金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

成功者は身体のコンディションにもこだわる

金川顕教は睡眠以外にもコンディションを良くするために
食事や運動、脳や心をいかに疲れさせないか、
といったことにすごく気を使っています。

 

身体のコンディションについては
仕事熱心な人ほど後回しにしがちな印象がありますが、
実はこの部分こそが本当は大きく仕事に影響を与えるため、
睡眠のほか、食事、運動も絶対にいい習慣を身につけるべきです。

 

金川顕教はそのことに気がついたので、
今では食事はできるだけ身体に良質なものを食べる、
忙しくても運動を定期的に行うことを完全にルーティン化しています。

 

こうやって食事、運動にも気をつけていると、
睡眠が十分取れていないときでも、
基本的な体力があるため、うまく動くことができたりします。

 

また、普段から身体を鍛えている、
スポーツやトレーニングで身体を動かしていることができていると、
睡眠の質も高くなります。

 

食事も同様で、身体にいいものを食べていると、
消化しやすく、快適な睡眠につながります。

 

これらは全部密接に関わっているので、
すべてに気を使いたいところです。
例えばせっかく運動したのにタンパク質が十分取れていない、
睡眠が足りていないと、
筋肉がつかなくなったりするのです。

 

このように運動と言っても、
ただ毎日やり続けるのがいいわけではなく、
途中で休ませないと
筋肉がつきづらいことが最近では常識になっています。

 

そのため、金川顕教は水曜と土曜に筋トレをやることにしています。
それもそれほど長い時間ではなく、
1時間筋トレして、30分間有酸素運動をする、といったメニューです。

 

それだけで、あとは食事に気を使っていれば、
引き締まった身体が維持できるようになります。

 

他におすすめなのは、普段から常にお腹に力をいれておくことです。
座っていても、歩いていても、いつもお腹の下あたりに力を入れていると、
腹筋が割れてきます。

 

実は金川顕教も監査法人時代はあまり食事や運動に力を入れていなかったので、
それほど太っているわけではなかったのですが、
お腹周りはたるんでいました。
そうすると、仕事していてもそれが気になるわけです。
些細なこととはいえ、これでは集中していいコンディションで
仕事ができなくなります。

 

そんなとき実践したのが、この方法です。
簡単に筋肉がつくからと言われ試していたら、
意外と効果がありました。

 

本当に腹筋が割れ、姿勢も良くなりましたので、
ジム通いができない人はぜひやってみてください。

金川顕教

お金持ちは本当に孤独なのか?

まずなくしてほしいのが、
「人と会うこと=予定」という考え方です。
むしろ人と会わないことを予定とするべきです。

なぜなら、あなたの「予定」は
「目標を達成して人生をより幸せにすること」だからです。

 

そのための行動をスケジュールに入れてください。
僕たちはどうしても誘惑に弱いので、
先にスケジュールを入れておかないと、
誘われたら出かけたくなります。

 

ちょっとでも時間が空いたら飯を食いに行ってしまうので、
徹底的に時間のムダを削り取って、時間を確保して、
その枠を予定で埋めるのです。

 

どうしても断りきれなかったら、早くその場を離れましょう。
「なんで?」と聞かれたら、「家族と食事をするから」
とでも言えば、ほぼ引き止められません。
しかし、本当は最初から断っておくのが一番です。
楽しんでしまうと離れられなくなるからです。

 

もっといいのは、誘われなくなることです。
例えばLINEの名前も「金川顕教脱サラまでお誘いお断り」とか、
「金川顕教出版準備でガチこもり中」とかにしちゃえば、
そっとしておいてもらえます。

こうして、パッと見ちょっと変で寂しい人になります。

それがツライと言う人もいるかもしれませんが。

 

「お金持ちは孤独だ」とよく言われますよね。
「友だちがいない」とか。

実はこれは理にかなっていて、
年収1000万円以上の人は人口の2%しかいません。
つまり、100人中、自分を除いたらあと一人しかいないわけです。
そのほかの98人の人とは話が合わないのですから、
自然と友達が少なく、孤独になりますよね。

 

また、お金持ちは、
他人の人生よりも自分の人生をよくすることに興味があり、
基本的にワガママです。

 

これはビジネスで成功している人も同じで、
他人に好かれようとはしないんですね。
だから周りの意見を気にしたり、
自分の選択に遠慮したりすることもありません。

 

さらに、いい意味で人に嫌われることを
恐れていないとも言えるでしょう。
お金を稼いだり、ビジネスで成功を収めたりすると、
周りからは嫉妬や批判を浴びることになります。
しかし、成功者の多くは、
そんなネガティブな反応にいちいち一喜一憂しません。
妬みに対して、もう慣れっこになっているからです。

 

金川顕教は人脈に関しては、
本当に限られたものでいいと思っています。
知り合いも友だちも多くなくていい。
だからみんなに好かれる必要もありません。

金川顕教

ためになる話、しないことリストを作るコツ

金川顕教はTODOリストを作っても
仕事は効率化しないと考えています。

仕事を速く終わらせるためには、
TODOリストではなく、
しないことリストを作るべきです。

 

その理由については
昨日のブログを参照ください。
今日はしないことリストを作るコツについて
お伝えしていきます。

 

しないことリストを作るときのコツは、
やはり明確なビジョンを持つことです。

自分の目標が見えていれば、
本来やるべきことが自然と見えてくるはずです。
すると、それ以外のことをしているのは
時間がもったいないと感じるでしょう。

 

