金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、人が遊んでいるときこそ決定的な差をつけるチャンス

土・日のスケジュールは真っ白。
この日は休み。
ゆったりのんびり過ごそう、
と水・木ごろから週末を楽しみにしている。

土・日休みの会社員は、
このように考えている人が
多いのではないでしょうか。

 

しかし、土・日を楽しみにしていたらおしまいです。

 

勉強や仕事ばかりの毎日では、
ブラック企業に勤めているのと同じじゃないか、
と思っている人はこの段階で、
「一生、お金に困らない人生」から脱落です。

 

休みの日は、どこからも連絡が入ってこないから、
かえって集中的に学びや仕事に没頭できる。
チャンスだ!と思うくらいでないと、
その他大勢から抜け出せません。

 

20代の頃の金川顕教の休みは、
元旦だけでした。
そうした日々を過ごした結果、
現在の労働時間は毎日3~4時間だけになりました。

 

死ぬまでお金に困らない人生を
20代で手に入れたかったら、
クリスマスやハロウィン、成人式などのイベントには、
行くべきではないでしょう。

 

普段では絶対にできないコスプレをして、
街灯を練り歩くハロウィン。
ちょっと参加してみたい気持ちはわかります。

 

普段はわきめもふらずに努力しているのだから、
1日くらい息抜きしてもいいだろう。
つい、そう思いがちだが、
イベント参加は1日では済まないものです。

 

準備に燃えたり、
飲みすぎて翌日まで疲れや興奮が残ってしまったり。
いつものペースに戻すのに、
3日くらいは棒に振ってしまうことがあります。
ハロウィンの他にも祭りや海、成人式、卒業旅行など、
人が遊んでいるとき、浮かれているときこそ、
決定的に差をつけるチャンスなのです。

 

ハロウィンに浮かれている人を尻目に、
徹底的にやり抜いて、
一気に水を開けてしまいましょう。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。