
「自分もこれでいいや」と思っているせいで
モチベーションが上がらない可能性が高いと思います。

 

金川顕教が伝えたいのは、
もしあなたの理想と現実があまりにかけ離れているのであれば、
「環境を変える必要がある」ということ。

 

とはいえ、明日からいきなり全てを変えろと言っている訳ではありません。
まずは自分の周りを見渡して、
自分が何を目指しているかを知り、
それから行動を起こせばいいのです。

 

焦らなくても大丈夫です。
今日が、これまでの自分の最後の日であり、
今日が、気づきを得た最初の日なのです。

 

自分で自分を変えるには「鉄の意志」が必要です。
でも無理に「鉄の意志」を持とうとせず、
人に変えてもらうのもありです。

 

人間は「長く時間を過ごしている人」から
最も影響を受けやすい生き物です。
つまり、いつも一緒に遊んだり働いたりしている人の
影響を受けやすいということです。

例えばタバコをやめられない人は、
仲の良い友人や家族が喫煙者である可能性が高いです。

 

つまり年収を上げたかったら、
年収の高い人たちと付き合うのが最も効率のいい方法です。
でも、すぐに今の友人知人を「切る」必要はありません。
自分の今いる環境、つまり「現実」と「新世界」の
2パターンの人間関係をつくればいい、と金川顕教は考えます。

 

例えば今あなたの年収が300万円だとしたら、
それが「現実」です。
でも年収3000万円を稼ぎたいと思っているなら、
年収3000万円を稼いでいる人たちと交流を持つのが「新世界」です。

 

おそらく「新世界」はあなたにとって肩身が狭く、
居心地が悪いでしょう。
でも、徐々にそこに適応する自分になれるよう、
精進してください。

 

そして「現実」を「切ったほうがいい」と思える自分になったときに、
人間関係を断捨離すればいいのです。

金川顕教

勝ち組になりたかったらこれを口グセにせよ

ビルゲイツ、スティーブ・ジョブズ、
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、アマゾンのジェフ・ベゾス、
皆若くして企業し、今では天文学的なお金を稼いでいる面々です。

 

彼らに共通しているのは、
「すべてラッキーだ」と思い込む
能力を持っていることです。

 

誰の人生にもアップダウンはあります。
もちろん金川顕教にだってある。
ダウンのとき、どんどん落ち込むままにしていると、
夢や目標は遠ざかる一方です。

 

そんなときは、状況に関係なく、
「オレ、ラッキー!」と叫んでみましょう。
この一言でネガティブな感情から一気に抜け出すことができます。

 

「オレ、ラッキー!」はそんな力を持つ
パワフルワードなのです。
ぜひ口グセにしてみてください。

 

実はこれは、
ビル・ゲイツの本を読んでいるときに出会った言葉です。
ビル・ゲイツはこの発想をジョブズから得たと言っています。

 

パクリだ!なんて批判する人は心が狭すぎると思います。
偉大な発見や発明も、皆それまでの誰かの実績や功績をもとに、
さらに発展させたものだということをご存知ですか?

 

山中伸弥教授のiPS細胞も、
クローン羊のドリーを誕生させた秘術をヒントに
さらに発展させた結果、完成されたものなのです。

 

これまでの人が達成したことは
人類の宝だと考えればいい、と金川顕教は思います。
それをもとに、より素晴らしいものに発展させていく。
それが一番賢いやり方だと思います。

 

実際、人類はこうして発展の歴史を築いてきたのです。
ゼロからではなく、
成功者が達成したところからスタートする知恵を磨きましょう。

金川顕教

自分の思考をいかに「成功者の考え方」に変えられるかどうか

世の中には成功する人としない人がいます。
それは歴然とした事実です。
では、両者を分けるポイントには、
果たしてどんなものがあるのでしょうか。

 

才能や運、生まれ持ったバックグラウンド、
誰にも負けないような血のにじむ努力・・・。
様々な要素が頭に思い浮かぶことでしょう。

 

でも、金川顕教はこうした「成功するための要素」は、
あくまで後付けでしかないと思っています。
才能や運は自分で作ることができるし、
バックグラウンドを無視して成功することも可能です。

 

金川顕教自信これまでに、
何千人という人の個人コンサルティングを担当してきました。
その際に「成功する人」と「成功しない人」を目の当たりにしてきました。
そしてわかったのです。
「成功する人」に共通することはたったひとつだと。

 

その共通点とは
「自分の思考をいかに『成功者の考え方』に変えられるかどうか」
ということです。

 

金川顕教のところに相談に来る人の多くは、
「稼ぎたいんです」「結果を出したいんです」という言葉を、
前のめりになって口にします。

 

でも、多くの人はそうした言葉を口にするだけで、結局成功しません。
その一番の理由は「成功者の考え方」を手に入れていないからだと
気がつきました。

 

では、成功者の考えを手に入れるとは、
どういうことなのでしょうか?

