金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、相手にとってプラスの存在を目指す

人脈づくりに関してよくある大勘違いが、
「有名人と知り合いになれば有利だ」
「お金持ちと仲良くなれたらそれでOK」
というものです。

 

たとえば、売れていない芸人さんが、
有名なタレントさんと飲み仲間になったところで
年収が上がるでしょうか。

 

おそらくそれだけでは
変わらないでしょう。

 

有名なタレントさんにとっては
「楽しく飲みに行く相手」と
「ともに仕事をしたい相手」
が違うからです。

 

逆に言えば、飲み屋で
偶然知り合っただけの芸人さんであっても、
本当に実力があって圧倒的に面白ければ、
有名なタレントさんの側から
「ぜひうちの番組に出てほしい」と頼むはずです。

 

なぜなら、それで視聴率が上がれば、
有名なタレントさんにとってもメリットがあるからです。

 

ビジネスの相手として認められるには、
相手にも組むだけのメリットが必要です。

 

有名人やお金持ちの多くは、
成功することの難しさを知っています。
当然、ビジネスに関してはシビアです。

 

有名人やお金持ちと、
ふとしたきっかけで友達になれたとしても、
そこから先、ビジネスの領域に行くのは、
そう簡単ではないでしょう。

 

プライベートとビジネスはまったく別物。
求められるものも変わります。

 

現時点で一緒にビジネスができていないというのは、
このままではずっとビジネスの相手として
認識されないということです。

 

有名人やお金持ちと信頼関係を築くには、
あなたにもそれなりのものがなければいけません。

 

まずは相手にとって
「プラスの存在」になりましょう。

 

なにも「相手と同じステージに立て」
というわけではありません。
相手が欲しい情報をたくさん集めて
提供する努力をしたり、自分の持てる力を
惜しみなく相手のために使ったりなど、
お金持ちや有名人など成功している人たちと仲良くなる人は、
常に「与える努力」を欠かしません。

 

自分本位ではなく、
相手にとって自分はどう役に立てるのか
という発想を持つことが、ポイントといえるでしょう。

金川顕教

「仲良し」よりも「プラスの存在」を目指す

人脈づくりに関してよくある大勘違いが、
「有名人と知り合いになれば有利だ」
「お金持ちと仲良くなれたらそれでOK」
というものです。

 

たとえば、売れていない芸人さんが、
有名なタレントさんと飲み仲間になったところで
年収が上がるでしょうか。

 

おそらくそれだけでは
変わらないでしょう。

 

有名なタレントさんにとっては
「楽しく飲みに行く相手」と
「ともに仕事をしたい相手」
が違うからです。

 

逆に言えば、飲み屋で
偶然知り合っただけの芸人さんであっても、
本当に実力があって圧倒的に面白ければ、
有名なタレントさんの側から
「ぜひうちの番組に出てほしい」と頼むはずです。

 

なぜなら、それで視聴率が上がれば、
有名なタレントさんにとってもメリットがあるからです。

 

ビジネスの相手として認められるには、
相手にも組むだけのメリットが必要です。

 

有名人やお金持ちの多くは、
成功することの難しさを知っています。
当然、ビジネスに関してはシビアです。

 

有名人やお金持ちと、
ふとしたきっかけで友達になれたとしても、
そこから先、ビジネスの領域に行くのは、
そう簡単ではないでしょう。

 

プライベートとビジネスはまったく別物。
求められるものも変わります。

 

現時点で一緒にビジネスができていないというのは、
このままではずっとビジネスの相手として
認識されないということです。

 

有名人やお金持ちと信頼関係を築くには、
あなたにもそれなりのものがなければいけません。

 

まずは相手にとって
「プラスの存在」になりましょう。

 

なにも「相手と同じステージに立て」
というわけではありません。
相手が欲しい情報をたくさん集めて
提供する努力をしたり、自分の持てる力を
惜しみなく相手のために使ったりなど、
お金持ちや有名人など成功している人たちと仲良くなる人は、
常に「与える努力」を欠かしません。

金川顕教

お金を持てば不幸を減らせる

金川顕教は自分が大学に合格した後、
入学式の前に公認会計士講座に申し込みました。

 

2年浪人したことで、
圧倒的に周りよりも
劣っている感覚があったからです。

 

そもそも、2浪までして
立命館大学に入る人は
ほとんどいません。
入ったところで就職活動にも不利。

 

だから何とかしなきゃいけないと思って、
公認会計士試験の勉強を始めたんです。

 

しかし周りからは、
「なんでそんなに勉強してるの?」と言われました。
「今のうちから資格の勉強して、会計士になって
将来自由に暮らしたいし、お金持ちになりたいから」と答えると
「お金がすべてじゃないでしょ」って言われました。

 

でも、思うんですよ。
「お金がすべてじゃないからこそ、
さっさと生涯資金を稼いで
お金から解放されたほうがよくない?」と。

 

この考え方は
今でも変わってないです。
だって普通に考えて
「お金がすべてじゃない」って言うなら
お金に縛られた生活から解放されたほうがいい。
早くそういう状態になればいいんです。

 

そのためには若いうち、
早いうちから準備しておくほうがいいですね。

 

逆に「お金がすべてだ」
という成功者の人もいます。

 

確かにお金で買えるものであれば
なんでも買えますが、
金川顕教はお金がすべてとは思いません。

 

でも、間違いないことがあって、
それは「お金があれば不幸は絶対に減らせる」
ということです。

 

好きなものも食べられるし、
やれなかったことがやれるようになるし、
将来への心配も減らせる。

 

