金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

つい「何でもいい」と言ってしまう自分を変える

お金に対する不安がある人は少なくありません。
かといって、何でもかんでも節約しようと考えるのはおすすめしません。
金川顕教を含め僕たちの脳は、そもそも我慢し続けられる構造になっていないからです。

 

人間というのは、節約を目的にした瞬間から「お金を使いたい」という気持ちとの苦しい戦いを、
無意識のうちにはじめてしまう生き物なのです。

 

ランチは安ければいいというものじゃないし、
お金がかからない遊びがベストだというわけでもありません。
他人より得しているかどうか、相場より安いかどうかは関係ありません。

 

大切なのは節約じゃなくて選択することです。
節約のために節約している人が多いですが、結局長続きしません。
節約をするなら目的をはっきりさせておくべきです。

 

例えばバーゲンセールに行って、予定外のモノを買ってしまうのは、
あまりいいとは言えません。
ビーチサンダルひとつ買うにも、適当に間に合わせるのではなく、
自分がいいと思ったモノを選ばなければいけません。

 

「何か食べたいものある?」「どこか行きたいところある?」と聞かれた時に、
「何でもいい」ではなく、「これ!」「ここ!」と即答できる準備をしておきましょう。
金川顕教はここで考える時間がムダだと思っているので、
いつだって即答可能です。

 

確かに相手が決めてくれたら、
仮にその食事(場所)がイマイチだったとしても自分に責任はありません。
しかしそれでは、自分の人生を放棄しているのと同じだと思います。

 

「何がほしいのか?」「何がやりたいのか?」
答えなければいつの間にか、自分自身が何者なのかも
よくわからなくなってしまうかもしれません。

 

あらゆるジャンルの好きこと(もの)リストを作りましょう。
それをいつも見返しながら、常に自分で選択してください。
選ぶことができれば、本当にやりたかったことが見えてくるでしょう。

金川顕教

失敗から学ぶ、これが成功者への近道である

1秒でも早く自分の人生を歩み始めてください。
どうでもいい心配事やしがらみにとらわれたり、変化を恐れてグズグズしていては、
できるはずのことも時間がなくなってできなくなってしまいます。

 

何かをやってみる前というのは、わからないことが多すぎます。
金川顕教にだって、始める前から内容がわかる能力なんてありません。
やってみてはじめて情報が得られるのです。

 

ろくに情報がない状態で考えたところで、不安が高まるだけ。
結局やめておこうということになってしまいがちです。
だから、とりあえず行動する、それから考えても遅くはないと思います。

 

もちろん、時には立ち止まることも必要ですが、そういう場面が訪れるのは、何かを始めて、
失敗を経験した後のことです。
まだ始めてもいないのにグズグズしているのは時間の無駄です。
グズグズしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

試しに、あなたが始めたいと思ってまだ始めていないことを思い浮かべてみてください。
かなり長い間停滞しているのではないでしょうか。
チャンスは先着順です。早く来た人ほど多くの選択肢から選ぶ事ができます。

 

バーゲンセールを思い浮かべてください。
売り場に来た人は、買うかどうかを迷う前に、とりあえず目についた商品をカゴに入れていきます。
そして、後でゆっくりどれを買うかを考え、いらないものは戻すわけです。

 

わからないものについて、人間は決断を下せません。
重複しますが、それは金川顕教にだってできません。
行動してみて初めてわかるのです。

 

「失敗は成功のもと」ということわざがありますが、
小さな失敗をするのはむしろ必要なことです。
失敗とは、うまくいかないルートを潰すことだからです。
目標を持ってチャレンジして失敗する、
この試行によって、「このやり方ではうまくいかない」とダメなルートをひとつ潰すことができます。
つまり、失敗は1歩前進でもあるのです。

 

シリコンバレーで失敗経験のある起業家が高く評価されるのは、
こうしたことが理解されているからでしょう。

 

取り返しのつかない失敗だけは避けられるように撤退の目安を定めたら、
あとはどんどん行動して、失敗から学ぶのです。
これが成功への近道です。

金川顕教

自分を好きになって人生を変える方法

自分を好きになることができれば、人生はいい方向に進みます。
だから、自分の人生をいい方向に変えたいならば、
あなたが毎日行っている行動に注目する必要があります。

 

それを行うことで自分を好きになれるかを考えてみてください。
自分を好きになれないような行動を取っているなら、
その行動を慎み改めていけばいいのです。

 

「自分のことが嫌いです」
そんな風に言っている人は少なくありません。
しかし、ここで考えてみてください
例えば、「中国人は○○だ」とか、「インド人は△△だ」ということを口に出す人がいたら、
あなたはどう感じるでしょうか。

 

テレビやインターネットで知ったイメージ、
あるいは、自分の知っているいくつかの例だけを元に決めつけて偏見を振りまいている、
無教養で思い込みが強い人、そんな風に評価すると思います。
金川顕教もきっとそう思うでしょう。

 

実は、「自分が嫌い」というのも、「中国人は○○だ」とか、「インド人は△△だ」というのと同じ、
「過度の一般化」です。自分がしているいくつかの行動が嫌いなだけなのに、
まるで自分という存在自体が嫌いなように決めつけているだけなのです。
金川顕教でもどんな人でも、自分を好きになれないような行動だけをし続けるのは不可能です。
夢中になって何かを楽しんでいる時、「自分が嫌い」といった意識はなくなっています。

 

「自分が嫌い」と感じる人は、自分を好きになれないような行動を選択しているにすぎません。

 

人間関係で言えば、合わない人と無理をして付き合う、時間のムダだなと思う飲み会にイヤイヤ参加するといった、
自分を好きになれなくなる行動は避けましょう。
本当に大事にしたい人間関係、価値ある人間関係に時間を使いましょう。

 

目上の人や尊敬する人にどんどん連絡してください。
恐れ多いと思って遠慮してしまう人が多いかもしれませんが、
普通に連絡すれば返事は返ってくるものです。
金川顕教も自分にとって有益な人とは積極的に会っています。

 

恋愛で言えば、自分を嫌いになる恋愛を繰り返してしまう人も少なくないと思いますが、
自分の中に「いい恋愛」の軸を持てば、相手に振り回されることがなくなります。
反対に「この人はどうすれば自分のことを好きになってくれるだろう」なんて考えてしまうと、
相手に振り回される恋愛が待っています。

 

本当に好きなこと、自分を好きになれる行動には、成功のチャンスが隠れています。
自分を好きになって、人生を変えませんか。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。