金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

お金持ちはお金が大好きだ、だが、お金がすべてではない

ものすごく稼いでいる人は例外なくお金が大好きです。
お金が大好き、稼ぐことが大好きでなければお金にも好かれません。
反対に、お金のことを考えるのは嫌い、
という人には本当にお金は寄ってきません。

 

お金に”感情”があるなんておかしなことだし、
理屈には合わないが、多くの例を見ていると、
確かにこういう関係が成り立っているようなのです。

 

実際にたくさん稼いでいる人は、
お金のことを考えるのが大好きです。
いつでもお金について考えていて、
お金を大きく育てることに時間や力を注いでいます。

 

あるお金持ちは、
「お金はいくらあっても邪魔にならない」
と言い切っている。
金川顕教はこれを名言中の名言だと思っています。

 

だが、「お金を稼げるようになれば幸せになれる」、
つまり、お金=幸せだと考えている人は、
幸せになることも、お金持ちになることもできません。
お金の実態は所詮紙切れにすぎないのです。

 

お金の価値はそれを使ったときに初めて生まれます。
お金をどう使うかはその人次第。
要はお金という紙切れにどう価値を付加していくかです。
そこで、幸せになれるかなれないかが決まることを、
しっかりわきまえておきたいです。

 

だが、お金は確かにある力を持っています。
何よりも、お金があるかないかで
人生の選択肢の幅が大きく変わってきます。

 

今やりたいことを思い浮かべてみましょう。
お金があればそのすべてを実現できるのでしょうか。
お金のことを考えるのと同じ時間を割いて、
幸せについて真剣に考えるのも、
ぜひやっておきたいことだと思います。

 

一人ひとり、求める幸せの形は異なります。
それぞれの人に応じた幸せがあります。
自分にとって一番ぴったりくる幸せってどんな形なのだろうか。

 

それを探るために、
金川顕教は数え切れないほどの本を読みました。
そうした膨大な本の中に、
ギリシャの劇作家・アンティファネスの本がありました。
彼曰く、「金は人間にとって血であり、命である」
がつんと響きました。

 

「でも、金はすべてではない」
最後に金川顕教の心に浮かんできた言葉はこれでした。

 

世界一の会計事務所で安定しているトーマツをやめるという結論は、
こうして「お金と幸せ」のバランスを考えた末に出した結論です。
その結論について、今まで一度も公開したことはありません。

金川顕教

勝ち組なのか負け組なのか、部屋を見ればわかる

部屋を見れば、その人の人生観、価値観が一度でわかります。
狭い部屋いっぱいに、足の踏み場もないくらいモノを詰め込み、
モノとモノの間で窮屈に、
身を縮めるようにして生活していないだろうか。

そういうモノが占めているスペースも家賃のうちなのです。
それがどんなにアホらしいことか、
一度自分を俯瞰して考えて見ましょう。

 

一世を風靡し、社会的現象にもなった断捨離。
金川顕教も断捨離を推奨していますが、
断捨離を単なる整理術、片付け術だと考えている人は少なくありません。
本来は心をすっきりと整理するための修行法の一つだったそうです。

 

断=外から入ってくるいらないモノを断つ。
具体的には余計なものは買わない。
捨=手元にあるいらないモノを捨てる。
離=モノへの執着から離れる。

この3つのアングルから、
不要なモノに囲まれた暮らしからの脱却を図る。
すると、生きていくために本当に必要なものだけが残り、
同時に心の中もすっきり整理されていく、
という教えなのだといいます。

 

日本ではもちろん、
国際的にも高く評価されている
デザイナーの佐藤可士和さんのオフィスは、
仕事を終えるとデスクの上には何もなし。
パソコンしか置いてはいけない、が事務所のルールなのだそうです。

ちなみに金川顕教も、
デスクの上にはパソコン以外
置かないようにしています。

 

そういえば、仕事ができると評判の人の仕事部屋やカバンの中は、
必要最小限のモノしか入っておらず、
しかも、すっきりと整理されています。

 

物事が正しく整えられているからとり散らからないのです。
デキる男=整理・整頓上手は当然なのだと痛感します。

 

シンプル・イズ・ベスト。
何につけてもシンプルを貫き通すと、
最高の結果が得られるということです。

金川顕教

成功者は自分のために、自分がより良くなるために時間を使っている

ある朝起きてスマートフォンをチェックすると、
LINEに僕を批判するようなメッセージが届いていました。
寝起きに気分は良くありませんでしたが、
「ああ、またいつものことか」とスルー。

 

批判に対していちいち腹を立てたり、
「もしかして自分は悪く思われているのかな?」
「あの発言がまずかったのかな」
などとへこんだり気にしたりしていたらキリがないし、
何より時間が勿体ないです。

 

それから、たまにこんなメールもきます。
「絶対に金川顕教を追い越してみせます」
「金川さんの意見に対して私はこう思うので、
議論させてください」
などやたらと勝負したがったり議論したがったりする。

 

はっきり言っておきますが、
感情的になる人はうまくいきません。
他人の批判や評論をする時間は、
お互いに不必要な時間です。

 

稼げて自由になるために必要なのは
感情的になることではありません。
目標に向かって改善する努力をすること。
雑念に耳を傾けずに、
少しずつ学びを実践することが大切なのです。

 

また、自分のプライドが高すぎて
自己流でやりたいという人も
成功への道が遠くなるケースが多いです。

 

金川顕教はこれまでの経験を皆さんにお伝えしているだけです。
それなのに「金川さんの言う通りにはしたくない」
「私のやり方も聞いてください」と、
挑発的な意見を突きつけてくる方がいます。

 

そういったプライドは意味がないし、
一度冷静になって見たほうがいいと思います。
何度も言いますが、時間は有限です。
金川顕教の言う通りにしたくないのなら、
セミナーを聞いたりブログを読んだりする時間は無駄。
その時間を自己成長につながるための時間にあてましょう。

 

お金持ちは自分のために、
自分がより良くなるために時間を使います。
自分に対してマイナスに感じることや、
足を引っ張ることに気を取られていても
前に進めないと知っているからです。

 

自分の足を引っ張ろうとする人に時間を使うなら、
自分が向上するようなステップアップする時間を持つこと。
人をマイナスに引きずりこむようなメッセージをわざわざ送る人は、
物理的にも精神的にも豊かではありません。

 

相手にする必要はないのです。
まずはこのことを意識して
メンタルを健全な状態に保ってください。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。