金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ムダな決断を減らして勝ち組を目指せ!

やらないことを決めると、決断する回数を減らせます。実はこれがもの凄く重要です。
決断する時に使う意志力は、体力と同じように、使うと減るという性質があるそうです。

 

意志力とは、感情や欲望をコントロールしたり、集中したりする力のことです。
人間は、たとえば、ランチに何を食べるのかといった些細なことにも、意志力を使っています。
会社で仕事をしている最中は、決断の連続ですから、当然意志力も消耗していきます。
そして家に帰る頃には、意志力はほぼ残っていなくて、将来につながる勉強にも身が入らなくなってしまいます。

 

意志力をこんなふうに浪費するのはもったいないと思いませんか?
だから、ムダな決断を極力減らし、意志の力を温存して、やるべきことに注ぎ込むのです。
決断する回数を減らそうとすると、自分の中であらゆることに対して
「基準」を儲けることが必要になってきます。

 

たとえば食事で決断しない。
多くの人は和食、そば、とんかつ、中華、フレンチ、イタリアン、焼肉、エスニックといろいろお店を見ながら、
何を食べようかなと5分とか10分くらい悩み、やっと決断します。その間意志力はどんどん目減りしています。
しかし、あらかじめ何を食べるのか決めておけば、ムダに悩んだり決断したりせず、意志力を減らさずにすみます。

 

金川顕教は今体を鍛えているので、食事をするなら基本的に和食果肉かそばと決めています。
だから他のお店は目に入ってきません。大戸屋があれば、トレーナーさんのアドバイスにより、
メニューも決まっています。「チキンもろみ定食」のドレッシングなし、皮なし、白米を五穀米に、
とろろと生卵トッピング、ご飯少なめ、みそ汁なし。

 

でもこれ、ちょっと注文が多すぎるんですよね。普通の人は「唐揚げ定食」って一言で終わるのに、
金川顕教の場合8つくらいズラッと言うことになるので。

 

以前ひとりで食べに行った時、隣の席に女子高生4人組がいて、いつものようにフルで注文を言ったら、
くすくす笑っていました。何で笑われたのかなって後から考えたら、多分「鶏肉は皮なしで」っていうところが
細かいと思われたのかなと。恥ずかしいから近くに女子がいる時は「皮なし」までは言わなくていいかなと思っています。
それに、笑われた理由を考えると意志力を使ってしまいますし。

 

話を戻すと、僕らは毎回メニューを見て考えると、意志力が落ちていくということです。
イチロー選手はカレーばかり食べているそうですが、きっと何食べようかと迷ったり、
決断したりして意志力を消耗したくないからだと思います。天才と言われるイチロー選手でも、
考える系の問題を3時間解いた後、バッターボックスに入ったら、ヒットは打てないのではないでしょうか。
それくらい意志力はパフォーマンスに影響を与えるものだからです。

 

「毎日美味しいものを楽しみたい」っていう人生の目的があるのなら、食事の時にあれこれ迷ってもいいんですよ。
しかし、仕事を頑張りたい人は、飯は何でもいい。お腹いっぱいになればいい。そこで悩むのはムダです。

 

日常生活で悩まない。そして、ムダに決断しないことが重要です。
金川顕教がやらないと決めたことについては、著書「財布はいますぐ捨てなさい」をご覧になってみてください。
Official Web Siteの「書籍紹介」からご購入いただけます。

金川顕教

成功者になりたければ経験を買え

塾や家庭教師、資格取得のために通った学校は、あなたにとっていわば自己投資の原型だと思います。
人はこれまでの経験に照らし合わせて先の物事を考えますから、自己投資する時に、
何かを教えてくれる場所に行くことを思い浮かべるのは当然です。

 

しかし考えてみてください。
これまでに経験したすべての教育投資の結果が、いまのあなたに結実しています。
金川顕教は、これまでと同じことを続けていま以上に成長することは不可能だと思っています。
昨日までと同じことをして、今日のあなたを超えることは決してできないということです。
なぜなら、今日のあなたは昨日までのあなたの選択と行動の集大成だからです。

 

自己投資についても、いままでの考えを改める必要があります。
これまでとはまったく違う方法で自己投資する、というように自己投資そのものに対する考え方を変えるのです。
たとえば、「一流のホテルに宿泊する」「ビジネスクラスに乗って旅行に行く」「有名なシェフがいるレストランでコース料理を食べる」
「高級ブランド店でコーディネートしてもらう」
まだまだたくさんあるのですが、多くの人はこういった経験をしていません。

 

経験ほど人を成長させる要素はありません。
人からどんなに詳しく話を聞かせてもらったとしても、
自分自身で経験しなければわからないのです。

 

世界の一流ブランドであれば、日本にもお店がたくさんありますから、
入ったことがある人も多いと思います。商品を手に取ったこともあるかもしれません。
しかし、買い物するとなると、ほとんどの人は経験したことがありません。
せいぜい財布かバッグを持ち歩くか、シャツ1枚、靴一足というように、
一点豪華主議でその気になっているだけのことです。

 

高級ブランド店で全身コーディネートしてもらうと、
このブランドがなぜ世界で一流になったのか、なぜ高いのか、
などとたくさんの点に気づくことができると思います。

 

「なんでこれが30万もするの!?」というようなことを口にする人いませんか?
これは経験したことがないからなんですね。
経験しなければ理解することができないのです。

 

いままで知らなかった世界を知り、成功者をじかに見て学ぶ、自らのミッション達成のイメージを強化するためにお金を使うことが、
これからのあなたに必要な自己投資です。成功者になるために新しい経験を買うことが、自分自身を大きく成長させる方法だと、
頭に入れておいてほしいと思います。

金川顕教

データ主義を貫け!勝ち組で居続ける方法

目標を達成したり、少し結果が出ると、自分ひとりでもう大丈夫なんじゃないか、
次のステージにいけるんじゃないかという気持ちが出てくるかもしれません。
金川顕教の知る限りでもそういう人はいますし、もちろんそれは本人の自由なんですが、
それを自分で判断するのは結構難しいです。そういう気持ちになり始めたら、
その時は自分がブレているんだと思ったほうがいいです。

 

自分なりにアレンジしたいと思い始めた時大切なのは、
アレンジしたいと思った理由を分析することです。
ブレ始めている時は、必ず「面倒だから」「少しくらいなら目標を下げていいと思った」などといった、
妥協をするような理由が出てくるはずです。

 

アレンジを試みていいのは、そういう理由が出てこなかった時だけです。
「メンターよりも稼げた」「メンターが稼げなくなってきた」というような、
事実ベースで理由を分析できた時だけ、別の方法を試してみる必要があります。

 

とはいえ、別の方法を試みる際にも、誰もやったことのない方法論でやっていくのは危険です。
ビジネスの世界には、自分と同じことを思いつく人は必ずいます。
そうした前例を徹底的に洗い上げて、検証してみる必要があるのです。
それで結果を出している人がいるのであれば、そのやり方を取り入れていくのがいいでしょう。

 

金川顕教は、前例を徹底的にデータ化していくことをおすすめします。
たとえば広告費の費用対効果を考えるのであれば、集客ひとりあたりに対していくらかかったのか、という形で効果測定します。
10万円かけた広告で2人集まったら、ひとり5万円です。
これを効率よくするために、広告の文章を変えたり、表示方法を変えたり、媒体を変えたりしながら、
ひとりあたり5万円をどこまで下げられるかを検証していくのです。

 

具体的な数字を見ながら改善が図れるので、基準が明確になります。
こうした客観的なデータをつくることではじめて、自分のやるべきこと、
やってはいけないことの判断が可能になるのです。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。