金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

メモもスケジュールもグーグルに一括集約

金川顕教はメモもスケジュールも
グーグルに一括集約しています。

 

特別なソフトやアプリを
使うことはありません。

 

メモはグーグルのメモ機能。
ワードなどのソフトをを立ち上げるよりも
このほうが速いからです。

 

ワードの書類は1回閉じたり開いたり
といった操作が必要ですが、
メモだと最初から画面が開いていて、
入力や検索がすぐできるのがいいところです。

 

例えば、打ち合わせのときなどタイトルだけつけて、
すぐにこれでメモします。

 

後で調べるときも、
検索すれば必要なものがすぐに出てきます。
スマホとパソコンで同じ内容が見られるので、
基本的にはここに情報をすべて集約し
蓄積するイメージです。

 

また、手帳の代わりとして、
スケジュールはグーグルカレンダーで管理しています。

 

これなら通勤や移動時間の中で、
さっと予定を入れたりチェックできるため、
スケジュール管理も時間を取らなくてすみます。

 

これはもう常識ですが、
営業職などで頻繁に外出する人であれば、
予定のメモ欄に移動先の住所をコピペしておけば、
グーグルマップで場所もすぐ確認できます。

 

そもそもアポをメールでやり取りすることも多いので、
メモ欄にメール内容をコピーしておけば、
間違いありません。

 

メールをプリントしたり、
予定と住所を手帳に書き写したりしていては、
場所を探すのにも時間を取られます。

 

プリントまでしなくても、
メールを探すのも時間の無駄なので、
グーグルカレンダーに最初から
集約しておくといいでしょう。

金川顕教

成功者の思考を手に入れる方法

どうしたら自分のコンフォートゾーンを
変えることができるのでしょうか?

 

方法は二種類あります。
ひとつは、環境を変えること。
自分が理想とする成功者の仲間に入れてもらい、
同じ行動をし、同じ思考を手に入れることです。

 

成功者と同じ行動を繰り返すことで、
成功者に近しい思考を手に入れるのです。

 

もうひとつの方法は「セルフトーク」の実践です。
これは、いうなれば「自分自身と頭の中で会話すること」です。
ひとつのテーマに対して自問自答を繰り返して、
頭の中で自分の理想とするコンフォートゾーンを
作り上げていくというものです。

 

「一人で会話するなんて、効果があるのか」
と思われるかもしれませんが、
実は人間は1日に4万回ほど
自分自身と会話をしているという研究データがあります。

 

「もし、自分が成功している人だったら、
この場合はどう行動するだろうか」
「この行動は、成功者として正しいのだろうか」
などと、自分自身との会話の方向性や内容を
うまくコントロールすることで、コンフォートゾーンや
自分のなかの常識を変えていくことができるのです。

 

もちろん、誰にも頼らず、
自分一人でやらなければならないため、
それなりの気合や覚悟は必要です。

 

最初は、「その日に食べる食事のメニュー」から
「駅まで行くときのルート」など、細かい行動ひとつひとつに
セルフトークで自問自答していくといいでしょう。

 

「成功者ならこういう行動をとるだろう」
「こういう考え方をするだろう」という
常識が自然と身についてくれば、
わざわざ自問自答しなくても、
脳が自然と適応して、行動につながっていくはずです。

 

自分の行動ひとつひとつに問いかけをしなくなったころには、
あなたの脳や行動はすでに成功者のものになっているはず。

 

自分のなかの価値観の軌道を変え、
思考や習慣を自分でコントロールし、
あたりまえだと思うようになるまで、
ぜひ挑戦してみてください。

 

なお、環境を変えることと、
セルフトークを実践することを同時にやると
相乗効果が生まれるので、早く成果が出ます。

 

理想的なのは、成功者たちに囲まれつつ
その人たちの常識を体得し、
セルフトークで自分の行動や思考に落とし込んでいくというもの。
ぜひ、実践してみてください。

金川顕教

お金持ちとそうでない人は根本的な心構えが違う

「成功する」イコール
「人生の勝ち組になる」。

 

そう捉える方が多いのですが、
ただ勝ちに行くだけでは、
起業して成功することはできません。

 

「適切な行動」を「適切な順番」で
行う必要があります。

 

この「賢者の思考」さえ知っておけば、
成功確率を格段に引き上げることが
できるようになるのです。

 

まずはじめに
“お金を稼ぐためのマインド”
からお伝えしていきましょう。

 

ビジネス本や経営者向けのセミナーでは、
具体的なビジネス内容より
「金持ちになるための思考」
が重要視されることが多いようです。

 

そして実際に「金持ち」と呼ばれる人たちに
「成功するために大切なことって何ですか?」と質問すると、
最も多いのが「メンタル面の管理」という回答です。

 

一般の人はメンタル面に目を向けずに
「いますぐに稼ぐ方法が知りたい!」と、
目に見えるものにとらわれがちです。

 

しかし、物の考え方や捉え方などのメンタル部分が
大きく結果を左右すると言われています。

 

では、本当に年収の高い人とそうでない人は
考え方が違うのか、比較してみましょう。

 

ここでは例として、
年収300万の人、年収1000万の人、年収3000万の人で
比べてみたいと思います。

 

●年収別の稼ぎ方の違い

・年収300万→自分の時間と体を使って稼ぐ
・年収1000万→求められた以上の価値を提供して稼ぐ
・年収3000万→仕組みを使って稼ぐ

 

稼ぐ額に差を作る最も大きな要因は、
「お金の稼ぎ方」なのです。

 

たとえば金川顕教の周囲で年収が高い人は、
家事は代行サービスにお願いして、
自分で家事をしないという人が多い。

 

一方、稼ぎが少なければ、
家事は自分でやるのがあたりまえ。
そもそも人に頼むなどという発想自体が生まれません。

 

収入の高い人が家事を代行してもらうことは、
自分の時間を有意義に使うため。

 

けっして贅沢な行為ではありません。
まして自分が楽をするためでもありません。
お金を稼いでいる人と、そうでない人の違いは、
根本的な心構えにあると考えてよいでしょう。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。