金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

人脈は究極の目的を実現するためのもの

人脈づくりは最強の人脈をつくることが大事なのではなく、
人脈を活用して自分の究極の目的、
つまり、自分を飛躍、成長させることができて
初めて意味を成すということです。

 

人脈を築くための努力をしていくうちに、
つい、自分の目的が何だったのかを混同してしまう人がいます。

 

人脈は、あなたの実現したい目的、
つまり、究極の目的をサポートし、
あなたを引き上げたいと思って集まってくれた存在です。
そのことを見失ってはいけません。

 

あなたが目的を実現するための
シナジーを起こしてくれる人たちなのですから、
しっかり活用しましょう。

そうすることで、相手も成長し、
飛躍することができます。

 

ただし、成功するにはそれなりの時間がかかります。
時間の経過とともに、それぞれ成長することで、
最初はよかった関係が変化してしまうこともあります。
それは自然の摂理です。

 

常に、「今の自分」もしくは「未来の自分」が
目的を実現するために必要な人脈を築いておくことが必要です。

それには、常に自分の「究極の目的」を念頭に置き、
人脈がいつもそこにマッチしているかを考えることです。

 

人生の時間は限られています。
不必要な人や不要なコミュニティへの対応に時間をとられ、
自分と向き合って勉強をしたり、本庄読んだりする時間がとれないようでは、
自分磨きができず、成長が止まってしまいます。

 

それは、とてももったいないことです。
自分の目的にそぐわない、必要のない人脈を適宜、
整理する必要があります。

 

金川顕教は、浪人時代以降、
「友達付き合い」というものをほとんどしてきませんでした。
唯一、監査法人時代は、付き合いで飲みに行き、
友達もそれなりにいました。

 

楽しい時間でしたが、
人脈管理に時間をとられてしまっていたのも事実です。
そこで、起業をきっかけに人脈を整理し、
そこからは究極の目的の一つであった
「年収1億円稼ぐ」ことにつながるような人脈をつくることに注力し、
そこから外れる人とは付き合いをしないようにしてきました。

 

その結果、目的を実現し、現在の僕がいます。
人脈は活用するからこそ、シナジーが起きるのです。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。