金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

人生を変える働き方

あなたは何のために働いていますか?

その目的を自分でわかっていないと、
ただ我慢するために働くことになります。
なぜ我慢するのかというと、
20万円もらって生きるため・・・。

 

本当にそれでいいんですか?

 

金川顕教は「みんな我慢して働いているんだから
自分もそれをやるしかない」と思っている人に、
それじゃダメだってことに気づいてほしいです。

 

仕事をする目的は人それぞれです。
本当にこの仕事がしたいから、
収入が低くてもやる。
または自己成長のため、欲しいものを買うため、
家族を養うため。あるいはその全部とか。

 

目的をはっきりさせたうえで、
今いる職場で目的を達成できるかどうかが問題です。
ムリだってなったら、選択肢がある中でどれを選ぶのか。

 

まずはこういう風に
自分の現状を分析してください。

ここでは、
目的を「収入を上げること」として説明していきます。
二人の青年がいたとします。

 

A君は有名なコンビニエンスストアのアルバイト店員。
B君は不動産の歩合営業です。

 

二人とも真面目でバリバリ働いています。
しかしA君はいくら働いても収入が上がりません。
社員になって店長になって、
仮にその店舗がすごい売上を叩き出したとしても、
多分年収は1000万円に届かないでしょう。

 

なぜなら昇給制の仕事だからです。

 

一方、B君は頑張ったらその分歩合で年収が上がります。
年収を上げたいなら、
そもそもそこで戦って
年収が伸びるのか、伸びないのかを
最初に検討しなければいけません。

 

会社員の場合は、昇給の制度、社員の平均年収、
役員報酬など調べればわかりますよね。
その会社で収入を上げることができないとわかったら、
選択肢は2つです。

 

ひとつ目は今すぐ辞めて転職すること。
ただし、転職してまた報われないところに入ったら意味がないので、
会社の知名度や肩書に惑わされず、
ちゃんと実力に見合ったフィーが発生するところを選んでください。

 

昇給しても給料なんかそれほど上がりません。
ほとんどの人が報われない、
それが今の日本のサラリーマンです。

 

年収1000万円超えを達成できるのは、
現実的には、一部の限られた人たちだけです。
もともと超いい会社に入っているとか、
医者や弁護士など超難関の資格を持っているとか、
歩合の会社で超成績がいいとか。

 

しかし、今このブログを読んでいるあなたは多分そうではなく、
普通のサラリーマンかまだ学生でしょう。
そういう人は、ビジネスするか投資するしかありません。
これが二つ目の選択肢です。

 

でも安心してください。
金川顕教は今すぐ会社を辞めろと言っている訳ではありません。
あなたが会社員でも学生でも、
サイドビジネスという道があります。

 

これからは我慢ではなく、
ワクワクしながらやっていきましょう。

金川顕教

ビジネスは毎日がチャンス!

試験は一度きりですが、ビジネスは毎日するものです。
売れなかったらすぐに改善策を取れます。
「毎日がチャンス!」なのです。

 

うまくいかない問題点はなんでしょう。
人に会う回数が少ないのかもしれないし、
話し方が効果的でないのかもしれません。
もしかすると外見に清潔感が足りないのかもしれません。

 

原因がわかったら、
またチャレンジすればいいんです。
毎日チャンスが訪れますから、
いつかは売れます。

 

悩みを解決するためにとる行動は、
すべて自己成長につながります。
もっと知識を増やしたい、
英語を話せるようになりたい、
文章を書けるようになりたい・・・
そういったことをみんな克服していったら、
あなた自身がとても成長できます。

 

どんなビジネスを始めるかについては、
基本的には好きなこと、
やりたいことをやればいい。
いま持っているスキルを使ってもいいし、
稼ぎやすいものを選んでもいい。
答えはないのです。

 

とりあえずその道の成功者に聞いて、
入念にリサーチしてから始めることを
金川顕教はおすすめします。

 

ここでポイントになるのは、
相手が興味を持っているもので、
みんなが詳しくないものを見抜くこと。

 

例えば、いつの時代にも不動産取引は需要があります。
顧客は高額な不動産を売買するのですから、
自分なりにある程度勉強し、
知識をつけています。

 

その顧客よりも幅広い知識と
高いスキルを持っている人がいたら、
とても信頼され、重宝されるでしょう。

 

