金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ためになる話~統計学で物事を考える視点を持て~

ビジネスは結局、数字。
数字を分析できるスキルはとても重要です。

 

時代が変わって稼げなくなった時に、
じゃあどんな人が稼いでいるのかということを分析する力です。

 

世の中全体を見渡して、
いまはこういう仕事が世間で受け入れられていて、
その仕事をやっている人にはこんなスキルがあって、
これぐらい稼いでいるのだと、
見極める力が大切になってきます。

 

あなたにはそんな力がありますか?
たとえばみなさんが就職活動中の大学生だとしたら、
どこの会社に入れば給料が高いのか考えるでしょう。
大企業に入社できれば安泰ですが、
希望の会社に入れる人ばかりではないでしょう。

 

必要なのは数字的に分析できる力を養っておくこと。
これから伸びる業種を見極める力が大切。
そのためには日ごろから数字に触れ、
ビジネスの数字について考えられるようにしておきましょう。

 

20代の平均年収は370万円から380万円。
30代40代となっても平均年収は450万円。
でも公認会計士試験に合格すると、年収は600万円。
金川顕教はそれを知って、公認会計士を目指しました。

 

普通の会社員が20年働いてようやく年収450万円になるのに、
2年か3年真剣に勉強して公認会計士になれば、年収600万円になる。
そういうことをあらかじめ知ったうえでスタートしたのです。

 

さらにパブリックスピーキングという技法を
マスターしたことでセミナーの依頼が相次ぎ、
1億円稼げるようになりました。

 

パブリックスピーキングの勉強をするのに
かかった金額が50万円。
それだけ出費してもマスターすべきだと考え、
金川顕教は自分の将来に投資したのです。

金川顕教

成功において必要な選択と集中

あなたがビジネスで成功したいなら、
何かひとつのことに集中して稼いだほうがいいです。

 

成功において大事なことは次の2つです。

①選択すること
②集中すること

ビジネスにかかわらずですが、
世の中にはたくさんの選択肢があります。
その中でまずは自分がどれを選択するのか?

 

そしてそれを決めたらとことん集中すること。
やると決めたら突き通しましょう。

 

ある程度利益が出始めると、
ビジネス資金もあるのでアレコレとやりたくなります。
その気持ちは金川顕教にもわかります。

 

しかしそこで手広くやるより、
ひとつのビジネスモデルを軸にして、
そこに少しの工夫をプラスしたほうが
さらなる利益が上がりやすいと言われています。

 

金川顕教の場合は、
当面は出版に力を入れたいです。
どんどん本を出していきたいと思っています。

 

本業からはずれることなく、
新たなアプローチをしてみるのです。

 

「凡事徹底」という言葉がありますがまさにその通り。
これは、誰でもできる簡単なことを、
誰にでもはできないレベルで徹底的にやるという意味です。

 

世の中の成功者と呼ばれる方のほとんどは、
何らかの形で「凡事徹底」を実践しています。

 

例えば、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎さんは
10年間トイレ掃除をし続けました。

 

イチロー選手は「小さいことを重ねることが、
とんでもないところに行くただ一つの道だ」と
1日たった10分の素振りを
365日続けることの重要性を説いています。

 

他人よりも集中して、徹底的にやれば、結果に差が出ます。
ビジネスが軌道に乗り出したときこそ気を引き締めて、
ひとつのことを凡事徹底してください。

金川顕教

成功者になりたかったら成功者の知恵に学べ

いま、何をしたらいいのか。
あなたは何もしないままあたふたしているかもしれません。
あるいは念密な計画を練っているかもしれません。

 

でもそれじゃあ成功者にはなれない。
あなたが本気で成功者になりたいなら
いますぐ動きましょう。

 

とりあえず金川顕教が伝えていることを見切り発車でいいから、
ひとつでもいいから、バンバン量をこなしていってください。

で、失敗する。
壁にぶち当たった時に反省して改善する。
そうやって前に進んでいくしかありません。

 

大学時代、金川顕教は安定した収入を得るために、
公認会計士を目指しました。
一番楽しいはずの大学生時代に
朝6時から深夜まで勉強をやり続けること3年半。
それでようやく試験に合格できました。

 

でもいま思うと、話すスキルを上げるための勉強をするとか、
インターネットのマーケティングを学ぶとか、
文章を書くスキルを上げるとか、
そういうことを3年半勉強した方がよかったのではないか、
と思ってしまいます。

 

そのとき、超お金持ちの知り合いに
「私は将来的に億を稼ぎたいんですが、
公認会計士試験を目指したほうがいいですか?」と聞いたら、
おそらく「やめたほうがいい」と言われたことでしょう。

 

金川顕教のところにも
「公認会計士を目指したいです」
と相談しに来る人がいますが、
全力で「やめたほうがいいよ」と止めています。

 

「稼ぎたいのなら、やめたほうがいい」と。
いますぐに稼ぎたいのなら、会社を辞めるのが一番正しい。
なぜなら時間ができるから。

 

「本当に稼ぎたいんだったら、
一番時間を奪われている会社員を辞めるのが一番いい」
金川顕教の知人の成功者たちもみんなそう言います。

 

とはいえ「会社員を辞めなさい」と言われても、
ほとんどの人は辞めません。
収入源がなくなるのは確かに不安です。
その気持ちはとてもよくわかります。

 

ところが、「わかりました」とパッと辞められる人もいます。
それだけ覚悟と意志が強いということ。
うまくいくのは大抵そういう人なのです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。