金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

成功者は自分のために、自分がより良くなるために時間を使っている

ある朝起きてスマートフォンをチェックすると、
LINEに僕を批判するようなメッセージが届いていました。
寝起きに気分は良くありませんでしたが、
「ああ、またいつものことか」とスルー。

 

批判に対していちいち腹を立てたり、
「もしかして自分は悪く思われているのかな?」
「あの発言がまずかったのかな」
などとへこんだり気にしたりしていたらキリがないし、
何より時間が勿体ないです。

 

それから、たまにこんなメールもきます。
「絶対に金川顕教を追い越してみせます」
「金川さんの意見に対して私はこう思うので、
議論させてください」
などやたらと勝負したがったり議論したがったりする。

 

はっきり言っておきますが、
感情的になる人はうまくいきません。
他人の批判や評論をする時間は、
お互いに不必要な時間です。

 

稼げて自由になるために必要なのは
感情的になることではありません。
目標に向かって改善する努力をすること。
雑念に耳を傾けずに、
少しずつ学びを実践することが大切なのです。

 

また、自分のプライドが高すぎて
自己流でやりたいという人も
成功への道が遠くなるケースが多いです。

 

金川顕教はこれまでの経験を皆さんにお伝えしているだけです。
それなのに「金川さんの言う通りにはしたくない」
「私のやり方も聞いてください」と、
挑発的な意見を突きつけてくる方がいます。

 

そういったプライドは意味がないし、
一度冷静になって見たほうがいいと思います。
何度も言いますが、時間は有限です。
金川顕教の言う通りにしたくないのなら、
セミナーを聞いたりブログを読んだりする時間は無駄。
その時間を自己成長につながるための時間にあてましょう。

 

お金持ちは自分のために、
自分がより良くなるために時間を使います。
自分に対してマイナスに感じることや、
足を引っ張ることに気を取られていても
前に進めないと知っているからです。

 

自分の足を引っ張ろうとする人に時間を使うなら、
自分が向上するようなステップアップする時間を持つこと。
人をマイナスに引きずりこむようなメッセージをわざわざ送る人は、
物理的にも精神的にも豊かではありません。

 

相手にする必要はないのです。
まずはこのことを意識して
メンタルを健全な状態に保ってください。

金川顕教

孤独を愛することができなければお金持ちにはなれない

お金持ちになるなら、皆に愛される人気者、
つまりは周囲との人間関係がうまい人に決まっている、
と考える人は少なくないでしょう。

 

だが、お金を稼ぐ力や仕事の成功は、
群れから離れた人間にならなければ得られません。
もっといえば「孤独を愛せる人」、
「孤独である時間がないと不安になるくらいの人」でなければ、
成功は絶対におぼつかない、と金川顕教は考えています。

 

一般に、特に日本では、
孤独な人を偏屈だとか、
単独で行動する人を協調性がない、
などと批判することが少なくないです。

 

だが、どんな分野でも、
最終的にはたった一人でいる
孤独な時間を積極的に持つような人でなければ、
頂点を極めることはできないものです。

 

イチローは、
もちろんチームの一人としてプレイしているが、
本質的には常に自分と向かい合い、
自分自身と勝負しています。

 

孤独、というより孤高のプレイヤーなのです。
試合の日には、イチローは誰よりも早く球場に現れ、
一人の時間を持ちます。

 

この孤独な時間に、
イチローは自分自身と対峙し、
揺らぐことがない自信を強化しているのだと思います。

 

20代で一生を支える稼ぎ方を身につけてしまおうと決意を固めたら、
他の人がどうだのこうだのなどと、
周りを一切気にしないことが大切です。

 

人は基本的に自分だけの人生を生きています。
どう生きていくかについても最終的には100%、
自己選択・自己責任に委ねられます。

 

わき目をふらずに自分が決めた自分だけの道を突き進んでいく、
それを肯定する自分がいれば、
それでいいのだと、金川顕教は思います。

金川顕教

成功者になりたかったら口を動かすのはやめましょう

どんな分野においても必要になるのが「行動」です。
言葉ではなく、実際に体で示すということが大事になってきます。

 

金川顕教はYouTubeに
どうやったらお金を稼ぐことができるのかを
テーマにした動画を多数アップしていますが、

・来月20万稼ぎます!
・毎日コメントします!
・脱サラするので今週辞表出します!

