金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

中途半端はダメ!徹底的にやりつくすことが成功へとつながる

あなたは「自分と戦っています」と声を大にして言えますか?
昨今、自分と戦うことのできる人が極端に少なくなってきていると金川顕教は感じます。
自分との戦いとは、どこまでできるか限界を打ち破ってやろうという、
自分の可能性へのチャレンジのことです。

 

例えば、ロンドンオリンピックの出場を決めた水泳の北島康介選手は、
自分との戦いの代表格と言えるでしょう。

 

もちろん自分と戦っている人もたくさんいますが、いまいち本気度に欠けるような気がします。
自分に勝つ絶対的な勝利から、相手をやり込め自滅させる相対的な勝利へ、
勝負の価値観が移っているといえるのかもしれません。

 

しかし、ミッションの達成という人生の勝利は、相対的には捉えられないものなのです。
なぜなら、相手よりも有利な人生を送ったところで、それはミッションを達成したことにならないからです。

 

自分のビジョンを実現しなければ、勝利の高揚はおろか、満足感すらありません。
あなたにはやるべきことを徹底的にやりつくす習慣、
やるべきことを中途半端にしない習慣をあなたに身につけてほしいと思います。

 

何事も中途半端な人というのは、徹底的にやり尽くしたことのない人です。
やり尽くして成功したという成功体験がないため、やりつくすことの意味をつかんでいません。
当然、潜在意識の中にも「やり尽くしたい」という願望がしませんから、何事も中途半端に終わるのです。
始末の悪いことに、意味をつかんでいませんから、
「中途半端で何が悪いのだろうか」という程度の認識しかできません。

 

やりつくすということは、その時その時で最高の満足感を得ることです。
心の底から自分を褒めてください。こうした体験は、ことのほか重要です。
やりつくした結果、自分に深く満足する記憶は、やがて潜在意識として
自分を突き動かすようになっていきます。

 

そして、どんなに困難な場面に直面しても、「オレはできる」とワクワクして
取り組むようになるでしょう。
つまり、やりつくして成功した成功体験は、自分に対する揺るぎない自信の源になるのです。
仮にやりつくす対象が仕事だけだとすると、これまで中途半端だった人がいきなりがむしゃらにやりつくすというのは、
おそらく難しいことだと思います。

 

しかし、やりつくす体験は、仕事に限らなくてはならない理由はありません。
金川顕教は、自分が好きな遊びでもいいと思っています。がむしゃらに遊んでやりつくした体験も、自信の源になり、
結果的に仕事でも活かせるようになるからです。
遊びと仕事を含め、両方をやりつくすと、
やりつくすことに対する考え方ややり方がバランスよく身につきます。

 

例えば、自分が好きな遊びをやりつくし、
その部分の喫水線を上げてやると、仕事などの領域もすべて喫水線が上がってくるようになります。
すべての領域の喫水線が上がっていくことによって、
目いっぱい取り組むことのできない領域はなくなり、あらゆる領域で苦手意識が消えていくでしょう。

 

それが、揺るぎない自信を得た自分になるということです。
自信でみなぎった自分を取り戻すために、どんどんやりつくしてください。
それにはまず、中途半端はやめると自分に誓ってください。

金川顕教

簡単に運気をアップさせる方法

運がいい人の心理学的な特徴は、外向性と開放性が高いこと、
そして神経症的傾向が低いこと、であると言われています。
わかりやすくいうと、チャレンジ精神があって新しいものに飛びつくのが早く、
メンタルが強いということです。

 

外向的な人は、いろいろな人と会ってコミュニケーションをとったりすることによって、
人間のネットワークを作っておくことができます。誰かがチャンスを見つけたら、
このネットワークを通じて自分のところにチャンスが回ってくるのです。

 

開放性が高い人は、新しいものに飛びつくスピードが早く、普通の人が手を出さないようなものにも手を出すので、
チャンスを1番乗りでつかめる可能性が高いです。もちろん、その分失敗もあるでしょう。
しかし、神経症的傾向が低い、つまりメンタルが強い人は、失敗してもすぐに次に手を出すことができ、試行回数が増えます。
だから成功する可能性も高くなるのです。これが、運がいい人の特徴です。

