金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、消費者心理を理解しよう

ビジネスは、販売者と消費者がいて成り立つもの。
あなたがこれからビジネスをするということは、
ここで知っておいたほうがいい消費者心理は
“無料から有料に購買意欲は流れていく”ということ。

 

サービスでも物でもそうですが、
消費者がお金を支払うタイミングを観察してみましょう。

 

販売者側の目線に立たなければなりません。

 

あなたは事前に何も情報や知識がない状態で
お金を支払うことがありますか?

 

答えは「NO」だと思います。
どんな商売も、無料から有料に移り変わっていきます。
たとえば芸能人のファンになるとき。

 

その芸能人を知るときというのは
テレビや雑誌などの情報で無料で知ります。
そしてファンになり、CDやDVDを買い、
ファンクラブに入ってライブのチケットを取って・・・と、
どんどんお金をつぎ込んでいきます。

 

レストランやカフェもそう。
テレビのワイドショーやインターネットなどで話題の店の情報を仕入れて、
今度ここに行ってみよう!とお金を落とす。

 

エステサロンなども、
最初は無料体験チケットなどで気軽に試してから
有料のコースに申し込む。

 

「お客さんの購買意欲は無料から有料へと流れる」
というのは、情報ビジネスだけに限らず、
どの業界でも全てそうなのです。

 

つまり、最初は質のいい無料コンテンツや情報を用意すること。
その際に「無料だからこのくらいでいいかな?」と、
あなたが手を抜いてクオリティが低い商品やサービスを提供したら、
消費者はお金を支払おうとは思いません。

 

ポイントになるのは
「有料にしてもおかしくない内容を無料で提供する」こと。

 

ビジネスを始めたばかりの多くの人は、
情報をすぐに「販売」しようとしがち。

 

でもみなさんの中で、
「人に教えたり文章を書いたり、
人前で何を話したりすることがとても得意です。
文章力やトーク力で消費者の心を動かす自信があります」
という人はどれくらいいるでしょうか?

 

経験の少ない人が、いきなり情報を10万で売ったとしても、
残念ですが誰も買いません。

 

何度も繰り返しますが、無料で提供することに意味があるのです。
人は目に見える結果で心を動かします。

 

あなたが稼げるノウハウをお客さんに無料で教えて、
お客さんが数万円稼げたとします。
お客さんは自分の口座に入ってきた金額を見て初めて、
あなたの持っているノウハウや情報がもっと欲しいと考えるのです。

 

その時に初めて有料販売に移ることが、
気持ち良くビジネスをする上で必要になると思います。
自分から攻めた営業をしていくより、
相手から欲しいと求められたほうが何倍もビジネスがしやすい。

 

あなた自身、商品やサービスを受けるときに、
あまりに一方的に営業トークをされて、
むしろ遠ざけたくなった経験がありませんか?

 

ぜひそういった消費者心理を理解してみてくださいね。

金川顕教

成功に近づく食事とは一体?

脳をよく働かせるために必要な栄養素は糖です。
糖質ダイエットが流行っていますが、
極端に糖質を減らすと頭が働かなくなります。

 

肥満に気をつけるときに見るべき数値は、
カロリーよりも、GI(グリセミック・インデックス)値です。
GI値は、食べた後に血糖値が上がるスピードを示すものになります。

 

ピザ、パン、パスタはGI値が高く、
太りやすい糖質になりますので、
なるべく食べないようにしましょう。

 

太らずに、なおかつ頭も働き、
体にもいい食事があります。

 

金川顕教のトレーナーから強くすすめられた食事が、
そばと大戸屋の「もろみチキンの炭火焼き定食」です。

 

「もろみチキンの炭火焼き定食」
には頼み方にコツがあります。
ご飯は少なめにして五穀米にする
チキンは皮なしで注文してください。

 

食事に迷った場合は、
このどちらかを選択してみてください。

 

金川顕教はラーメンが好きだったのですが、
トレーナーに絶対に食べるなと指導されました。

 

とはいえ、大好物をやめるのは大変でした。
ラーメンをうどんに変え、うどんをそばに変えるという努力を重ねました。
今では全くラーメンは食べたくならないので、
味覚は習慣で変わるものなのです。

 

また、食事だけではなく運動も大事することも大事です。
男性ホルモンであるテストステロン量を増やすことで、
体のコンディションは整いやすくなると言われています。

 

テストステロン値が程よく高いと、
冒険心が増し、競争に勝つ力が上がるのだそうです。
また、活動的になり、集中力が増すとも言われています。

 

さらには、テストステロン値が高い人を、
人は無意識にリーダーとみなすということも言われています。

 

このテストステロン値を上げる
手っ取り早い方法が、筋トレとジョギングです。
金川顕教は水曜と土曜にトレーニングをしています。
1時間筋トレして、30分有酸素運動をするのです。

 

これで引き締まった体と、積極性が手に入るので、
あなたも筋トレ、ジョギングを行なってみてください。

 

ただ、これらの方法は、体質や健康状態によって向き、
不向きがあると思いますので、医師やトレーナーに相談してから
行なうことをおすすめします。

金川顕教

英語の習得は費用対効果が悪い?