そう考えると、
例えばこんなことがしないことリストに
挙げられるのではないでしょうか。

・ランチの時間は仕事をしない
・夜20時以降は仕事をしない
・メール処理には30分以上時間をかけない
・定例会議の資料作成に20分以上時間をかけない
・マウスは使わない
・進行中の仕事が終わるまで別の仕事には手を出さない
・同時に別の仕事をしない

 

ビジョンとはすなわち、
自分が「何をするべきか」ですが、
それはイコール「何をしないか」ということでもあります。
自分がコミットするべき仕事、やるべき仕事を見極め、
それ以外は捨て去る。

 

そうすることで、
余計な仕事を抱え込まずに仕事の絶対量を減らして、
適正に保つことができるのです。

 

TODOリストにおける問題点は、
やることがどんどん増えて優先順位が
つけられなくなることにあります。

 

自分の優先順位を明確にするために、
ぜひ、しないことリストを作ってみましょう。

金川顕教

一発逆転!しないことリストを作成せよ

皆さんの中にはTODOリストを作っている人も多いかもしれませんね。
しかし、金川顕教はこれをやめたほうがいい習慣だと思っています。

なぜなら、やっている人ならわかると思いますが、
結局リストを作ってもやるべきことが増えすぎて、
結果的にやれていない、というのが現実だからです。

 

これは、思い当たる人がほとんどではないでしょうか?
もちろん、何も書き出さないよりはリストを書いたほうが、
やるべきことは明確になるのでいいでしょう。

 

ですが、現実にはTODOリストを作れば仕事が速く終わるかというと、
決してそうなってはいないはずです。
それはなぜでしょうか?

 

金川顕教は、TODOリストを作ることで仕事が速く終わるどころか、
むしろ大きな問題が起こると考えています。
主な問題とは、次の3つです。

1.仕事を抱えすぎて、その仕事が終わらない(量の問題)
2.やることが増えすぎて、時間が足りなくなる(時間の問題)
3.仕事の効率が良くならない(質の問題)

 

どれも仕事が終わらない典型的なケースです。
リストを書くだけで満足しているのは論外ですが、
効率化に良かれと思って
毎朝TODOリストを書き出してから仕事をしていたとしたら、
その習慣はやめたほうがいいでしょう。

 

それでは、仕事を速く終わらせるにはどんな条件が必要でしょうか。
金川顕教が考える必要条件は、
先のTODOリストの問題とは反対の状態になることです。

 

1.仕事を抱えすぎない(量を減らす)
2.仕事をする時間を増やす(時間が増える)
3.仕事の効率を上げる(質が良くなる)

この3つの条件が揃っていれば、
自ずと仕事は速く終わるはずです。

 

TODOリストをいくらせっせと作成しても、
仕事は効率化しません。

 

中でも多くの人が見過ごしがちなのが、
1の仕事を抱えすぎないということでしょう。
これは重要なポイントですが、2と3は心がけていても、
1をしっかりと意識してやっている人は少ないようなので、
あえてここでは紹介します。

 

つまり、やるべきことのTODOリストではなく、
仕事を抱えすぎないために
「しないことリスト」を作るべきなのです。

 

明日のブログでは
「しないことリスト」を作るコツについて書いていきますので、
併せてご覧ください。

金川顕教

成功する人はまず「確信」を高める

金川顕教が億万長者の友人に教えてもらった格言があります。
「ほとんどの人は、まずどうやったら稼げるかという『方法』を知りたがるが、
本当に夢とか目標を達成できる人は、まず『確信』を高める」。
これ、すごい事実なんですよ。

 

実際、金川顕教のところにも、
「モチベーションが上がる方法を教えてください」
「月100万円稼ぐ方法を教えてください」という、
ノウハウについての質問がたくさん寄せられます。

しかし、いくら方法を教えても、うまくいきません。
なぜなら確信が全くできていないからです。

 

例えば、新しくマジックを始めるとイメージしてください。
たいていの人は、マジックの本を読んでから、
やろうとしたり、習い始めたりしますよね。
でも金川顕教は違います。

 

「本当に僕にはマジックができるのか」というところから詰めていって、
「俺はできる、余裕でできる」「できたらこうなる、みんなの前でやる、
東京ドームで披露する」というように確信を高めてから、方法を学びます。
だからすぐにマスターできるのです。

 

収入を上げることについても同じことです。
月に20万円しか稼いでいない人が年収3000万円になりたいと思ったとします。
3000万円稼ぐ方法はいくつかあります。
医者になりましょう、外資系の営業マンになりましょう、起業しましょう、
投資家になりましょう、とか、その方法を教えることはできます。

 

では、皆さんにそれができるのかというと、できないんですね。
なぜなら「自分は3000万円稼げるんだ」という確信が持てないからです。
ほとんどの人は、3000万円稼ぐ方法を知りたがって、
なんとか教えてもらっても、「本当にできるのかな?」という
疑念にとらわれてしまいます。

 

そもそもマインドセットの器が小さいので、
大きなものを入れることができないんです。

 

受験勉強も「俺は東大に行ける!」という確信がある人しか、
勉強しても合格しません。
だから「行けるでしょ!」という確信をまず高めることが必要です。

 

実は、確信を高めきった人だけにしか、
ノウハウというのは効果がありません。
ここはすごく重要です。

 

確信がない人はモチベーションが続かないですね。
なぜなら高い目標を見たときに、
「無理だ」と思ってしまうからです。

 

成功は、1%の方法と99%の確信でできているのです。

金川顕教

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。