金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

カリスマ起業家の共通点〜話し方〜

一流のリーダーたちの中でも特に成功している人は
話し方が魅力的だという共通点があります。

 

スティーブジョブズやオバマ前大統領、
ミャンマーの指導者アウンサンスーチーは
話す能力に長けていると言われている。

 

金川顕教もまた、話し方に関してお褒めの言葉をいただく機会が多い。
純粋に嬉しく思っています。

 

話し方が魅力的な人は、
どんな時でもあくまで悠然と、威風堂々たる様子で話している。

 

単にいい声という声の質の問題にとどまらず、
自信や威厳、正直さ、誠実さ、リーダーシップなどに関して
非常に多くの情報を相手に与えるのです。

 

実際に成功者と話してみると、
声に自信や威厳、正直さ、誠実さが満ち溢れています。
そして何より、余裕があるのです。

 

「声は人格をあらわす」というのは多くのケースで本当である。

 

某Gではじまる世界的多国籍企業の幹部養成トレーニングにも
「Executive Pres-ence(幹部っぽい雰囲気)の出し方」というセッションがありますが、
そこで学ぶこと、それは「話し方」なのです。

 

自分の声を録音して聞くと違和感ありませんか?
自分の声は、自分の頭蓋骨や脳を伝わって聞こえるので、
他人が聞くあなたの声とは違って聞こえるのです。

 

これに対してアナウンサーは、
自分の声と話し方を常に客観的にチェックしているので、
声も話し方も魅力的に研ぎ澄まされていくのです。

 

金川顕教も、元々は人前で話すことが得意ではありませんでした。
セミナーをやるにあたってスクールに通い、
実際にセミナーを開催し、動画を撮影し、
話し方が研ぎ澄まされてきたことを実感することができました。

 

また、いい話し方には「ボディーランゲージ」も重要です。
スタンフォードMBAの講義の中でも論じられていましたが、
体を縮込めるのではなく、胸を張り、背筋を伸ばし、
開放的に体を体を広げて話すのです。
すると、実際に積極性などをつかさどる「テストステロン」などの
脳内ホルモンバランスが劇的に変化し、
自信に大きな影響を及ぼすのです。

 

話し方とボディーランゲージがしっかりしていれば、
内容がいまいちでも聞いてもらえるのです。
いや、聞いてもらえるどころか過大評価すらしてもらえるのです。

成功者の共通点はメールの返信が早いこと

仕事ができる人のメールの特徴は、
なんといっても返信が早いことである。

 

金川顕教も、何か別の作業をしていようがしていまいが、
メールを受信したらその場で即返信しています。

 

仮に忙しくてすぐに返信できない場合でも、
「メールありがとうございます。○○時(日)までに返信します」と、
いつ返信するのかを伝えるようにしています。

 

メールの返信が遅いと、相手から「軽視されているのか」と不信が募るものですし、
返信がないと、「失礼な人だな」という印象が残り、
たかがメール一通で、相手に対する感情や評価を大きく左右することになります。

 

とりわけメールの相手が上司や年長者の場合、
憎悪を燃え上がらせることは少なくない。

 

それからビジネスでもプライベートでも、人と会ったあとは、
「今日はありがとうございました」と相手が送ってくる前に
こちらから送るのが望ましいです。

 

「お礼の賞味期限は短い」とはよく言ったものである。
できれば会ってすぐ、遅くても翌日までに「取り急ぎお礼まで」と送るだけで、
メールの威力は格段にアップします。

 

もし、人に会った後にお礼のメールを先にいただいてしまったら、
次回はこちらから送れるようにしたいですね。

 

メールを返信する早さで、仕事の能力が判断される?

 

たかがメールの返信くらいで、と思ってはいけません。
これは一事が万事で「今できる事はすぐ片付ける」習慣の有無が、
メールの返信スピードひとつに如実に反映されるのです。

 

メールの返信が遅い人は、仕事の進捗もたいてい遅く、デッドラインも破りがちで、
どんな仕事でも後回しにする習性があります。

 

メールの返信が早い人は、何かと集中力や責任感があり、重要な仕事を任され、
相手の気持ちを汲んで仕事ができているのです。

 

メール一通で仕事の能力が想像されてしまうのです。

 

もし、未返信のままのメールがあるなら、
今すぐ返信してください。

 

メールを瞬時に返すことには、仕事を後回しにしない自制心、
仕事を締め切り寸前ではなく前倒しで行う自己規律、
そして、相手への敬意や有無など、
仕事の生産性の高さにまつわるすべてがあらわれてしまうのである。

お金持ちになるにはチームで稼ぐ必要がある

仕事をやる以上は、絶対に報酬がなければいけません。
そこをなあなあにして、知り合い同士の付き合いだからと
安易に引き受けることは避けなければいけません。

 

自分の貴重な時間が失われるだけではなく、仕事の質自体も低くなってしまいます。
仕事を発注した人も、仕事を受けた人も、無駄な時間と労力を割いてしまうだけです。

 

報酬をしっかりさせておくことはとても大切です。
仕事を発注した人も受注した人も、同様にプロとして接することができると、
やはりいい仕事を効率的に行うことができます。

 

金川顕教の著書のなかで、
年収300万円、年収1000万円、年収1億円、
それぞれの行動パターンを比べていますが、
年収300万円の人と年収1000万円の人の違いは、
おそらくその意識やこだわりの違いでしょう。

 

さて、年収1億円の人は、仕事を発注することが多い人です。

 

金川顕教の場合、いずれは発注することになることを見据えたうえで、
全ての仕事を必ず自分でやっておくことにしていました。
全ての仕事をまずは自分でやってみて、どんな仕事ならアウトソーシングできるのかを
自分で見極めていたのです。

 

そこで気が付いたことは、仕事という経験は、報酬だけで測れるものではないということです。
報酬を高く設定して質の高い仕事をお願いすることも大事ですが、
それ以上に大事なのは、仕事を通じて得るノウハウです。
このことに気が付くことができれば、仕事の発注も的確に行えるようになります。

 

年収1億円の人は、仕事の報酬が金額だけではないことをよく知っています。
金額というのは基本的には一時期的なものですし、相場のようなものでしかありません。
しかし、その仕事を通じて得ることのできる知識やノウハウは、その後もずっと使うことができるものです。

 

仕事の発注者と受注者の間にある関係性を重視していけば、必ず、一時的な報酬の額よりも、
そのノウハウを使って次に何ができるのかを考えていくことにもつながっていきます。

 

ビジネスを大きく育てていくことは、人間関係や、人のスキルを育てていくことでもあります。
ひとりだけで稼ぐのではなく、チームで稼ぐというのは、
ここでもとても重要な意味を持っているのです。

12,879人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。