金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

見る側から発信する側に回ろう

今、金川顕教は毎月本を出しています。
出版は、これまで自分にインプットした情報、成功体験、失敗体験、
確立した勉強や仕事におけるノウハウ、今の思いなどを体系化し、
1冊によとめる作業です。

 

1冊出すたびに、自分がやってきたことを整理できます。
本を出すとなると、ほかの人の本も買って勉強するようになるし、
書くスキルはもちろん話すスキルもアップしました。

 

また、1冊書き終えると「次はこれを学んで人に教えよう」
というさらなる目標ができます。

 

伝える側に回ることを意識して学ぶと、
より効果的に伝えるにはどうしたらいいのかと
考えながら学ぶことができます。

 

本を出版したいという思いは、
以前からずっと胸に抱いていたのですが、
スタートは4年前に出版した無料の電子書籍でした。
最初からかなりダウンロードされると見込んでいたので、
より広まるよう出版プロデューサーに依頼して、
表紙のデザインなどにもこだわり、
クオリティの高いものを作りました。

 

現在、紙の書籍と電子書籍を合わせて40冊ほど出版していますが、
電子書籍で言うとすでに100万を軽く超えるほどのダウンロード数です。

 

最初の電子書籍は金川顕教が
ブログやメルマガで発信してきたことをまとめたもの。
超有名人は別としても、普通の人が本を出したいと考えるなら、
今の時代はそのやり方がいちばんいいかなと思っています。

 

今の時代、ほとんどの人が毎日のように、
友だちや好きな芸能人のSNSをチェックしたり、
人気のユーチューブ動画を見たりしていると思います。
ほとんどの人は、そうやってただ見ることに費やしているのではないでしょうか。

 

でももしあなたが今後何かのビジネスで成長したい。
今やっている仕事で成果を挙げたい。もっといい情報が欲しいと願うのであれば、
見る側から発信する側になる必要があります。

 

「見る側」でいるうちの半分、いえ、3分の1の時間でいいので、
発信する側に回ってみるのです。

 

金川顕教は会社員時代、
通勤時間に毎日1冊本を読み、
その感想をまとめたブログを毎晩発信していました。
ブログを書く時間は30分程度。
たった30分なら、みなさんも捻出することが可能だと思います。

 

それでも「そんなの面倒くさいな」と思ったあなた。
人が面倒くさいと思うことをやるからこそ、
成果を上げることができ、自分自身も、
生活レベルも上げることができるのです。

 

「自分には自信がない」と言うあなた。
ネガティブな言葉を口にしてはいけません。
そんなふうに思い込んで自分自身に限界を作るのもよくありません。
とにかくやってみなくては、成果を上げる確率はずっとゼロのままです。

 

「ブログと言っても何を書けばいいのかわからない」と言うあなた。
世の中の人全員に価値ある情報など提供することは不可能です。
見てくれる誰かにとって価値のある情報であればいい。
ここでも完璧主義は捨てて、まず第一歩を踏み出して、
「自分のメディアを持つ」ことをスタートしましょう。

 

あなたの得意な分野、こだわり、人に教えられること。
それを発信していけばいいのです。
知識が足りないなと思ったら、その分インプットに励めばいい。
それがあなたの成長につながるのです。

金川顕教

準備は一切いらない

金川顕教は、何をするにしても
最初からうまくいく必要はないと思っています。
受験勉強も、もちろん仕事も。
日常生活においても同じです。

 

もっと言えば「最初からうまくいったら楽しくない」
とさえ思っています。夢や目標、希望は
ドキドキハラハラしながら観るドラマや映画と同じで、
失敗や挫折、苦悩の末にかなうからこそ嬉しさも膨らむのです。

 

始まって5分でハッピーエンドになる話なんて
面白くもなんともないですよね。

 

以前大流行した
ファイナルファンタジーやドラゴンクエストのような
ロールプレイングゲームに夢中になった時期がありました。
物語が始まったばかりの時点では、小さな力と弱い武器しか持っていないから、
出会った敵にあっさり倒されてしほう。
いろんな場所に出かけて出会った人の話を聞いたり、
いきなり現れる敵と戦って負けたり勝ったりという
経験を積み重ねていきながら少しずつレベルを上げていきます。
敵の方もどんどん強くなっていきます。そして最後、敵のボスが現れる!
もちろん1回では倒せません。再び修行を重ね、
たくさんの敵と戦うことでさらに経験値を上げて、また挑戦。
何度かの挑戦の末にようやくボスを倒せる。

 

だからこそ「やったー」と飛び上がるほどに嬉しいわけです。
そこまでの過程にもワクワクできる。
これが、最初からレベル100を与えられた状態で始まっていたとしたら、
たぶん全然楽しくないでしょう。
出会った敵をいつでも簡単に倒せてしまうようなゲームはつまらなくて、
途中で放り出すことになりそうです。

 

何かを始める前から「絶対に失敗したくない」と思っている人、
「やり始めたことでいつでも必ず成功したい」と思っている人は、
レベル100で何の苦労もなく人生をクリアしていきたいと思っているのと同じです。
いわゆるミスを許さない完璧主義者です。

 

「失敗するような人生を歩みたくない」と思っているわけです。
そういう人は、行動の前に、失敗しないための準備をまず始めようとする。
ゲームの例で言えば攻略本をじっくり読むタイプの人、
留学の例で言えばアメリカに行く前に何年も英会話学校に通うタイプの人ということになります。
失敗しないための「準備」って本当に必要でしょうか?