それに対して、
ホワイトボードのマーカーにはそこまで知識を必要としません。
100円ショップで手軽に買えるものです。
あなたがホワイトボードのマーカーに並々ならぬ知識があっても、
需要はありません。

 

つまり、あなたのやりたいことが多くの人に求められていない場合は、
多くの人が求めていることを先にやって、
それから本当にやりたいことを始めるのも、
結果が出やすい方法と言えます。

金川顕教

ためになる話、「お金を稼ぐ」ということの3つのパターン

あなたにとって”お金を稼ぐ”とは、
どんなイメージでしょうか?
人によってお金を稼ぐというイメージは、
金額も捉え方も大きく違います。

 

まず大きく世の中を見たときに、
3パターンの分類があります。
ここではわかりやすく「貧乏・普通・金持ち」
に振り分けてみたいと思います。

 

年収から見た3つの分類
①貧乏→年収300万以下
②普通→年収300~1000万
③お金持ち→1000万以上

異論があるでしょうが、
あくまでも”お金を稼ぐ”という観点からみて、
便宜上分類したものです。

 

決して「年収=人間性」だと
捉えているわけではありません。

 

さて、今のあなたはどこのカテゴリーに属していますか?
そしてなぜあなたはそのカテゴリーにいるのでしょうか。
金川顕教は同じカテゴリーに属する人たちには、
考え方や行動の共通点があることに気づきました。

 

そこでカテゴリーごとに見た、
お金を稼ぐということのイメージを
分析してみました。

 

①貧乏
年収が300万前後の人に多い稼ぎ方の特徴として挙げられるのが、
「安い時給×時間」という方程式。
自分の時給が固定しているという考え方で止まっているため
「お金を稼ぐためにはそのぶんたくさん時間を使って働く」
という思考を持っています。

②普通
次の年収300~1000万くらい稼ぐ人になると、
少し意識が異なってきます。
会社に勤めている場合はある程度高い給料で働いている層ですし、
自分の価値提供と引き換えに対価を得るようになります。

③お金持ち
そして最後にお金持ちの人。
他のカテゴリーとは大きく異なる捉え方をしているのが
「時間が最大の価値」だということです。

 

時間数のかけ算をしてお金を計算しているのではなく、
時間の価値を理解しています。
つまり費用対効果の意識が非常に強く、
自分が稼働している時間がいくらになっているのかが最大のポイント。

 

天井が決まった時給をかけ算式で積み重ねていくのではなく、
自分の価値を高めることに注力することで
短い時間でも大きな収入を得ることができるのです。

 

月に100時間働くかわりに
月収100万を得ている人もいれば、
1日1時間働いて「時給100万」を実現する人など
個人の価値観はバラバラ。

 

しかし共通して言えるのは、
決められた時間枠の中で仕事をするのではなく、
自分の価値を高めているかという部分が
分かれ道になっているということです。

 

この3つのカテゴリーを比較してみたときの決定的な違い、
それは①に所属する多くの人が、
自分の価値に気づいていないということ。

 

“安い時給で働くのが当たり前”
だと思い込んでいませんか?

②に属していたとしても、
会社で決められた給料が自分の限界だと
思っていませんか?

 

自分の可能性を決めるのは、
自分自身であり他人ではありません。
「貧乏」や「普通」というカテゴリーから
「お金持ち」へのステップに移るためには、
自分の価値に気づくことがスタートであり、
そして自分の可能性を認めてあげることが近道です。

 

まずは自分が時給いくらの人間なのかを考えてみましょう。
自分お「強み」を身につけて価値を上げることに
シフトチェンジしてみてください。

 

最初は自分のスキルを身につけるというところから始まります。
そして自分で月利をどんどん上げることができるようになったら、
それを人に任せてしまうということも視野に入れることが可能です。

 

金川顕教の知人には
自分がしていた作業を全て他人に任せている人がいます。
指示を出したり、連絡のやり取りをするのですら外注しています。

 

その人にとっては大きな利益を上げることよりも
「時間があること」「自由であること」が重要だからです。

 

100時間働いて月収100万円ではなく、
50時間働いて70万の利益を得るほうが時給は高い、
そういう考え方です。

 

技術やスキルを身につけて、
最終的にどんなスタイルでお金を稼いでいくのかはあなた次第。
いずれにしても、選択肢の幅を広げるためには
自分の価値に気づくかどうかなのです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。