金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

あなたが成功する前に知っておくべき「成功の条件」

「成功する」イコール「人生の勝ち組になる」。
そう捉える方はとても多いです。

 

しかし、ただ勝ちに行くだけでは
起業して成功することはできません。

 

「適切な行動」を「適切な順番」で行う必要があります。
この「賢者の思考」さえ知っておけば、
成功確率を格段に引き上げることができるようになるのです。

 

これから脱サラを考えている方、
脱サラして起業しようと思っている方、
副業を成功させようとしている方は、
まずはじめに”お金を稼ぐためのマインド”
からお伝えしていきましょう。

 

ビジネス本や経営者向けのセミナーでは、
具体的なビジネス内容より「金持ちになるための思考」が
重要視されることが多いようです。

 

そして実際に「金持ち」と呼ばれる人たちに
「成功するために大切なことって何ですか?」と質問すると、
最も多いのが「メンタル面の管理」という回答です。

 

一般の人はメンタル面に目を向けずに
「いますぐに稼ぐ方法が知りたい!」と、
目に見えるものにとらわれがちです。

 

しかし、物の考え方や捉え方などのメンタル部分が
大きく結果を左右すると言われています。

 

では、本当に年収の高い人と
そうでない人は考え方が違うのか、
比較してみましょう。

 

ここでは例として、
年収300万の人、年収1000万の人、
年収3000万の人で比べてみたいと思います。

 

●年収別の稼ぎ方の違い

年収300万→自分の時間と体を使って稼ぐ
年収1000万→求められた以上の価値を提供して稼ぐ
年収3000万→仕組みを使って稼ぐ

 

稼ぐ額に差を作る最も大きな要因は、
「お金の稼ぎ方」なのです。

 

たとえば金川顕教の周囲で年収が高い人は、
家事は代行サービスにお願いして、
自分で家事をしないという人が多い。

 

一方、稼ぎが少なければ、
家事は自分でやるのが当たり前。
そもそも人に頼むなどという
発想自体が生まれません。

 

収入の高い人が家事を代行してもらうことは、
自分の時間を有意義に使うため。

 

けっして贅沢な行為ではありません。
まして自分が楽をするためでもありません。

 

お金を稼いでいる人と、
そうでない人の違いは、
根本的な心構えにあると考えていいでしょう。

金川顕教

成功者はとにかく体のコンディションにこだわる

金川顕教はとにかく体のコンディションにこだわっています。
睡眠や食事、運動などには特に気を使っています。

 

体のコンディションは
パフォーマンスに直接影響を与えるからです。

 

仕事を頑張る人ほど、
体を犠牲にしながら働いていますが、
結果的にはパフォーマンスを落としてしまうので
注意が必要です。

 

食事や運動の良い習慣を身につけるべきです。

 

食事や運動の習慣を持ち、
体のコンディションをいつも気にしている人は、
基本的な体力が高いので、
たまに睡眠時間が短かったとしても
乗り越えることができます。

 

ハードワークはあまり良いことではありませんが、
勝負所が来たときには
どうしてもやらなければならないこともあります。

 

それを乗り越えるためには、
やはり体のコンディションを整えて、
基礎体力を高めておくしかないのです。

 

そのためにも、
お酒は飲まないにこしたことはありません。

 

体調を崩す大きな原因のひとつが飲酒です。

 

ビールは太る原因になりますので、
もちろん飲むべきではありませんが、
それよりも発泡酒や第3のビールは
とにかく飲まないようにしてください。

 

金川顕教自身、
トレーナーにそう指導され、
教えを守っています。

 

とはいえ、
社会人ならお酒を飲まなくてはいけない状況があります。

 

その場合には
レモンサワー、ハイボール、緑茶ハイなら
飲んでも良いとトレーナーに指導されました。

 

二日酔いにならない方法も知っておくべきです。
どうしてもお酒を飲まなければならないときは、
お酒の量と同量の水を飲むとよいでしょう。

 

そうすることで、
二日酔いになりにくくなると言われています。

 

成功者は二日酔い対策だけではなく、
普段から水をよく飲んでいます。

 

人の体の60 80 %は
水でできていると言われています。

 

体内の水分量が15~20 %失われると、
生命を維持できなくなります。

 

体質によって違うようですが、
1日1~2リットルは水を飲むといいでしょう。

金川顕教

人間関係は思い切って断ち切れ

断捨離といえば
不要なものというイメージだと思いますが、
成功するためには人間関係も断捨離する
必要があります。

 

人間関係の断捨離とは
付き合いをやめるということですね。

 

では、どんな人と付き合いやめるべきなのでしょうか。
それは、足を引っ張る人です。

 

あなたが、上を目指せば目指すほど、
あなたの足を引っ張る人が出てきます。
人は現状維持をしたがる生き物なので
仕方がないことでもあります。

 

今あなたがいるコミュニティ、
環境からあなたが飛び出せば、
その集団の輪が乱れることになります。

 

それを嫌がる人は、
あなたの成功とポジティブさを嫌います。
あなたが成功してしまうと、
その集団から自分も成功したいと
抜け出そうとする人が増えてしまい、
集団の今までのバランスが壊れてしまうからです。

 