 

小さい頃から僕たちは親や先生から
何をするにつけても「もう準備はできた?」とたびたび確認されて育ってきました。
どちらかといえば「準備がきちんとできている人」はしっかりした優秀な人で、
「準備不足」の人は落ちこぼれという扱いになりがち。

 

そんな環境の中では「準備万端こそが安心なんだ」
「準備が大事」と思ってしまうのも仕方のないことかもしれません。
でも、僕たちはもう何も知らない子どもではないし、
何かトラブルがあったときに困ってしまって
途方に暮れるほど幼くもありません。
大人になった今、「準備」という呪縛から
そろそろ逃れてもいいのではないでしょうか。

 

より正確に言うと、準備という言葉の解釈を
変えると言った方がいいかもしれません。
留学する前に英会話学校に通うことが準備なのではなく、
「やってみようと思ったらすぐに行動する」とあらかじめ決めておくことが、
成功を目指す大人たちにとっての大切な心の準備なのです。

金川顕教

ためになる話、あわてるな

やりたいことを見つけたら
「すぐやる」ことが何よりも大事なことだと思っていますが、
そう言うと「すぐやろうと思うとあわてちゃって失敗しませんか?」
と不安がる人がいます。

 

すぐやることとあわてることは、
金川顕教の中ではイメージとしては全くつながっていないのですが、
それが結びついてしまっている人もいるようなので、
少し説明をしておきたいと思います。

 

「あわてる」状態というのは、
たとえばエレベーターに乗っているときに地震が起きて急停止したとき。
これは、誰だってあわてますよね。
金川顕教だってあわててしまうと思います。

 

このことから、人はどんなときにあわてるのか?を考えてみると、

・心の準備ができていない
・経験したことがない
・予想外のことが起こった

という場合だということがわかります。
他にも、いきなり目の前で爆発があったとか、
隣の家が火事で燃えているなんていうアクシデントが起こったときには、
これは「あわてるな!」と言っても無理な話です。

 

ここで金川顕教が言いたい「あわてるな!」というのは、
地震のような天災や火事や事故のときの話ではなく、
日常的な場面での話です。

 

学生時代、全く予習をしないまま英語の授業に出て
先生から指されてあわてる。
会社で上司から仕事の進捗状況を聞かれて、
全くできていなくてあわてる。
こういう場面での「あわてる」はすごくみっともないことだと思うのです。

 

というのは、これらは当然予測されることのはずだからです。
授業では、必ず誰かが指される。
上司は時折仕事の進捗状況を確認する。
当たり前に起こることです。

 

そういう当たり前のことが起こったときにあわててしまうというのは、
相当やばい状況だと思いませんか。
原因は、単なる能力不足です。
あるいは当然やっておくべき行動をしていなかった。
どちらにしても情けない話です。

 

日常生活においては、
どんな場面でも金川顕教自身はあわてることはありません。
予想外のことなんて起こらないからです。
いつもちゃんと未来に向かって行動を積み重ねているからです。

 

「ついあわてちゃって失敗しちゃったよ」
「あわてるからうまくいかないんだよ」
というように使われることの多い「あわてる」という言葉ですが、
原因の本質はあわててしまったことではなくて、
あわててしまうような状況に自分を追い込んでしまったことだと
理解しておくことが大切です。

金川顕教

「切り替え」上手になろう

現在、金川顕教は
週に4回はボクシングジムでトレーニングをしています。
ボクサーを目指しているわけではなく、
目的は身体を鍛えることです。

 

ボクシングジムで行う運動は、
非常にタフでハードです。
正直言って、ラクではありません。
トレーニングの最中は、とてもしんどくて
辛い気持ちが押し寄せてきます。

 

ただ、金川顕教には
「身体を鍛えることでどんな結果が得られるんだろう?」
という期待感があります。

 

鍛えた身体になったときの
自分自身の未来の姿に、ワクワクしています。
だから、ハードなトレーニングも、
それ自体のしんどさを嘆くことはなく、
ワクワクする未来に近づくためのものとして楽しんでいます。

 

この時に「なりたい自分になるためなんだから、
我慢しなければならない」と歯を食いしばってしまうと、
ずっと「しんどい」から抜け出すことができません。
無理やりにでも「未来のカッコイイ自分のための努力なんだから、楽しい」
と切り替える力が重要です。

 

「鍛えぬいた身体になれたら、
Tシャツ姿も今よりずっとカッコよくなるぞー」と楽しみにすることで、
だったら今のこのトレーニングはとても価値があると
気持ちを切り替えることができます。

 

我慢ではなく、ワクワクに変えることができるのです。

 

この境地になれたら、結構無敵です。
どんなに大変な状況でも、しんどいことでも、
すべて「楽しみ」に変えてしまうことができる。

 

