金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

自分を変えるなら決して振り返るな!

自分を変えたいと思うなら、振り返らずに行動し続けることです。
「今どれくらいできているだろう」「あの人は自分のことをどう思っているかな」というように、
自分を振り返って確かめたいと感じるということは、集中できていない証拠です。

 

人が何かに夢中になっている時というのは、
心理学的にはいわゆるフロー状態(やっていることに100%没入して、自我が消滅している状態)にあります。
この状態では自分を客観的に振り返ることなどできません。
金川顕教が公認会計士の勉強をしていた頃は、フロー状態を超えたフロー状態だったかもしれません。

 

ダイエットを始めたばかりなのに体重や体脂肪率の変化をしょっちゅう確かめてしまう人、多いですよね。
これはダイエットに集中できていない証拠です。これでは結果もなかなか出ないかもしれませんね。

 

駅伝なんかを見ていると、ランナーが後ろを振り返るシーンがあります。
あれもいけないのかと言われたら、そんなことはありません。
ランナーが後ろを振り返るのは、別の走者が追いついてきた時だけです。
それ以外では自分の走りに自信があるので、振り返ることがないのです。
逆をいえば、後続の走者がいないのに後ろを振り返っているランナーは、自信がない証拠です。
自信がないから他の走者との位置関係が気になってしまうのです。

 

人間関係でも同じことが言えると思います。
「俺はあいつより年収が高い」「私はあの人より高級な車に乗っている」「なんであいつがあんなにモテるんだ」
などといったように、人と比べて優越感や劣等感を感じるのは、自分に自信がない証拠です。
つまり、自分がやるべきことをできていないということです。

 

とはいっても、どうしても人と比較してしまうこともあるかもしれません。
そんな時は「いま」に集中してください。具体的には、仕事でも趣味でも家事でも、
いまやっていることに集中するようにしましょう。

 

「仕事に集中したいのに邪魔が入って集中できない」という人も少なくないと思います。
ある統計によると、一般的なサラリーマンは、なんと
3分に1回の割合で邪魔が入ると言われています。
電話が鳴ったり、上司に呼ばれたり。書類を作成しながら電話を取ったり、通話しながらメールを返信したり、
マルチタスクをせざるえないシチュエーションが多いと思いますが、実はこれが危険です。

 

マルチタスクを行うことは、マリファナの2倍も注意力が下がるという研究結果が出ています。
仕事も「いま」を意識して、いまやっている仕事にできる限り集中しましょう。

金川顕教

カリスマ起業家に会うことが成功への一歩

人は自分と共通点の多い相手を求め、
学歴や職歴、趣味や思考、性格などが近ければ近いほど親しみを覚えるものです。
そういう人は自分と同じような問題を抱えていることも多く、
それを話し合ったりすることで話も盛り上がり、一緒にいると楽しく、安心感もあります。

 

こうした自分にとって居心地のいい状態の範囲のことを、
コンフォートゾーンといいます。

 

人にはそれぞれ、人間関係や環境など、あらゆることにコンフォートゾーンがあり、
その範囲から外れてしまうと、急に落ち着かなかったり、うまく話すことができなくなったり、
行動がぎこちなくなるので、ケアレスミスをしてしまいがちになります。

 

いまあなたの周りにいる友人や知人、会社の同僚や上司は、
あなたのコンフォートゾーンの範囲に入っている人たちです。
だからこそ特別な苦労をすることもなく、普通に付き合うことができています。
もちろんそれが悪いことだとはいいませんが、いまのコンフォートゾーンにとどまっている限り、
あなたは現状を打破することはできません。

 

明確なミッションを持ち、人生の夢や目標を達成することは、
現状から脱却することです。
現状とは大きく違った未来に進んでいかなければ、それは叶わぬ夢です。
つまり、あなたは居心地のいいコンフォートゾーンを抜け出し、
新しいコンフォートゾーンをつくらなければいけないのです。

 

そのための手段は、成功者といわれる人に会いに行くことです。
そして、その周りに集う明確なミッションを持つ人たちにも会うことです。
「こんな世界があったのか!」「こんな人がいるのか!」と思い、
自分が置かれた現実がいかに粗末なものだったのか、はっきり知ることになるでしょう。

 

はじめのうちは、成功者の人やその周りの人たちがいる空間に居心地の悪さを感じるかもしれません。
話そうと思ってもうまく話せなかったり、行動がぎこちなくなってしまうことすらあるかもしれませんね。
金川顕教の周りにもそういった人は見受けられます。しかし、それでいいんです。
それがいまのコンフォートゾーンから外に踏み出すということなのです。
徐々に成功者の人がいる範囲を新たなコンフォートゾーンに変えていけばいいんです。

 

成功者の人との出会いは、自分自身を成長させるためにとても重要なことです。
彼らの話を聞き、彼らのエネルギーから、ミッション達成の秘訣を存分に学びましょう。
現状のコンフォートゾーンから一歩踏み出せませんか。

金川顕教

勝ち組になるまでは1時間も2時間もかけて食事してる場合じゃない

美味しく楽しく食事をすることが人生の目的なら、時間をかけて食事をすればいいと思います。
しかし、目標があるなら話は別です。1時間も2時間もかけて食べている場合じゃありません。
15分、せいぜい30分もあれば、金川顕教的には十分だと思います。
ゆっくり食事を楽しむのは、目標を達成してからのお楽しみにとっておいてください。

 

また、レストランに入って延々メニューとにらめっこする人がいますが、
これは時間のムダでしかありません。
それから、検討するということや話を持ち帰るということもやめたほうがいいです。

 

何か話を持ちかけられた時に、やるかやらないか、5~10秒考えますよね。
そこで結論が出なかった場合、「検討します」とか「考えます」とか言って、
持ち帰らないでください。

 

なぜなら、その時の気持ちが大事だからです。
持ち帰って考えると、本来の自分の感覚とは違う答えが出たりします。

 

そもそも、わからない時点で自分の能力を超えているから、考えたってわからないんです。
それなのに考えていると、マイナス思考になってどんどん暗くなり、落ち込んだり、
やる気がなくなったり、結局「やーめた」ってなります。
これが持ち帰って考えた人の末路です。金川顕教の経験上、たいていこうなります。

 

持ち帰るよりも、その場で「リサーチ」してください。
自分で考えるのではなくて、その分野で成功している人、専門家、評判がいい人の意見をネットで調べて、
判断するのです。あるいは比較サイトの評判や口コミ、レビューも参考になるでしょう。
くどいようですが、この時自分は考えなくてもいいです。
考えてもわからないので。

 

やるかやらないかを決め、やると決めたら、とりあえず早くやりましょう。
まず見切り発車をして、軌道修正しながら制度を高めていくのが、
早く結果を出す秘訣です。

 

食事や、持ち帰って考えることに時間を使わないでください。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。