金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

人生を変えると決めたなら、合コンには行くな!

集中力を削ぐ5大リスクは、テレビ、スマホ、飲食、異性、遊びです。
金川顕教は、二浪して立命館大学に合格した瞬間、会計士になろうと決め、
大学時代はずっと試験勉強をしていました。

 

「合コンにも絶対に行かない」と決めていました。
合コンといえば、大学生がはまることのひとつですよね。
もしはまっちゃったら、恋愛して4年間が終わってしまいます。
そうしたら、何のために二浪までして大学に入って、親にお金を払ってもらったのかわからなくなってしまいます。
普通の人はこういう感覚はないんじゃないでしょうか。
金川顕教は二浪しているので、崖っぷちに立っている気持ちでした。

 

ある日、何かの試験の点数が思いのほか良く、ちょっといい気分だったんです。
たまたまクラスの友だちから「合コンやるけど来る?」と誘われました。
「こういう人たちが来るんだけど」と、女の子の写真付きです。
それで、「今日くらい、いいか」とつい魔が差してしまいました。

 

お好み焼きやさんで3:3の合コンが始まると、金川顕教は何を話していいのか全くわかりませんでした。
何しろ毎日6時から24時まで勉強しかしていないので、話題が合うわけがないんです。
恋愛モードにもなっていないし。

 

女の子たちから「なんで勉強してんの?」「なに目指してんの?」などと質問されるうちに、
「なんで俺、今、面接受けているんだろう?」と不思議な気持ちになっていました。
彼女たちだって、こんな男と付き合いたいとは思わないでしょう。

 

みんな「カシスオレンジ!」「巨峰サワー!」と次々にアルコールを注文していましたが、
お酒を飲んだら次の日は勉強できないとわかっていたから、僕はひたすらウーロン茶を飲むだけです。
いつものコンビニやファストフードに比べると、飯はうまい。でも全然面白くないんです。
二次会は勘弁してもらって、ダッシュで帰って勉強をしました。

 

普通に大学生活を送っていたら、合コンも楽しかったはずです。
でも全然楽しくなかった。だから一回で止まったのですが、本当に楽しかったら、
どうなっていたかわかりません。

 

確実に別の道に進むことになっていたでしょうね。
「合コンがつまらなくてよかった!」と心から思います。

金川顕教

財布はデメリットのかたまり!財布を捨てて人生を変える

先日、お金持ちになりたければ現金主義はやめるべきだというお話をしましたが、
現金主義をやめると、必然的に財布も必要なくなります。
金川顕教の著書に”財布はいますぐ捨てなさい”というものがありますが、
今日は、財布を持つデメリットについてお話ししたいと思います。

 

財布を持つデメリットはたくさんあります。
まず、「なくしたり、盗られたりする」こと。財布の中には現金のほか、キャッシュカード、
クレジットカード、免許証なども入っていますから、なくしたり盗られたりすると、
単に経済的な損失以上のダメージを被ることになります。

 

次に、「荷物が増える」こと。
ぱんぱんになった財布をズボンやジャケットのポケットに入れると歩きにくいし、
生地が傷むし、何より邪魔でしかありません。

 

金川顕教はどうしても現金が必要な場合は、マネークリップを使います。
万一落としても現金だけなので損失が限られていますよね。
あと、小銭は駐車場の料金用に車に入れていますが、持ち歩きません。
基本的に電子マネーを使うので必要ないからです。

 

財布の代わりに何を使っているのかというと、携帯のケースにダイナースのブラックカードを入れています。
日本において携帯を盗む人はいませんからこれでいいんです。
結局持ち物は、携帯2台と鍵だけになります。

 

このように、財布ほど無駄でリスクの高いものはありません。
こんなものを毎日持ち歩くのはやめましょう。

 

なかなか現金主義がやめられない方は、最初に財布を捨ててしまい、
強制的にカード主義に変更するという手もありますね。

金川顕教

ベローチェ、TAC、大丸、マック、家。金川顕教の3年間

目標を達成するまでは家は寝るだけの場所と考えてもいいのではないかと思います。
金川顕教は、会計士試験までの3年間は朝の6時から夜中の24時まで外で勉強していました。
こんなことを言うと信じられないという人もいるかもしれませんが、
大げさではありません。本当の話です。

 

食事は毎日同じもの。
選択するのにムダなエネルギーを使いたくなかったのと、
食事の時間すら惜しいと考えていたからです。

 

会計士試験まではこんな生活を送っていました。
朝6時にベローチェというカフェに行って、卵サンドとアイスティーを注文してひたすら勉強。
TACという会計士の予備校が8時から開くので、12時まではそこで勉強。
お昼はコンビニでミートソースパスタとファミチキを買って食べて、
12時30分から20時まで勉強。

 

そこから大丸百貨店に行って半額になった松坂牛の弁当を食べて、
再び20時30分から予備校が閉まる22時まで勉強。
最後はマクドナルドに移動して、22時15分からハンバーガーを食べながら24時まで勉強。
そして帰宅。

 

ベローチェ、TAC、大丸、マック、家。かける3年です。
いまや金川顕教の思い出です。それぞれの場所でどこに座っていたか、
今でもよく覚えています。

 

家に帰って勉強すればいいのでは、と疑問に思う方もいるかもしれませんね。
金川顕教が外で勉強する理由はいたってシンプルです。
家の中は誘惑でいっぱいだからです。テレビを見てしまったり、本を読んでしまったり。
そんな誘惑に負けることを危惧して、家に帰るのをやめていたんです。

 

カフェやコワーキングスペースで仕事や勉強をしたことのある方ならわかると思いますが、
家に比べて集中できるんですよね。
誘惑が一切ないから目の前のことに集中することができるんです。
アイデアに煮詰まったり、集中力が散漫してしまった場合は、外に出てみてください。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。