ダイエットのために甘いものを我慢する発想ではなく、
今よりもっとカッコイイ自分のために甘いものは食べない、
という選択をする。そういう自分を楽しむようにすると、
どんどん結果が出て、さらにワクワクしながら先に進んでいける、
という好循環になります。

 

なりたい自分を、きちんと定義してください。
ちゃんとイメージしてください。
そこに向かって進むことは、ワクワクする楽しいことのはずです。
そのための行動にも、すべてワクワクできるはずです。

金川顕教

ためになる話、自宅以外の勉強場所を持て

公認会計士試験の勉強をしていたとき、
金川顕教は朝9時から夜22時まで勉強していました。
それでも足りず、朝6時から9時まではカフェ・ベローチェ、
夜22時から24時まではマクドナルドで勉強し、
通学の行き帰りの電車の中では本を読んでいました。

 

でも、家では何もしていません。
仕事も同じ。起業したときも金川顕教は事務所に寝泊まりしていましたし、
今も家に仕事を持ち帰ることはありません。
本を買ったときも、家に帰らずに事務所かカフェで読みます。

 

家はくつろぎの場であり、誘惑が多い場所。
ついテレビを見てしまったり、
冷蔵庫をのぞいて何かを食べてしまったりします。
汗をかいたからと風呂に入ってしまったりしたら、
もうその後、改めて勉強や仕事をするのはほぼ不可能。
やったとしても、なかなか集中はできないでしょう。
たいていの人は、家はくつろぐ場所だということを
体が覚えてしまっているのです。

 

自分は家では勉強できないタイプなのだと、
小中高の経験からわかっていました。
もちろん、自宅でも集中して勉強できる人もいるでしょう。
朝、家族が起きてくる前に勉強を始める人もいるでしょうし、
一人暮らしでもきちんと規則正しい生活ができる人もいます。

 

兄がそうです。勉強が得意な兄は、
幼い頃から家での学習習慣がきちんと身についていました。
身近にそんないい例があるのなら、お兄さんのマネをしたらいいのでは?
と思われるかもしれませんが、子どもの頃には
「成果を出している人を徹底的にパクれ!」
という発想はまだありませんでした。

 

誘惑に弱い人はできるだけ自宅ではない場所、
例えば電車の中、カフェ、レンタルオフィスなどでやる方が、
勉強の効率は上がります。

 

ただし、そこに必ず行くという新しい習慣を作ることが大切。
できれば毎日同じ場所に通うことをオススメします。

 

大学時代の金川顕教も、
必ず同じベローチェとマクドナルドに通っていました。
大事なのは習慣作りなので、今日はここの店、明日はあの店……と、
店は変えない方がいい。

 

「ここに来たら常に勉強」と、
習慣を体に覚え込ませてしまうのです。
金川顕教は注文で迷うのも時間の無駄だと思ったので、
いつも同じものを頼んでいました。

 

できれば、自分専用の席を決めておくのもいいと思います。
もちろん、そのときの混雑状況にもよりますが、
空いていたらここに座るという「マイデスク」を決めておくといいでしょう。

 

金川顕教は、ベローチェでは2階のいちばん奥を
「マイデスク」と決めていました。
その席に座ると視界に人の姿が入らないので、
自分だけの空間になるからです。

 

ちなみに大学受験の予備校や、
公認会計士試験の予備校の自習室では
いちばん前に座るようにしていました。
自分からはあまり人の姿は見えないけれど、みんなからは見える。
そうすると、サボりにくくなります。
しょっちゅうトイレに行ったり廊下に出たりしていたら
「アイツすぐ休憩するな。やる気ないんだな」と思われてしまうからです。

 

実際には誰も人のことなど気にしていないかもしれませんが、
そこは敢えて自意識過剰でいい。
自分の中で「みんなから見られている」と意識することが大切なのです。
「アイツいつも集中しているな」とみんなに見せる。
そういう気持ちで自習していました。

 

自分専用の「勉強する場所」を決めたら、
「ここは勉強するための場所だ」という意識を持って、
しっかりと集中しましょう。
もちろん、その間はスマホをいじったりしないこと。

 

集中するために、金川顕教は必ず耳栓をつけていました。
でもずっと外部の話し声やざわめきを遮断し続けていると、
音を聞きたくなることもあります。そういうときはイヤホンで
音楽を聴くようにしていました。

 

少なくとも、周りの会話が聞こえてくる状況よりはずっと集中できます。
金川顕教にとって耳栓やイヤホンは集中するためのスイッチ。
それをつけることで、一気に勉強モードに切り替わるのです。

 

起業するときは、通勤時間がもったいないので、
会社の近くに事務所を借り、そこにウォーターベッドを持ち込んで寝ていました。
それぐらい、自宅だと集中して勉強できないタイプです。

 

テレビもない、冷蔵庫もない、お風呂もない。
ただひたすら机に向かって勉強する。
味気ないですが、とても集中できました。
シェアオフィスだったので賃料は月に2万円弱、
通勤ラッシュの電車に乗ることの身体的ストレスを考えると、
自己投資としてはそれほど大きな額ではないと思います。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。