時給思考を身につけると、
今の仲間とは話が合わなくなるでしょう。
それは、一時的に孤独になることを意味します。

 

しかし、孤独を感じたときは成長している証拠です。
時給思考で突き進めば、時給思考を持った仲間が必ずできますし、
時給思考の人間が集まったコミュニティがあなたを受け入れてくれます。

 

あなたの足を引っ張るような
不寛容な人間と付き合う必要はありません。
思い切って人間関係を断捨離していいのです。

金川顕教

時給を上げる必須のルール

多くの人が、やることだけを明確にして、
やらないことを明確にするということができていません。

 

金川顕教に言わせれば、
行動の優先順位、重要度の判断が
できていないということです。

 

1日は24時間しかありません。
その中でやれることは本当に少ないのです。
金川顕教は目標達成につながらないことをやっている時間を
限りなく0に近づけていくべきだと思っています。

 

そして、やらないことで生まれる時間を使って
重要なことをやるべきです。

 

「やらないことを決める」→「やることを決める」
これが、時給が高い人が守っているルールです。

 

逆に、時給が低い人は、
「やることを決める」→「やらないことを決める」
という思考回路で動きます。

 

時給が高い人の常識は
時給が低い人の非常識なのです。

 

時間さえあれば、夢は叶えられるし、
理想のライフスタイルを実現することも可能です。
逆にいえば、時間がなければ夢は叶えられませんし、
理想のライフスタイルも遠のくでしょう。

 

だからこそ、自分の時間の使い方をしっかりと認識し、
断捨離することです。

 

とにかく無駄をなくしていくことが大事です。
「断る」「捨てる」「離れる」人しか成功はつかめないのです。
非情に感じられるかもしれませんが、現実としてそうなのです。

 

なんでもかんでも依頼されたことを受けたり、
誘いを受けていたら、当然自分の時間がなくなります。

 

断捨離ができない人は優しい人です。
優しいことはいいことではあります。

 

しかし、成功するまでは
いい人をやめて自分の欲求にしたがって
生きることも大事なのです。

 

「人にいいことばかりしてきた、
でも自分の時間はなかった」では
死ぬときに絶対に後悔します。

 

プライベートを大事にすることも人生では必要。
誰もがこう考えていることでしょう。

 

しかし、人生のうちに脇目も振らず
働く期間がなければ、目標は達成できません。
あなたには望む時給の金額があるはずです。

 

それなら、時給を上げるまでは
自由時間を大切にするなどと
言っている場合ではありません。

 

自由な時間は、時給さえ高くなれば必ず手に入ります。
だからこそ、目標の時給に達するまでは
自由時間など捨ててしまってください。

 

金川顕教自身、望む時給に到達するまでは、
プライベートを楽しむことは捨てていました。
どんな成功者も、一定期間、仕事に没頭し、
脇目も振らずに働く期間があったのです。

金川顕教

成長したかったら常に「×3」でやり続けろ

起業する人や副業を始める人にとって、
「最初の3ヶ月」はものすごく重要なんです。

 

金川顕教自身、起業する前に
「これからの3ヶ月は大事だ」と思っていました。
3ヶ月で結果が出せなかったらダメだと思って、
90日間全力でやりきりましたね。

 

起業に限らず、英語とか勉強、
筋トレやダイエットだって最初の3ヶ月が勝負です。

 

1ヶ月だけだと何でダメか?
30日間だと、準備期間で終わっちゃうんですよ。
でももしあなたが90日間、3ヶ月何かを続けられたなら、
多分その先も続けられると思うんです。

 

逆に言うと3ヶ月間頑張れない人というのは、
何をやっても結果が出ない。

 

それは、メンタル的にもフィジカル的にもそうだと思います。

 

もし3ヶ月やって結果が出なかったとしたら、
その先も結果は出しづらいんじゃないかなと。

 

だから、最初の3ヶ月、いかに乗り切ってやるか。
90日で人生は変わると思って、
この期間死に物狂いで頑張ることが重要だと思います。

 

また、人の3倍やれば、結果は人の10倍出ると思っています。
だから、金川顕教は絶対に、
「結果を出したいときは他の人の”3倍”はやろう」と決めているんです。

 

それはなぜか?
人と同じ量だけ頑張っても、みんな同じだけやってるんですよ。
でもこれが3倍になると、周りにライバルがいなくなる。

 

だから圧倒的に抜きん出ることができるんです。

 

例えば野球選手でも、3割バッターはよくいるんですね。
でも3割5分になると、年収が2倍、3倍になる。
それに似ているかもしれない。

 

1日10時間働いて10万円稼げたとしたら、
3倍働いたら30時間。
これで稼げるのは30万円じゃないんです。
50万円、100万円になるんです。

 

マラソンにも似ています。
平均タイム前後だと、大勢の人がいるから走りにくい。
でも集団を抜けると周りに人がいなくなるから走りやすくなりますよね。

 

成長したかったら、
とりあえず何でも「3倍やる」こと。
時間的な部分でも、量的な部分でも。

 

本も1回読んだら終わりじゃなくて3回読む。
動画も3回聞く。セミナーや勉強も3回やってみる。

 

常に「×3」でやり続けることができれば、
「べき乗の法則」で飛躍的に伸びることができるはずなんです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。