ただ、じゃあ「お金=幸せ」か?
というと、これは人それぞれだと思うんですけど。

 

幸せとイコールでなくても、
貯金が増えれば少なくとも
「今よりは幸せ」な状況に
なるんじゃないかなと思います。

 

お金を好きなものに使えるようになる、
このことにいかに幸せを感じるか。
お金がない、稼げない、貯金がないということに、
いかに不幸を感じるか。

 

後者に不幸を感じられる人は
稼げるようになるし、
前者にワクワク感とか幸せを感じられる人のほうが、
稼げるようになると思います。

 

いかにお金に対する考え方を
プラスにしていくか。
それが大事ですね。

金川顕教

自分を信じることの重要性

年収1000万円以上稼げる職業というのは、
それなりに限られています。

 

医師、弁護士、公認会計士、スポーツ選手、超一流の社員。
こうした職業は当然、誰もが思い立ったら
すぐに気軽になれるものではありません。

 

実際、こうした職に就いた人たちの多くは、
その大変さに何度も諦めるたくなったり、
落ち込んだり、くじけそうになったりしたこともあったはずです。

 

しかし、彼らは諦めませんでした。
心が折れずに高みを目指し、なりたい自分になれたのは、
「必ずできる」と自分を信じ続けた結果でしょう。

 

金川顕教も公認会計士試験に合格するために、
大学在学中のすべてを勉強に捧げました。
もちろん大変ではありましたが、
自分を信じ続けることができたから
合格することができました。

 

経営者として成功する人も同じです。
一度成功しても、すぐに廃れてしまう可能性もあります。
それにもかかわらず、リスクをとって
経営の世界に飛び込むのは、
自分を信じているからです。

 

こうして自分を信じ、
人がチャレンジしないところに
果敢に挑めるような人だけが、
成功のチャンスをつかむことができます。

 

さらに言えば、一度だけトライして終わりではなく、
ずっと挑み続けられる人が、大きく成功できるのです。

 

実現したい目的を追い続けるその姿を目にすることで、
あなたがつながった人たちも、
あなたにできることを考え、手を伸ばしてくれるはずです。

 

落ち込んだり、くじけそうになったときこそ
自分を信じて進み続けましょう。

金川顕教

優れた人から「学ぶ」ことが成功への近道となる

あなたは、いったいなぜ人脈が重要なのか、
はっきりと答えられるでしょうか。

 

もっともわかりやすいところでいうと、
自分だけでできることは、たかが知れているから、
というのがあります。

 

仕事において、
いくら才能があっても、
スキルが高くても、
こなせる作業は
普通の人の2、3倍が関の山。

 

平凡な人間であっても四人集まれば、
才能がありスキルがある人よりも
高い成果を残せることになります。

 

また、人生は世の中の
あらゆることを知るには短すぎます。
必然的に自分の得意な分野や、
長く続けていることを稼ぎの軸として
生きていくことになります。

 

言い換えれば、
できないことのほうが圧倒的に 多いわけで、
それを補うには、誰か別の人の手を借りる必要があります。

 

成功するにも、ごく一部の天才を除き、
人の力を集めなければなりません。
たとえば、作家や漫画家などは、
一人で黙々と作業しているように思えるかもしれませんが、
本として世に出すには、編集者、装丁家、
アシスタントなどとチームを組み、
作品として仕上げます。

 

Wordのデータをただ打ち出しただけでは、
読者は手に取らないからです。

 

金川顕教は、オフィスも持たず、
社員もいない状態でビジネスを始めましたが、
それができたのも周囲に力を貸してくれる人たちがいたからです。

 

一人でも完結可能な
インターネットのビジネスとはいえ、
一人でいくら働いても、一日でこなせる作業には限界があります。

 

しかし、自分と同じような人間が
二人、三人と集まれば、
仕事量も2倍、3倍になっていき、
稼ぎの量も比例して増えていきます。

 

さらにできることも増え、
成長につながって、今があります。

 

そしてもう一つ、
人脈が大切な理由があります。
それは優れた人から「学ぶ」ことが
成功への近道となるからです。

 

人は学ぶことで成長します。
学びの方法としては、
本や動画などの「モノ」から間接的に知識を学ぶか、
知りたい分野のスペシャリストに
教えを乞うなど「ヒト」と会って直接学ぶかの
二通りに分かれます。

 

どちらのインパクトが大きいかといえば、
これまでの人生を想起してみてください。
やはり「ヒト」から直接学ぶほうです。

 

マニュアルや本から学んだ知識よりも、
親の教育や友人とのやり取り、
上司と部下の関係性の中などで学んだ知識のほうが
はっきりと記憶に刻まれているのではないでしょうか。

 

「○○さん、上司が変わってから仕事で結果を出すようになったね」
「まさか、あの△△さんが結婚したとたん、あんなに穏やかになるなんて」
こんな会話をしたり、聞いたりしたことがあるでしょう。

 

○○さんも、△△さんも、
いい人と出会ったことで
大きな変化が起きたということです。

 

自分を成長させてくれる相手と出会うのが、
人脈をつくることの大きな意味です。
優れた人と出会ったら、
その人自身になることはできなくても、
今の自分と相手を比較し、
足りないものをどんどん埋めていくことができます。

 

それは、ゼロからイチを
生み出すよりもはるかに簡単です。
どんな相手と付き合うかは
「自分が将来どうなるか」を左右します。

 

すなわち、今の自分の人脈は、
将来の自分像を映す鏡といえるのです。

金川顕教

1 2 3 5

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。