金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ビジネスで成功するためには「粘り強さ」が大切だ

まずは3ヶ月やりましょうという言葉は
ビジネスではよく言われることです。
金川顕教のところに来る人たちを見ていても、
初めの3ヶ月で月収100万円を超える人が多く出ました。

 

人生は一瞬では変わらないのは事実です。
しかし、一瞬で人生の「方向性」が変わることはあります。
マインドが成功したいと変わるその気持ちは一瞬で作られます。

その一瞬から3ヶ月間、
死ぬ気で行動すると、
3ヶ月後に成果が出てくるというわけです。

 

簡単そうにも感じますが、
その「思考が変わる人」は本当に少ないです。
そして行動し始めると、ある程度根性が必要になってきます。
ビジネスに限らず、何か新しいことを始めた場合、
成果が出るまでには根気がいりますよね。
天才的な才能と運を持っている人以外は、
コツコツ努力することが必要です。

 

才能を発揮するのか、根性でコツコツ進むのか。
そんな2つの選択肢を迫られます。
でも、たいていの人は後者です。

才能がある人などほとんどいません。
才能は芽生えるものではなく、作るものです。
才能があると言われている人は、
見えないところで努力している場合がほとんどです。
そもそもビジネスは泥臭いものです。
成功するための近道はありません。

 

金川顕教がビジネスに取り組む中で、
とても重要視していることがあります。
それは「みんなが頑張っていない時に頑張る」こと。

 

普通の人は普通のことしかやってないから、
結果も普通なのです。
つまり、普通の人と差をつけたいのであれば
人並み以上の勉強をしなければいけません。

 

勉強というと難しく聞こえるかもしれませんが、
要するにみんなが遊んでいる時に、
将来に向かっての自己投資に時間を使うということ。

 

そもそも「自分でお金を稼ぐ!」という意識の人が少ないので、
そこから抜け出し、一歩踏み出して
新しいジャンルの勉強を始めることが大切です。

 

1日でも早いうちに行動に移せば、
おのずと結果も出るのが早いという、
実に単純な仕組みです。

 

実は昔、金川顕教にはコンプレックスがありました。
2年浪人しているというコンプレックス。
そして、親が離婚しているので片親だと就職や結婚の時に
不利かもしれないというコンプレックスです。

でも、コツコツと努力を重ね、
成功体験を積むことによって、
お金を稼ぐことに学歴や家庭環境などは
関係ないと気づきました。

地道に何もないところから歩き出したおかげで、
たどりつけた答えだと思っています。

 

もしあなたが何かコンプレックスのせいで
前に進めていないとするならば、
コンプレックスとお金持ちになることは関係ない、
ということをしっかり心に留めてください。

 

自分が稼げるようになっていけば、
コンプレックスなど自然と忘れてしまうと思います。
まずは、自分を信じてコツコツとビジネスを作り上げていきましょう。

 

「諦めずに努力する」というと、
いかにもベタな表現に聞こえるかもしれませんが、
やはりこれはすべてにおける基本です。

 

たまにコンサル生から
「どうやったら早く上達しますか?」
「うまく話せるコツってなんですか?」
と、近道を探すような質問をされることがあります。

こんなことを言ったら身も蓋もないかもしれませんが、
正直申し上げてそんな魔法のような方法はありません。
金川顕教自信もコツコツと、失敗もしながら工夫して
ビジネスや投資に取り組んできました。

 

金川顕教が言えるのは、
失敗して足が止まってしまうというのが、
一番もったいないということです。

 

初めからすべて完璧にこなすことができないのは当たり前で、
失敗したとしても何度もやり直して
最終的に回収していけるスタイルに持っていく
「粘り強さ」が大切だと感じています。

金川顕教

今より年収を上げるなら、”普通の人”だけをターゲットにするな

ある億万長者の人と話していたときのことです。
彼は、「新幹線の乗客を見てごらん。
世の中には3種類の人間しかいないだろう」
と言いました。

グリーン車に乗る人、指定席に座る人、自由席を使う人です。
「もし儲けるとしたら、金川君はどこをターゲットにする?」
と聞かれました。

 

もしこの質問をされたのがあなただったら、
なんて答えますか?

