金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話、効率的に速く仕事を終えるにはまず評価が大事

昔から知られている古典的なビジネス手法で、
「PDCA」という考え方があります。
しかし金川顕教は、評価・検証から始まる
「CAPD」サイクルこそが、
本当に効率的な手法だと考えています。

 

では、なぜC(評価)から始めたほうが効率的なのか。
その部分について詳しく説明しましょう。

おそらく多くの人は、計画ばかり立てて実行ができないか、
もしくは計画を立てて実行もしているけれども、
結局日々の作業に追われるばかりで検証ができない、
というどちらかではないでしょうか。

 

もちろん、いろいろなパターンがあるので、
計画も立てずに作業だけしている場合もあるでしょうし、
実行してから期限ギリギリになってやっぱりできない、
また計画を立てて実行しよう、となっている場合もあるでしょう。

 

いずれにせよ、P(計画)とD(実行)だけになっている人がほとんどで、
本来のPDCAのサイクルをきちんと回していないことになります。

ただ、こうなってしまうのは
単純にビジネスパーソンとして意識が低いから、
というわけでもないと思います。

 

日本の会社組織では、ある仕事を行う際に、
その前にどうしていたかを一応振り返って確認することが
求められるはずです。

 

金川顕教が勤務していた外資系の企業でも、
何か計画をするときには去年から3年前ほどの結果を見てから、
書類を作成していました。

 

ただし、過去を振り返ることはあっても、
実際にそれを評価・検証しているかというと
そこまではしていないのが大半かと思います。
それは自分がその業務に関わっていない場合などもあるためです。

 

つまり、「過去を評価して改善から始める」とは違い、
「とりあえず何か始めるときはどうやって行えばいいかわからないから、
過去のありもので早く準備して始めてしまおう」となっている状態。
すなわち、過去をざっと振り返って計画したら、即実行するだけです。

 

しかし、「過去を振り返るだけ」と、
「それを評価・検証する」のではかなり結果が違います。

 

仕事でなくても、例えば毎年海外旅行に行っているとして、
前回は直前に決めて大変だったから今回は絶対に2ヶ月前に予約しようとか、
延長コードを持っていかず失敗したから今回は持っていこうとか、
前の経験を評価してから計画を立てる人がいます。
そのほうが「今年もそろそろ海外に行こうか」となんとなく
去年と同様に計画して行く人より、ずっと効率的でいい旅ができるはずです。

 

プライベートの旅行なら失敗してもいい思い出で済むかもしれませんが、
ビジネスの場では結果が出なければ仕事をしたとは言えません。
しかし、そもそも日本の会社では、
「効率的に速く仕事を終えるにはまず評価が大事」
というマインドセットがないのです。

 

上司に言われるがまま書類を作って、
目の前の仕事に取り掛かっているだけでは結果は出ません。
評価から始めることで、ただ準備して実行するよりも、
より良い改善が生まれ、結果的に準備と実行を速く回すことができるのです。

金川顕教

金川顕教式、スマホに反応しない方法

一般的にやめるべき時間の使い方は、
やはりスマホとテレビでしょう。
スマホは仕事でも使うので持つなとは言いませんが、
テレビは絶対にないほうがいいです。

 

とはいえ、やはりいきなり捨てるのはハードルが高いので、
3つのステップで離れていきましょう。
断捨離というのは、断つ、捨てる、離れるのどれかになります。
最初から断つ、つまり買わないのが一番ですが、
もう持っていると思うので、その場合は捨てたほうがいいです。
引越しのタイミングなどがあれば、
そのときに捨ててください。

 

引っ越しもしないし、
突然今日からテレビなしでストイックに生活するというのも難しい人は、
まずは番組を録画するのをやめてみましょう。

それで問題なければ、こっそりコンセントを外してみる。
その次は、見えないところに置いてみるとか、
実家に送ってしまって、最終的に捨てましょう。

 

金川顕教の場合は
「激務をこなし会社で成果を出しながら起業をする」
という高い目標があったのでそこまでしましたが、
普通のビジネスパーソンなら家でくつろぐ時間くらいは
あってもいいと思います。

 

