金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

失敗する人の多くはリサーチと分析力が足りていない

何かを始める前は、最低300人以上にリサーチしましょう。
金川顕教自身、これまでに様々なチャレンジをしてきました。
その過程で、何度も何度も失敗して、
なんとか自分がうまくいく道を模索し続けてきた中で、
ベースとなったのは、「リサーチ力と分析力」だったと思っています。

 

まず、失敗する人の多くは、
「リサーチと分析力」が圧倒的に足りていません。

 

例えば、何かのビジネスを成功させたいのであれば、
自分より先にそのビジネスで成功した人は、
どんなことをしてきたのか。
どのくらい努力をしたのか。
どんなことが成功のきっかけになったのか。
バックグラウンドにはどんなものがあったのか。
生活スタイルはどんなものなのか・・・

 

これを知っているのと、知らないのとでは、
大きく結果は異なります。

 

ちなみに何かをリサーチする場合、
誤差範囲を少なくするための適切なサンプリング数は
300~400人だと言われています。

 

この説に基づき、
何か新しいことを始めるときには、
300人以上から情報を集めるようにしています。

 

例えば、新しいビジネスをスタートするのであれば、
「なぜそのビジネスを始めようと思ったんですか」
「そのビジネスはどうやって思いついたんですか」
「ビジネスを軌道に乗せるまでに大変だったことはなんですか」
「どうやって資金を調達したんですか」
「どんな資料を参考にしましたか」
「ターニングポイントは何だったと思いますか」
など、300人以上に細かい質問をします。

 

質問を繰り返し、
様々なケースをサンプルにすることで、
自分に欠けているものや自分が今取るべきアクションが、
より明確になっていくはずです。

 

もちろん、その分野に関する人脈がなく、
直接自分が質問してサンプルを集めることができないかもしれません。
その場合は、本を読んだり、ネットなどで情報収集したりして、
できるだけ多くの体験者や実践者の声を集めるようにしましょう。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。