金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

成功のカギはコンフォートゾーンを広げること

知らない人に会いに行く、
行ったことがない場所に行ってみる、
やったことがないものに挑戦してみる。

そんなとき、多くの人は緊張して二の足を踏んでしまったり、
ストレスを感じてしまったりすることも多いのではないでしょうか。

 

でも、できるだけそうした苦手意識を減らして、
「コンフォートゾーン」を広げていくことが
成功のカギだったりします。

 

「コンフォート」とは「快適」。
つまり「コンフォートゾーン」とは「快適」な「領域」。
ストレスやおそれ、不安を感じることなく安心して過ごせる環境のことです。

 

それはつまり「自分自身の常識」で、
無理することなく安心して過ごせる環境です。
当然、人によって日々接している常識や人、場所、
サービスなどは変わってくるので、
コンフォートゾーンの幅は変わっていきます。

 

例えば普通の人は、
寝るときは「家の中で布団に入って寝るもの」だと考えていると思います。
「近所の公園で、ダンボールにくるまって寝てください」と言われたら、
おそらく「絶対嫌だ」と思うでしょう。
金川顕教だって嫌です。

あなたや金川顕教にとって、
寝るときのコンフォートゾーンは
「家のベッド」だからです。

 

一方、高級ホテルのスイートルームで寝ることを
常識としている海外セレブにとっては、
普通のアパートやマンションの一室にあるベッドは
コンフォートゾーンではないかもしれません。

 

この事例は極端かもしれませんが、
自分の中のコンフォートゾーンを広げ、
自分の理想とする立ち位置の人たちがどのような状況を
「常識」だと感じているのかを体感することは非常に重要です。

 

なぜなら、人間は自分のコンフォートゾーンから外れている
情報が入ってきた場合に、
スムーズに理解することができず、排除してしまうからです。
仮にそれが自分にとって有益な情報であったとしても、
ネガティブに捉えてしまったり、
「自分には関係ない話」として処理してしまったりするのは、
実にもったいないことだと金川顕教は思います。

 

コンフォートゾーンは自分自身の経験や考え方によって、
コントロールすることが可能です。
もし、今の自分の状況を変えたいと思うのであれば、
自分が理想とする人のコンフォートゾーンに
自分のコンフォートゾーンを近づけるように意識しましょう。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。