金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、しないことリストを作るコツ

金川顕教はTODOリストを作っても
仕事は効率化しないと考えています。

仕事を速く終わらせるためには、
TODOリストではなく、
しないことリストを作るべきです。

 

その理由については
昨日のブログを参照ください。
今日はしないことリストを作るコツについて
お伝えしていきます。

 

しないことリストを作るときのコツは、
やはり明確なビジョンを持つことです。

自分の目標が見えていれば、
本来やるべきことが自然と見えてくるはずです。
すると、それ以外のことをしているのは
時間がもったいないと感じるでしょう。

 

そう考えると、
例えばこんなことがしないことリストに
挙げられるのではないでしょうか。

・ランチの時間は仕事をしない
・夜20時以降は仕事をしない
・メール処理には30分以上時間をかけない
・定例会議の資料作成に20分以上時間をかけない
・マウスは使わない
・進行中の仕事が終わるまで別の仕事には手を出さない
・同時に別の仕事をしない

 

ビジョンとはすなわち、
自分が「何をするべきか」ですが、
それはイコール「何をしないか」ということでもあります。
自分がコミットするべき仕事、やるべき仕事を見極め、
それ以外は捨て去る。

 

そうすることで、
余計な仕事を抱え込まずに仕事の絶対量を減らして、
適正に保つことができるのです。

 

TODOリストにおける問題点は、
やることがどんどん増えて優先順位が
つけられなくなることにあります。

 

自分の優先順位を明確にするために、
ぜひ、しないことリストを作ってみましょう。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。