公認会計士は、合格率8%という超難関資格です。
しかも金川顕教がいたのは世界最大の会計事務所
トーマツでした。

 

 

競争率5倍を勝ち抜いて、
偏差値35だった金川顕教が
エリートの仲間入りを果たしたんです。

 

しかし、今だったら会計士を目指さないですね。
やっと会計士になっても、全員が同じ土俵で戦うことになり、
同僚のなかから出世できるのはごくわずかだからです。

 

でもビジネスは違います。
ビジネスっていうのは、
売りたい人と買いたい人がいる。
売主がお客さんの不安や悩みを真摯に聞いて、
悩みを解決してあげることができれば、
「あなたから買いたい」とお客さんに言ってもらえます。
そこには資格なんて、必要ありません。

 

人生のステージを上げるために、
英語を勉強する人がいます。
しかし、金川顕教はこの考え方に疑問を持っています。

 

語学を学ぶことは悪いことではありません。
ただ、社会人として時給を上げたいのなら、
英語の能力はあまり必要ないと思うのです。

 

有名企業、一流企業では、
社員に英語を学ばせるところもありますが、
その企業の経営者が語学習得に熱心かといえば
そうでもありません。

 

通訳を雇えば
いいだけだからです。

 

また、日本では日本国内でビジネスを完結させても
十分稼ぐことができ、グローバルにビジネスを
展開する必要がありません。
そう考えると、英語の習得に時間をかけるのは
費用対効果が良くないのです。

 

英語も資格もコスパが悪いです。
取得には時間がかかるだけではなく、今では資格があっても
あまり武器にはならないからです。

 

だからこそ、
ビジネスで実用的なスキルを
自己投資によって身につけることが重要なのです。

金川顕教

音声はスキマ時間で学べる有効な教材

自己投資をすることの最大のメリットは、
環境を変えることができるということです。

 

金川顕教は、環境が人をつくると考えています。
年収300万円の人が、年収300万円の環境に居続けて
年収1億円になれるとは思えないのです。

 

年収300万円の世界には、
年収300万円を稼ぐシステムしかありません。

 

金川顕教が通っていた高校は、
偏差値の低い、世間一般で言われるいわゆる底辺校でした。
そこにいる人々は、みな人は良いのですが、タバコを吸ったり、
お酒を飲んだりとちょっと荒れていました。

 

しかし、金川顕教は、慶應や早稲田に合格し、
新しいステージに進むことが目標でした。

 

そこで、”NEW WORLD”を目指し、
代々木ゼミナールの早慶コースに入ったのです。
現状、 “NOW WORLD”を捨てたのです。

 

そこでは、みな真面目に勉強をしています。
目指す目標のために努力を重ねていたのです。
そういう環境に身を置いていると、金川顕教自身
勉強を真面目にすることが当たり前となりました。

 

結果として、金川顕教は底辺高校から
難関の立命館大学に合格することができました。

 

人生は、環境によってこれほど変わってしまうのです。

 

ビジネスでも一緒です。
時給5万円を稼ぎ出したいのなら、
それが当然手に入る環境に身を置くことが重要なのです。

 

周りがみんな時給5万円だから、
自分も当然5万円を手にできると思える環境に
現状から移動してみることです。

 

人は、できると思ったことしかできません。
まずは、妄想することが成功への第一歩でもあるのです。

 

自己投資、勉強をするときには、
オーディオブックがおすすめです。

 

金川顕教は1人のときには、
よくイヤホンをつけています。
こうすることで、移動中にも
自己投資をすることが可能になります。

 

ジェームス·スキナーさんの
「成功の9ステップ]に関する音声教材も
よく聞いていました。

 

起業しようと考えていたときには、
起業に関する音声を聞いていました。
今でも、移動中には、ポッドキャストやユーチューブで
ビジネス系の動画を見ることはよくあります。

 

自己投資のためには、時間がある程度必要になります。
しかし、まとまった時間を自己投資に使える人は多くはないでしょう。

 

そう考えると、些細な時間でも大切にしなければなりません。
移動中や、待ち時間をどう過ごすかが成功のカギとなります。

 

そのときに、音で学ぶということは、有効な手なのです。
まずは「1日30分」でかまいませんので、
スキマ時間をかき集めて、自己投資の時間を
確保することをおすすめします。

金川顕教

質良く仕上げられる仕事は3つまで

To Doリストを作成しても
仕事がうまく進まない人は多くいます。
それじゃあ作る意味がないですよね。

 

この原因は、なんでもかんでもやろうとして、
手が回らなくなり、すべての仕事が中途半端になるからです。

 

金川顕教は、1日でやることは
最大でも3個に厳選するべきだと思っています。
重要なことが、4つも5つもあるはずがないのです。

 

もし、やるべきことがたくさんあって
忙しいという人がいれば、
その人は仕事を厳選できていない証拠です。

 

スピード感を持ちながら、
質良く仕上げられる仕事は
1日で3つほどです。

 

人には1日24時間という制限がありますし、
3つ以上の仕事を仕上げようと思えば、
心身ともに消耗してうまくいきません。

 

今日は、これと、これと、これをすればいい。
3つほどに限定するから、仕事への意欲もわくのです。

 

「ああ今日もさばき切れないほどの仕事があるな」
こう思うほどの仕事量を抱えていれば、
朝からやる気が削がれるので、
仕事がうまくいくはずがありません。

 

やることは3つに限定し、
その仕事を精一杯頑張るという習慣を持ってください。

 

その際、時間をテンプレ化することも大事です。
金川顕教は、マッサージは毎週○曜日に通う、
掃除は毎週△曜日に来てもらう、というように
テンプレ化して時間を管理しています。

 

ルーティン的なことをまずは予定に入れてから、
他のやるべきことを入れていくべきです。

 

これは、重要な仕事を
もれなくスケジュールに組み込むための秘訣です。
時間効率を高めるということをして、
スケジューリングをしっかりできなければ、
時給は上がりません。

 

少しプライベートに偏ったお話をしましたが、
たとえば、人と会う予定を入れてから、
空いた時間で他の仕事を進めるなど、
テンプレ化を行なっておかなければ、
重要な仕事をする時間は確保できないのです。

金川顕教

1 2 3 5

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。