金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

現金主義をやめるだけでお金持ちになれる、嘘みたいな本当の話

お金持ちに現金主義の人はいません。
あなたも現金主義を卒業し、カード主義に変えてください。すると、ATMに行かなくなるし、
手数料もかからないし、ポイントも常について、本当にお金が貯まります。

 

金川顕教は現金を使っている人を見ると不思議で仕方ありません。
現金で払っても何も貯まらない。むしろ、現金を使うだけ損をしているって思った方がいいくらいです。
時間的にもお金的にも確実にカードを使った方がいいですよ。

 

そうはいっても、現金主義に取り憑かれている人はまだ多いと思うので、
現金よりもクレジットカードを使うメリットについて、さらに説明します。

 

メリットのひとつ目は、クレジットカードはタダでお金を借りられて支払いを先延ばしできることです。
突然の質問ですが、今この瞬間の1万円と将来の1万円、どちらの価値が高いと思いますか?
答えは、今の1万円です。

 

なぜなら、年利1%で回せば1年後には1万100円になるからです。
運用できるという観点から、今のお金の方が将来手に入れるお金より価値が高いのです。
だから入金は早く、支払いは遅い方がトクということになります。
クレジットカードを使うと、今払わなければいけないところを、なんとタダで先延ばしできるんです。

 

次に、ポイントがたまることです。
買い物や、カードにSUICAが付いていれば、チャージの時ですら使えば使うほどポイントが貯まります。

 

さて、金川顕教が実際に使っておすすめできると思ったカードを紹介します。
1番のおすすめはANA VISA SUICA付きカードですね。ANAマイルの移行制限に上限がないため、
マイルを貯めすぎてムダになる心配がありません。日用品も洋服も、すべてカードに変えると、
かなりポイントが貯まります。

 

出張などで新幹線に乗る機会が多い人は、新幹線をスマホで予約でき、座席も選べて、チケットレスで乗れる
EXPRESS CARDカードがいいですよ。しかも予約の変更もできるし、365日いつでもだいたい1割引になります。
タクシーの中や信号待ちの時に、すぐ新幹線のチケットが取れるので、もうみどりの窓口や券売機に並ばなくていいのです。
SUICAのようにピッと改札にタッチすればよく、切符を探す手間もありません。かなり便利で優れたカードです。

 

カード主義にしたほうがいいと勧めると、
「クレジットカードだといくら使ったかわかんないんじゃないんですか?」といってくる人が必ずいます。
しかし、それを言っている人こそ、結構やばいと思うんです。
クレジットカードのほうがいくら使ったかわかります。スマホのアプリを見るだけなので、どこで何に使ったか、明確にわかります。
むしろ現金のほうが、使途不明金が多く発生しているはずなんです。

 

もっとお金に強くなり、お金を管理できるようになってください。
その最初の一歩が、現金主義をやめることです。

金川顕教

成功者はマルチタスクをしない

時間の重要性については、いくら強調してもし過ぎることはありません
金川顕教がこれまで出会ってきた、必ず結果を出している人の共通点のひとつが、
「マルチタスクはしない」ということです。

 

「マルチタスク」とは、複数の作業を同時にこなすことです。
いろいろやろうとすると、集中力が分散し、すべてが中途半端に終わり、質は落ちていきます。
つまり、マルチタスクにすればするほど、結果がでないということです。

 

これは意外に思う方も少なくないでしょう。
自分ひとりでいろいろこなせれば、人を雇うためにお金を支払う必要もありませんし、
指示を出したり確認をしたりする必要もありません。
金川顕教も独立1年目は、「全部自分でやらないと稼げない」と思っていました。

 

いっぽうで、結果を出す人は、「これだけやる」、あるいは「これとこれだけやる」というように、
自分でやることをかなり絞り込んでいます。簡単な仕事、誰でもできる仕事には自分の貴重な時間を使わず、
どんどんやめて他人に任せ、本当にやるべきことに専念する。
結果を出す人は一点集中型なのです。

 

もう少し具体的に見ていきましょう。
経営者は経営方針の立案や、新しいマーケティング戦略を考えることがメインの仕事です。
さらにさらに自らが営業をしたり、事務作業をしたりとマルチタスクになってしまうと、
やるべき仕事に手が回らなくなります。

 

例えば、会社員の場合、営業マンの本来の仕事は、営業で結果を出すことです。
しかし、人に任せるべき事務作業に追われたりしていると、本来の仕事がおろそかになります。
マルチタスクをすることで本末転倒になってしまうのです。

 

無駄なタスクは、足かせみたいなものですから、思い切ってお金を払って他の人に任せるしかない。
金川顕教の現在のメインの仕事は、会社の売り上げを上げたり、お客さんの満足度を上げたりするための
経営方針の立案やマーケティングの戦略を練ることと、執筆活動などです。
これは自分にしかできないクリエイティブな仕事だからです。
このように、日常のルーティーンを変えていかないと、結果はついてきません。

金川顕教

ためになる話、努力の苦しみは一瞬で終わるが、努力の成果は一生続く

トイレに入って、トイレットペーパーが無くなったとしましょう。
「買いに行かなければ、でももう遅いし面倒くさい」と思って、結局そのまま寝てしまうと、
次にトイレに入った時には絶対に後悔します。

 

ちょっと頑張ってコンビニに行くという努力をすれば、その苦しみは消えます。
そんなことはわかっているのに、ついほんの少しの努力を惜しんでしまう人が多いなと、
金川顕教は感じることがあります。

 

努力をしなかった時の苦しみよりも、
目先にある一瞬の苦しみの方が大きく見えてしまうという癖が人の脳にはあるのです。
そのことを押さえておくだけで、小さな努力をしやすいマインドセットになれるはずです。

 

金川顕教は、努力すれば必ず報われるものだと思っています。
手に入ったものは、知識や経験として自分の中に蓄積されるものですから、
誰にも奪えない財産です。一生減ることはありません。

 

そして、知識や経験が増えれば、さらに成果を得やすくなります。
つまり、その後の努力から得られるものがさらに大きくなるわけです。
努力はただ積み上がっていくだけではなく、積み上げるほどに「投資効率」がよくなっていくわけです。

 

人の脳は、無意識に自分の人間関係に適応しようとします。
どういうことかというと、あなたは付き合う友人の望む姿に変わっていきますし、
親しい人たちの表情を無意識のうちに真似て、次第に顔つきまで似てきます。

 

つまり、あなたは賢明な人と付き合えば賢くなり、愚かな人と付き合えばバカになるのです。
というわけで、友人を選ぶ努力は、その後の人生に大きく影響します。
なんとなく手近な人と一緒にいる、昔からの付き合いを続ける、といったやり方で、
たまたまいい友人・知人に恵まれればいいですが、なかなかそうはいきません。

 

人付き合いを整理する、興味のある人に声をかけてみる、
といった小さな努力を積み重ねていきましょう。

 

「努力の苦しみは一瞬で終わるが、努力の成果は一生続く」、
諦めそうになった時、もうダメだと思った時、努力の途中で苦しくなった時には、
この言葉を思い出してください。
今この瞬間を耐えれば、その苦しみはすぐ過ぎ去るが、その一瞬を積み上げることで得たものは
あなたの一生の財産となるのです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。