 

金川顕教は、
「指定席に座る人ですか?」
と答えました。

 

ニッチなところを攻めるよりも、
一番人口の多いところに売るほうが稼げると思って、
こう答えました。

すると、彼は
「違う。全員がターゲットだよ」
と言いました。

 

金川顕教にとってのビジネスは、
お客さんの悩みを解決することで、
商品は、お客さんが悩みを解決して
満足してもらうためのツールです。

 

ですから、
自由席を使う人、指定席に座る人、グリーン車に乗る人、
それぞれに合わせたツールを用意するといいと思います。

 

自由席を使う人には、
分割で少額払いができるものを継続的にコツコツと提供する。
指定席に座る人には、物販と情報発信のスクールです。
金川顕教の業績の中でも、これが一番売れています。

 

では、グリーン車に乗る人には何を売ればいいのでしょうか。
大多数の日本人は、不動産、保険、車、教育にお金をかけています。
そこで金川顕教は不動産の紹介もやっています。

 

みなさんに覚えておいてほしいのは、
稼ぎたいならターゲット層を広く持つということです。

 

いろいろな人たちが何に悩んでいるかをリサーチして、
各層のお客さんの悩みを解決できる手段のバリエーションを
増やしていくといいと思います。

金川顕教

人生を変える働き方

あなたは何のために働いていますか?

その目的を自分でわかっていないと、
ただ我慢するために働くことになります。
なぜ我慢するのかというと、
20万円もらって生きるため・・・。

 

本当にそれでいいんですか?

 

金川顕教は「みんな我慢して働いているんだから
自分もそれをやるしかない」と思っている人に、
それじゃダメだってことに気づいてほしいです。

 

仕事をする目的は人それぞれです。
本当にこの仕事がしたいから、
収入が低くてもやる。
または自己成長のため、欲しいものを買うため、
家族を養うため。あるいはその全部とか。

 

目的をはっきりさせたうえで、
今いる職場で目的を達成できるかどうかが問題です。
ムリだってなったら、選択肢がある中でどれを選ぶのか。

 

まずはこういう風に
自分の現状を分析してください。

ここでは、
目的を「収入を上げること」として説明していきます。
二人の青年がいたとします。

 

A君は有名なコンビニエンスストアのアルバイト店員。
B君は不動産の歩合営業です。

 

二人とも真面目でバリバリ働いています。
しかしA君はいくら働いても収入が上がりません。
社員になって店長になって、
仮にその店舗がすごい売上を叩き出したとしても、
多分年収は1000万円に届かないでしょう。

 

なぜなら昇給制の仕事だからです。

 

一方、B君は頑張ったらその分歩合で年収が上がります。
年収を上げたいなら、
そもそもそこで戦って
年収が伸びるのか、伸びないのかを
最初に検討しなければいけません。

 

会社員の場合は、昇給の制度、社員の平均年収、
役員報酬など調べればわかりますよね。
その会社で収入を上げることができないとわかったら、
選択肢は2つです。

 

ひとつ目は今すぐ辞めて転職すること。
ただし、転職してまた報われないところに入ったら意味がないので、
会社の知名度や肩書に惑わされず、
ちゃんと実力に見合ったフィーが発生するところを選んでください。

 

昇給しても給料なんかそれほど上がりません。
ほとんどの人が報われない、
それが今の日本のサラリーマンです。

 

年収1000万円超えを達成できるのは、
現実的には、一部の限られた人たちだけです。
もともと超いい会社に入っているとか、
医者や弁護士など超難関の資格を持っているとか、
歩合の会社で超成績がいいとか。

 

しかし、今このブログを読んでいるあなたは多分そうではなく、
普通のサラリーマンかまだ学生でしょう。
そういう人は、ビジネスするか投資するしかありません。
これが二つ目の選択肢です。

 

でも安心してください。
金川顕教は今すぐ会社を辞めろと言っている訳ではありません。
あなたが会社員でも学生でも、
サイドビジネスという道があります。

 

これからは我慢ではなく、
ワクワクしながらやっていきましょう。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。