金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

禁断の売れる文章術

文章の力で相手を夢中にさせる!?
成功者だけが知っている秘伝の技術を解き明かします。

〜売れる文章術を身につければ、相手の心を自在に動かせるようになる〜

益々盛んになり、変化の大きい広告業界ですが、そんな中で成果が出ないと諦めてしまう人がいます。

「素晴らしい商品がある」、「価値のあるサービスが提供できる」、「貴重な情報をアップしている」、
そういった大きな武器があるのに、活かしきれていないのであれば、もったいない話です。

あなたは、自分自身の課題点に本当に気が付いているでしょうか?

課題点に気付いているのであれば、それを改善することで成果をあげることは可能です。
しかし、課題点に気付いていなかったり、課題点を勘違いしているのであれば、大きな問題です。
何よりもまずは、正確な「気づき」が重要になります。

商品を紹介する文章の表現力に問題があるのなら、それを克服するためのスキルを磨く必要があるでしょう。
しかし、実は表現力は豊かなのに、文章のポイントがずれているという残念なケースをよく見かけます。

文章のポイントがずれていると、ユーザーが読み始めた時点で勝敗が決しています。
せっかく価値のある商品やサービス、情報があるのに、
ユーザーが興味を抱かず、途中で読むのをやめてしまうので、成果は出ません。

これは文章を書くための「準備」や、文章の「構成」に大きな問題があるためでしょう。

「売れる文章」を書き、成果を出すためには、「相手の心に深く突き刺さる」必要があります。
そして、「買いたい!」、「会いたい!」という行動に移したい気持ちにさせなければなりません。

そのためには、文章の表現の仕方以上に、本質となる準備や構成にコツがあるのです。
これからのお話でご紹介していきますが、そのコツを追及することによって、「相手の心を動かす力」が生まれきます。

相手を動かすことは、営業時の「会話」でも、商品を紹介する「文章」でもできるでしょう。

しかし、会話よりも文章が優れている点は、文章は推敲して何度も練り直すことで、
より強い感化力にすることができるということです。
そして、会話はその場で消えてしまいますが、文章は24時間、
あなたのために世界中のユーザーを相手に働き続けてくれるのです。

文章は、とんでもない成果を出すことのできる可能性を秘めています。

成果が出ずに悩んでいるのであれば、ぜひこれからのお話を読んで、「売れる文章」について学び、身につけてください。

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。