 

では、こうした性格を持っていない人は、一生運が悪い人生を送らなくてはいけないのでしょうか?
いやいや、そんなことはありません。
性格が違っていても、外向性と開放性が高く、神経症的傾向が低い人の行動をマネすればいいのです。
金川顕教は常々成功者のマネをすることが成功への近道だと言っていますが、これも同じです。
積極的に人とつながり、新しいものに飛びつき、失敗しても繰り返しチャレンジすれば、幸運はつかめるのです。

 

カフェに誰でも知っている有名人に座ってもらい、被験者が気付くかどうかという実験を試すと、
自分は運がいいと思っている人ほど気付く傾向にあると言います。金川顕教も速攻で見つけられると思います。
また、こういう人はためらわずに有名人に挨拶をするということもわかりました。
人間関係に恵まれ、次々とチャンスをつかむ人と、そうでない人の差は、
実際にどんな人に会っているかどうか以上に、出会いに気づいているかどうか、
気づいた時に声をかけるかどうか、といったことが重要なのです。

 

運がいい人は洞察力に優れ、チャンスを見逃しません。
常に”チャンスはそこら中に転がっている”と言う認識で生活するだけで、
出会いの質と量は変わってきます。

 

行動を伴わない期待ほどムダなものはありません。
行動もせずに幸運を期待するのは、畑に種をまかずに、芽が出てくるのを待っているのと同じくらいムダな行為です。
結局のところ、幸運を手に入れた人というのは、種を多くまいただけなのです。
幸運の種をまくつもりで、まずは行動してみてください。

金川顕教

収入を増やす一歩、セミナーに参加しよう

学びの場はたくさんあります。
スクールに通う、通信教育、インターネットによる学習、スカイプなどによるマンツーマン学習、
マルチメディア時代ですから勉強方法もさまざまです。

 

もちろんどの学習方法にもそれぞれメリット、デメリットがあります。
だから、どれを選ぶのかはあなたの自由なのですが、
金川顕教の経験から言えば、セミナーに参加することがもっともおすすめの勉強方法です。

 

スクールは人数が多すぎるので個が埋没してしまい、講師との関わりも希薄になりがちです。
通信教育やスカイプなどはどれもノンヒューマンです。
リアルな接触ではないことから、リアルな人間関係は期待できません。

 

セミナーはひとりから十数人という規模が多く、
この規模だと、講師だけではなく一緒に学ぶ人とも距離が近く、
一体感が生まれるので、一気に親しくなれるのです。
金川顕教のセミナーでも生徒同士が初対面でつながることがあります。

 

金八先生みたいなことを言いますが、
“人間”は人の間と書くくらいですから、人との関わり合いによって刺激を受けたり、
背中を押されたりする生き物です。
セミナーに行くと、さまざまな人と出会えてとても刺激的ですよ。

 

バリバリの起業家もいれば、サラリーマンというポジションから抜け出すために
一生懸命頑張っている人、はたまた定年退職したような方まで、実にさまざまな人がいますが、
そのセミナーのテーマに興味を持ったという点は、全員に共通しています。

 

そこで得る刺激や情報は、その後の学びを進める最高の道標になります。
金川顕教の今があるのも、あるセミナーに足を運んだのが始まりです。
当時はまさに目から鱗というような感じで衝撃を受けたのをよく覚えています。

 

「どのセミナーに参加すればいいのかわからない」「なんか危ないセミナーだったら怖い」
「おすすめのセミナーはありますか?」なんていう質問を結構いただきますが、
ずばり、自分が行きたいと直感したセミナーに行くのが1番いいです。
これもいいなあれもいいなと延々見ていたら結局行かなくなってしまう可能性もあります。
ビビッときたものに行けばいいのです。

 

それでも迷うようであれば、金川顕教のセミナーに来てくださいね。
セミナー日程はこのブログのトップページにある”セミナー”からチェックしてみてください。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。