多くの人は「成功したい」「人生を好転させたい」
といった考えを抱いています。
でも、あくまで「考えるだけ」で終わらせてしまい、
肝心の「思考を変える」というところまではたどり着きません。

 

よし、成功しよう。
そう考えたところで、成功者の思考は手に入りません。
では、「ただ考える」ことと「思考を変える」ことには
どんな違いがあるのでしょうか。

 

「思考を変える」工程として、
次のステップを意識してみてください。

①思考を変えると、行動が変わる
②行動を変えると、習慣が変わる
③習慣が変わると、結果が変わる

 

あなたが何かの目標を持ったとします。
そうしたら、その目標を達成するために自分の行動や口癖を変え、
習慣化させていくのです。
そして、習慣化によって自らの目標としていた行動を、
無意識のレベルにまで落とし込むのです。

これが「思考を変えること」につながると、
金川顕教自身は思っています。

 

言葉だけではちょっとわかりにくいかもしれませんが、
この3つのステップをダイエットに置き換えて考えてみると、
その意味がよくわかります。

 

例えばあなたは最近太り気味で、
ダイエットの必要があると想像してみてください。
いかに頭の中で「ダイエットをしたい」と強く願っていたとしても、
毎日ご飯を食べたいだけ食べて、休みの日にはのんびり寝ているような
生活を送っていたら、いつまでたっても体型が変わることはありません。

 

「痩せたい」と本気で思っているであれば、
まずは「痩せるため」に自分の行動や口癖を
意図的に変えてみるのではないでしょうか。

 

例えばランチで定食を頼む際に、
いつも大盛りご飯を頼んでいたところをお茶碗半分程度にしてもらう。
日頃はエスカレーターに乗っていたところを、
階段を意識的に使うようにする。
周囲の人に「自分は太り気味だから食べ過ぎていたら注意して」
と呼びかける。「痩せたいから20時以降は炭水化物を食べない」
と周囲に宣言して実践してみる・・・。

 

毎日起きたときに顔を洗うように、
食後には歯磨きをするように、日々の行動を積み重ねていくと、
無意識のうちに「行動」は「習慣」へと変わっていきます。
一度「行動」が「習慣」になってしまえば、
自分の中でいちいち物事を選択したり、考えたりする作業がなくなり、
無意識のうちに「痩せやすい行動をとることを習慣化」
していくことができます。

 

そしてストレスなく「結果」を手に入れることができるのです。

 

ビジネスでもこれは同じこと。
成功者たちはみんな「成功するためのマインド」を
しっかりと自分の中に取り込み、実践しているからこそ、
日々の行動の中で、無意識のうちに「成功するための習慣」を
取捨選択しています。

だから、結果を出すことができるのです。

金川顕教

お金持ちだからこそ食事を制限する

いくらお金を稼げるようになっても、
お腹ぽっこりだったらヤバイと思いませんか?

 

金川顕教はピザ・パスタ・パン・ラーメン・うどんは食べません。
低糖質ダイエットが流行っていますが、
糖質は脳を働かせるために働く唯一の栄養源です。
糖質を極端にカットすると、脳が働かなくなってしまうのです。

 

太りやすいかどうかが気になるときに
チェックしなければいけないのは、
カロリーよりもGI(グリセミック・インデックス)値。
GI値は食べた後、血糖値が上がるスピードを示すものです。

 

ピザやパン、パスタはGI値が高く、太りやすい糖質なのです。
逆にGI値が低いのは発芽玄米、そば、ライ麦パンなど。
特に夜食はこういうものか、糖質抜きにするといいです。

 

それから制限しているものとしてはお酒。
こんなに努力しているのだから、ついビール1缶くらい、
ワインをグラス1杯くらいは飲んでもいいじゃないか、
と言いたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、そこをぐっと堪えられるかどうか。
成功するかしないかの分岐点はこんなところにあると思います。

 

ビール1缶くらい、ワイン1杯くらい・・・と飲み始め、
気がついたら何杯もお代わりしていたことはなかっただろうか。
金川顕教にはありました。
お酒はしばしば自制心を狂わせるものなのです。

 

だったらいっそ、成功するまでは
飲まないと決めてしまったほうが潔いです。
飲まないと決めてしまえば、人が飲んでいるのを見ても、
意外に飲みたいという気にならないものですよ。

 

金川顕教はお酒の代わりに水を飲みます。
人の体の約65%は水だと言われています。
生命を維持するためには、水分がいちばん大事です。

 

体内の水分量が15~20%失われると、
人は生命を維持できなくなってしまいます。
大人の人間が生きていくためには少なくとも1日1100ml、
つまり、コンビニなどで売っている
ペットボトルの水2本ちょっとの水分補給が欠かせないのです。

 

しかし、どんな水でもいいというわけではありません。
体の約65%は水なのですから、
クオリティにもこだわりたいです。

金川顕教は「浸みわたる水素水」の水をまとめ買いにして、
毎日2000mlは飲んでいます。

金川顕教

1 2 3 7

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。