金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

「手に入れたい」という想い、「失いたくない」という想い

人がモノを買いたくなる瞬間はどんなときでしょうか。
あなたが人に高額商品を「欲しい」と思ってもらいたいとき、
その人の「得たい欲」と「避けたい欲」の
どちらかを刺激することがポイントになります。

 

「得たい欲」というのは、
例えばタワーマンションに住めます、
高級車に乗れます、
起業できます、
自由になれます、
お金持ちになれます、
本を出してベストセラーになります、
テレビに出れるような有名人になれます、
モテます・・・
というプラス系の欲です。

 

「避けたい欲」というのは、
例えば、このまま働き続けると
20年後もそんなに変わらない給料かもしれない、
今の給料のままだったら一生結婚できないかもしれない、
満員電車に乗り続けることになるかもしれない、
今のファッションだと女性にモテない、
今の歯並びだと噛み合わせが悪くていずれガタが来る・・・
などそうはなりたくないというマイナス系の話です。

 

割合として「得たい欲」のほうは、
イメージ力の強い人には響きますが、
全体的に見ると少数派です。

 

どちらかというと
「避けたい欲」のほうが、
人はイメージしやすいものです。

 

このまま現状が続いていく・・・
というストーリーは、
今の自分からイメージできることなので
多くの人にとってリアリティがあります。

 

実際に金川顕教も、
このアプローチで歯をキレイにしました。
「前歯の歯並びがよくないですね。
その歯のまま一生過ごしますか?」
「キレイな歯にして人前に出る人生と、
コンプレックスを抱いて生きるいまのままの人生、
どちらがいいですか?」
と言われ、「このままじゃ嫌だな」
と大金をかけて歯をキレイにしました。

 

商品を販売するときは、
この2つの欲を適切に刺激してあげることによって、
相手を理想の現実へ導くことができるようになります。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。