金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

意志力が続かなければ勝ち組にはなれない

一歩踏み出せても成功まで至らない人も中にはいます。
「意志力」が続かないからかもしれません。
つまり、諦めてしまうのです。

 

例えばネットビジネスでいうと、
せっかく苦労して作ったメルマガなのになんの反応もない、
売り上げにまったく影響を及ぼさないということは
よくある話です。

 

でも、それって当たり前なんです。
昨今無料であれば、ある程度メルマガに登録してもらえるでしょう。
ところが、そういう人は他にもたくさんのメルマガを購読しているのです。

 

だから、毎日たくさんメルマガが来る。
すると、よっぽど興味のあるタイトルでもついていない限り、
読むどころか開封すらしてもらえません。

 

そんなことが続けば、人間の感情として嫌になってきます。
もうやめてしまおうか、傷が深くならないうちに、
と思っても仕方ありません。

 

でも、ちょっと待ってください。
そんなときはお客さんのことを想像してみるのです。
もしかしたら、大事な仕事のメールを待っているところだったかもしれないし、
付き合っている相手からのメールや、
大切な家族からのメールを読んでいるところにメルマガが届いたのかもしれません。

 

こちらの都合で勝手に送っているのであれば、
読む読まないもお客さんの自由だと金川顕教は思います。

 

メルマガに反応してくれない、おそらく読んでいないお客さんも、
最初は多少でも興味を持って登録してくれた相手です。
だったら、もう一度こちらへ関心を向けてくれるかもしれません。
要するに潜在的な顧客なのです。

 

ここで諦める手はないんじゃないかと思います。
タイミングを変えて、言い方を変えて同じメッセージを何度も送り続けるべきです。
金川顕教は最低でも3回は発信しなければ何も判断できないと考えています。

 

例えばお祭りで「焼きそばいかがですか?」
といきなり言われたら最初は困ると思いますが、
何度かぐるぐるまわって「焼きそば美味しいよ」と言われ、
そして3回目くらいに「そろそろどうですか?」なんて言われると買ってしまう、
ということがあると思います。

 

つまり、人間の心理として何回も言えば買う確率が高まるという
単純なルールがあるんですよね。

 

こんな風にぱっと見は失敗に思えても、
実はチャンスの芽が隠れているということはよくあります。

 

もちろん、メッセージそのものが見当外れだった可能性もあります。
でも、そんなちょっとしたミスや失敗にこだわっていてはいけません。
誤りは正せばいいのです。

 

もっとダメなのは挑戦しないこと、
諦めてしまうことなのです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。