その場合は、夜活の30分は全力で集中して、
家に帰ったらリラックスする、
という意味合いをはっきりさせることです。
闇雲にだらだらと習慣で見てしまう、
というのがいけないので、
集中するときはきっぱりテレビのあるところには行かない、
離れる、という姿勢が大事です。

 

スマホも同様に気をつけないと相当時間を奪われるため、
必要以外は離れるべきアイテムです。
少なくとも朝活・夜活の時間は、
スマホから離れることを徹底してください。

 

せっかく場所を移動して時間を取っても、
スマホをいじっていては何の意味もありません。
離れると言っても、携帯していて構いません。
どうするかというと、金川顕教は朝活・夜活の場所に行ったら、
すぐ機内モードに設定していました。
電源を切るのより簡単です。

 

そこがマックだろうが居酒屋だろうが、
その30分間はフライト中だと思えば、
スマホ画面の通知をつい見てしまったり、
メッセージのやり取りを気にする必要がなくなります。

 

もしくはスリープモードにしてもいいでしょう。
どちらでもいいので、店やメニューを決めるのと同じように、
無条件に習慣づけてください。

 

それからスマホはもともと無駄なアプリが多いので、
できるだけアプリは捨ててシンプルにするよう心がけましょう。
入っているからつい見てしまうので、
どうしても残したいなら、フォルダーの中に入れておくといいでしょう。

 

いろいろあっても、結局探すこと自体が無駄です。
金川顕教はもうどんどん減らしてしまったので、
残っているアプリはほとんど1ページ目に収まってしまうくらいです。

 

とにかくスマホに関しては、
不用意に触っているとあっという間に時間を奪われるため、
「意味なく見ない」という意識を徹底して持っておきましょう。

金川顕教

成功者は身体のコンディションにもこだわる

金川顕教は睡眠以外にもコンディションを良くするために
食事や運動、脳や心をいかに疲れさせないか、
といったことにすごく気を使っています。

 

身体のコンディションについては
仕事熱心な人ほど後回しにしがちな印象がありますが、
実はこの部分こそが本当は大きく仕事に影響を与えるため、
睡眠のほか、食事、運動も絶対にいい習慣を身につけるべきです。

 

金川顕教はそのことに気がついたので、
今では食事はできるだけ身体に良質なものを食べる、
忙しくても運動を定期的に行うことを完全にルーティン化しています。

 

こうやって食事、運動にも気をつけていると、
睡眠が十分取れていないときでも、
基本的な体力があるため、うまく動くことができたりします。

 

また、普段から身体を鍛えている、
スポーツやトレーニングで身体を動かしていることができていると、
睡眠の質も高くなります。

 

食事も同様で、身体にいいものを食べていると、
消化しやすく、快適な睡眠につながります。

 

これらは全部密接に関わっているので、
すべてに気を使いたいところです。
例えばせっかく運動したのにタンパク質が十分取れていない、
睡眠が足りていないと、
筋肉がつかなくなったりするのです。

 

このように運動と言っても、
ただ毎日やり続けるのがいいわけではなく、
途中で休ませないと
筋肉がつきづらいことが最近では常識になっています。

 

そのため、金川顕教は水曜と土曜に筋トレをやることにしています。
それもそれほど長い時間ではなく、
1時間筋トレして、30分間有酸素運動をする、といったメニューです。

 

それだけで、あとは食事に気を使っていれば、
引き締まった身体が維持できるようになります。

 

他におすすめなのは、普段から常にお腹に力をいれておくことです。
座っていても、歩いていても、いつもお腹の下あたりに力を入れていると、
腹筋が割れてきます。

 

実は金川顕教も監査法人時代はあまり食事や運動に力を入れていなかったので、
それほど太っているわけではなかったのですが、
お腹周りはたるんでいました。
そうすると、仕事していてもそれが気になるわけです。
些細なこととはいえ、これでは集中していいコンディションで
仕事ができなくなります。

 

そんなとき実践したのが、この方法です。
簡単に筋肉がつくからと言われ試していたら、
意外と効果がありました。

 

本当に腹筋が割れ、姿勢も良くなりましたので、
ジム通いができない人はぜひやってみてください。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。