金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

バカになるしか成功の道はない

「お前、バカじゃないのか?」
「よせよ、そんなバカな生き方は!」
「やめろよ、そんなバカなこと!」

20代で何回こう言われるか。
その回数が多ければ多いほど、成功し、
お金持ちになる可能性は高くなる、
と金川顕教は確信しています。

その確信は、金川顕教自身の
この10年の経験に基づいています。

 

金川顕教はこの10年、自分自身の選択と決断、
そして猛烈な努力に1度ではない、
3度も裏切られてきた経験があるからです。

 

そこで、普通の人なら「バカだなあ」というような
選択をするようにした結果、
もう一生お金に困らない生き方を手に入れました。

 

金川顕教はもともと頭がとびきり良かったわけではないし、
家庭環境もゴタゴタしており、
経済的にも恵まれていたわけではありません。

 

だからこそ、成功して豊かになりたいという気持ちを
強く持つようになったのです。

 

本当に必死で自分で自分を褒めてやりたいくらい努力して、
普通なら誰でも賢いというような生き方を手に入れました。
つまり、いい大学に入る、いい会社に入る、
高く評価されている資格を取る、の3条件を実現しました。

 

だが、現実の社会は、
そんなこざかしい生き方をあざ笑っているようで、
世間がいいというような生き方では、
本当にほしいものは何ひとつ手に入らなかったのです。

 

金川顕教がほしかったのは、自由で楽しい生き方です。
お金持ちになりたかったのは、
お金があればそれだけ自由に生きられるし、
楽しむこともできるからです。

 

世の中で賢いとされる生き方では、
反対に望んだ人生からどんどん逆行していく、
そんな感じしか得られませんでした。

 

バカに、というのは愚かに、ということではありません。
社会とか誰かが決めた「これがいい」という
レールの上を進むのではなく、
自分で自分のレールを敷いて、
そのレールの上を自分が決めたペースで進んでいくのです。

 

今の時代、かえってバカに徹したほうがいいです。
バカになりきれたら、それだけで大成功だ!
と言えると思います。

 

そのうえに自分なりに考え抜いた賢さが加われば、
大大大成功です。

 

金川顕教が今思い切りエンジョイしている毎日は、
世の中の賢い生き方をひっくり返し、バカを貫いた結果、
手に入れたものなのです。

 

半導体技術などの世界的権威である西澤潤一さんは、
「バカになるしか成功の道はない」と言っています。

金川顕教

ためになる話、人と会うことが最大の情報収集

文章で学ぶ<音声で学ぶ<動画で学ぶ<対話で学ぶ<対面で学ぶ、
というように、
学ぶ方法は5つあります。

<の記号をつけたように、
金川顕教は対面が一番学べると考えています。

 

「メラビアンの法則」によれば、人物の第一印象は3~5秒で決まり、
視覚情報から55%を得て、聴覚情報からが38%、
言語情報が7%と言われています。

 

つまり対面し、顔がわかり、
身振り手振りなども見られたら55%の情報が入る。
さらに声とか声の大きさとか、
トーンが強調されているとさらに38%も情報が入る。

 

それが文章だけだとたった7%です。
つまり本や資料だけではたったの7%しか伝わらないのです。
では100%の情報を伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

顔や体形、服装などの外見はもちろん、
仕草もボディーランゲージも伝わって、
声の大きさとかトーンとか抑揚も伝わって、
さらに内容が見られたら、
100%伝わったことになります。

 

セミナーで金川顕教の姿を見て
スピーチを聞いてもらうだけだと93%。
さらに資料を見てもらい7%の言語情報を取り入れてもらえれば
100%伝えることができるのです。

 

じゃあ、どの人から学ぶのか?
ポイントは3つあります。

①実績がある

お金持ちになりたいのなら、まずその人がお金持ちかどうか。
じゃあ知り得る限り一番のお金持ちの人から学べばいいかというと、
そういうわけではありません。

例えば、孫正義さんの話を聞きに行きましょう、
といってもちょっと自分と遠すぎます。
身近で実績のある人をまず見つけましょう。

 

②周囲の人も評価が高い

その人はもちろんですが、
その人に関わっている人はちゃんと結果が出ているのか。
その辺りをきちんとリサーチします。

 

③「接点」を作ることができる

その人の本を読めるのか、動画を見られるのか、
直接会いに行けるのか、話せるのか。

 

この3つの条件を満たす人から学ぶのです。
会いに行ければいいのですが、
それが不可能な場合はネットを活用しましょう。

 

今はYouTubeで動画を配信したり、
Podcastで音声を配信している起業家が多いです。
本を読むだけだと7%。
文章だけの情報から飛び越えて、
聴覚情報、視覚情報を得たいものです。

金川顕教

年収300万円を3000万円に上げたかったら人間関係を断捨離しろ

あなたが今、自分の人生に
そこまで不安を感じていないなら、
無理に行動する必要はありません。

しかし、「このままでは嫌だ」と思っているのに
行動を起こせないでいるのなら、
これからも我慢する人生を送らなければいけません。

 

我慢するか、チャレンジするか。
どちらがいいかは、言わなくてもわかると思います。
あなたが「嫌だ」と思っているのなら、
その理由のひとつとして考えられるのは、
あなたの周りにいる人が悪い・・・
つまり「人間関係の質が悪い」ということ。

 

もし周りの人が何か成果を出し続けている状態であれば、
あなた自身も成果を出し続けることができるでしょう。

 

冷静になって周りを見渡してみましょう。
結果を出していない人が周りにたくさんいるのなら、
その環境は、あなたが本当に得たい結果の障害になっています。

 

周りにいる、自分と同じように
結果を出していない人たちを見渡して
「自分もこれでいいや」と思っているせいで
モチベーションが上がらない可能性が高いと思います。

 

金川顕教が伝えたいのは、
もしあなたの理想と現実があまりにかけ離れているのであれば、
「環境を変える必要がある」ということ。

 

とはいえ、明日からいきなり全てを変えろと言っている訳ではありません。
まずは自分の周りを見渡して、
自分が何を目指しているかを知り、
それから行動を起こせばいいのです。

 

焦らなくても大丈夫です。
今日が、これまでの自分の最後の日であり、
今日が、気づきを得た最初の日なのです。

 

自分で自分を変えるには「鉄の意志」が必要です。
でも無理に「鉄の意志」を持とうとせず、
人に変えてもらうのもありです。

 

人間は「長く時間を過ごしている人」から
最も影響を受けやすい生き物です。
つまり、いつも一緒に遊んだり働いたりしている人の
影響を受けやすいということです。

例えばタバコをやめられない人は、
仲の良い友人や家族が喫煙者である可能性が高いです。

 

つまり年収を上げたかったら、
年収の高い人たちと付き合うのが最も効率のいい方法です。
でも、すぐに今の友人知人を「切る」必要はありません。
自分の今いる環境、つまり「現実」と「新世界」の
2パターンの人間関係をつくればいい、と金川顕教は考えます。

 

例えば今あなたの年収が300万円だとしたら、
それが「現実」です。
でも年収3000万円を稼ぎたいと思っているなら、
年収3000万円を稼いでいる人たちと交流を持つのが「新世界」です。

 

おそらく「新世界」はあなたにとって肩身が狭く、
居心地が悪いでしょう。
でも、徐々にそこに適応する自分になれるよう、
精進してください。

 

そして「現実」を「切ったほうがいい」と思える自分になったときに、
人間関係を断捨離すればいいのです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。