金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、個性なんか捨てろ

「人のマネはよくない」
そう言う人もいるでしょう。
でも金川顕教は、徹底してマネをするのは
とてもいいことだと思っています。

 

勉強もそう。ビジネスもそう。
成功したいなら成功している人のマネをすればいい。
自分の頭で考えるのではなく、
成功者や結果が出ている人の答えを見る。
そして理解する。
これがとても大事です。

 

だって、
そもそもやり方が間違っているから伸び悩んでいるのです。
つまり、あなたのそのオリジナリティには
まったく意味がありません。

 

間違った方向に努力するなんてことは、
時間とエネルギーの浪費以外の何物でもないのです。

 

現役で大学受験に失敗した金川顕教は、
当時住んでいた三重県から、名古屋の予備校に通いました。
その予備校にはメディアにもよく登場する有名な先生がいたので、
その先生の授業をとりました。

 

その先生の授業を受けるだけでなく、
著書を読み、その先生が推奨する勉強法を学びました。
驚いたことに、そこに書かれていた勉強法は、
それまでのやり方とはまったく違っていました。
そして、金川顕教はハッと気づいたのです。

 

「実際に偏差値の高い人や志望校に合格できた人は
何をしているのかを参考にしたら
もっと早く結果が出せるんじゃないか!」

 

そこで金川顕教は、
大学受験に成功した人たちを何人もリサーチして、
徹底的に彼らの勉強法を真似し尽くしました。

 

すると、それまで伸び悩み続けていた成績が
少しずつですが確実に上がり始めたのです。

 

もしも、あなたがいくら勉強に時間を費やしても
結果が出ていないのだとしたら、
そもそも勉強のやり方が間違っているのだと思った方がいい。
逆に言えば、勉強ができる人というのは結局のところ、
結果を出す勉強のやり方を知っている人。

 

つまり、自分は勉強ができないと思うのなら、
できる人のマネをすればいいわけです。

 

1.勉強好きで成績のいい友だちに勉強法を聞く
2.勉強本を読んで勉強に対する考え方を変える
3.成果を挙げている専門家に会いに行く
4.勉強好きの人が開催するセミナー、コミュニティに参加する

 

積極的にこういうことを実践して、
まずは「結果を出す勉強のやり方を学ぶ」ことが大事なのです。

 

幸い、今は検索すればいくらでも情報を得ることができます。
効率のいい勉強法やテクニック、体調管理法などを
インターネットで検索してから勉強を開始するだけで、
かなり効率は上がり、成功への近道になるのではないでしょうか。

 

ビジネスの場合も、
まずは成功している人を模倣すること。
ビジネス本を読むのもいいけれど、
何よりいいのは、実際に成功している人の話を聞くことです。

 

もっといいのは結果を出している人のそばにいて、
行動や思考を徹底的に真似させてもらうこと。

 

たとえば「あの営業マン、すごく結果を出しているな。優秀だな」
と思う人がいたら、話を聞かせてもらうチャンスを作る。
できれば仲良くなる。そして一緒にいる時間を増やす。
そうすれば結果を出す方法を自然と学ぶことができるのです。

 

人間の脳には、他人の行動を見ると
自分自身が行動しているかのように反応する神経細胞があります。
それはまるで鏡(ミラー)に映るかのように
他人の行動に共鳴する反応なので、
ミラーニューロンと名付けられています。

 

ということは、結果を出している人の行動を
つぶさに観察することは、脳の仕組み的にもやはり、
非常に効果的な方法だというわけです。

 

尊敬する人がいるのなら、
その人の秘書になるのがいちばんだと思います。
雑務係でも、運転手でも、カバン持ちでもいい。
とにかく大事なのは、そばにいる時間を作り、
ミラーニューロンを活性化させること。
そしてそれを徹底的に真似することなのです。

 

下手なオリジナリティなんかいらない。
TTP (徹底的にパクれ) !
結果が出るまでマネを積み重ねる。
個性なんか捨てろ!

 

金川顕教はそう思っています。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。