などとコメントしてくれる人が多いので、
「本当に実行されているのか」と気になって、
その後を追ってみたことがありました。

 

例えば・・・。
「毎日コメントしますと書いてありましたが、
3週間でコメントが止まっていますけど・・・?」
と連絡してみると、
「あ、すみません!」と、
こちらが申し訳なくなるほどびっくりされました。
すっかり忘れていたようです。

 

「辞表を出しますとありましたが、
もう会社は辞めたんですか?」
と尋ねると、
「いえ、辞表も途中まで書いたんですけど、
勇気がなくて結局出せませんでした」と。

 

ここで金川顕教が言いたいのは、
「口を動かすのはもう終わりにしましょう」ということ。
よくセミナーなどでも、
「成果を出せるように、必死に頑張ります!」
と口癖のように言う人がいます。

 

しかし、商売をする立場で利益を上げねばならない状況で、
頑張っているというアピールは誰も必要としていません。
ビジネスにおいて求められているのは、
行動し結果を出すことです。

 

それが一番の信用材料であり、
自分がより豊かになるための近道です。
周囲の人の信頼を得ることは必要ですが、
誰かに聞かせるために頑張るのではなく、
自分のために頑張る。
それを自覚することです。

 

あなたはなぜ成長したいですか?
まずは自らの内面を見つめてみましょう。
自分がお金を稼いで豊かになりたいからですよね?
その目標を達成するためにも、行動あるのみ。
日々、行動を積み重ねていきましょう。

 

結果が出ない人は
「有言実行」ではなく「不言実行」に切り替えること。
「有言実行」という言葉ではなく、
金川顕教は「不言実行」が正しいと思っています。

 

先程お話ししたように、
言葉ではなく「行動」で示してください。
言葉に出してコミットすることが
大事だと思っている人がいるかもしれませんが、
コミットしても実際に行動していない人は多いです。

 

それだったらわざわざ言葉に出して、
「金川さん、半年後までにこれだけ稼ぎます!」
と言うのではなく、
無言で実行して結果を出してもらった方がいいです。

 

ご自身が目標達成して、
「これだけ稼ぎました!」と報告してもらえるほうが
金川顕教はずっと嬉しいです。

金川顕教

ビジネスで成功するためには「粘り強さ」が大切だ

まずは3ヶ月やりましょうという言葉は
ビジネスではよく言われることです。
金川顕教のところに来る人たちを見ていても、
初めの3ヶ月で月収100万円を超える人が多く出ました。

 

人生は一瞬では変わらないのは事実です。
しかし、一瞬で人生の「方向性」が変わることはあります。
マインドが成功したいと変わるその気持ちは一瞬で作られます。

その一瞬から3ヶ月間、
死ぬ気で行動すると、
3ヶ月後に成果が出てくるというわけです。

 

簡単そうにも感じますが、
その「思考が変わる人」は本当に少ないです。
そして行動し始めると、ある程度根性が必要になってきます。
ビジネスに限らず、何か新しいことを始めた場合、
成果が出るまでには根気がいりますよね。
天才的な才能と運を持っている人以外は、
コツコツ努力することが必要です。

 

才能を発揮するのか、根性でコツコツ進むのか。
そんな2つの選択肢を迫られます。
でも、たいていの人は後者です。

才能がある人などほとんどいません。
才能は芽生えるものではなく、作るものです。
才能があると言われている人は、
見えないところで努力している場合がほとんどです。
そもそもビジネスは泥臭いものです。
成功するための近道はありません。

 

金川顕教がビジネスに取り組む中で、
とても重要視していることがあります。
それは「みんなが頑張っていない時に頑張る」こと。

 

普通の人は普通のことしかやってないから、
結果も普通なのです。
つまり、普通の人と差をつけたいのであれば
人並み以上の勉強をしなければいけません。

 

勉強というと難しく聞こえるかもしれませんが、
要するにみんなが遊んでいる時に、
将来に向かっての自己投資に時間を使うということ。

 

そもそも「自分でお金を稼ぐ!」という意識の人が少ないので、
そこから抜け出し、一歩踏み出して
新しいジャンルの勉強を始めることが大切です。

 

1日でも早いうちに行動に移せば、
おのずと結果も出るのが早いという、
実に単純な仕組みです。

 

実は昔、金川顕教にはコンプレックスがありました。
2年浪人しているというコンプレックス。
そして、親が離婚しているので片親だと就職や結婚の時に
不利かもしれないというコンプレックスです。

でも、コツコツと努力を重ね、
成功体験を積むことによって、
お金を稼ぐことに学歴や家庭環境などは
関係ないと気づきました。

地道に何もないところから歩き出したおかげで、
たどりつけた答えだと思っています。

 

もしあなたが何かコンプレックスのせいで
前に進めていないとするならば、
コンプレックスとお金持ちになることは関係ない、
ということをしっかり心に留めてください。

 

自分が稼げるようになっていけば、
コンプレックスなど自然と忘れてしまうと思います。
まずは、自分を信じてコツコツとビジネスを作り上げていきましょう。

 

「諦めずに努力する」というと、
いかにもベタな表現に聞こえるかもしれませんが、
やはりこれはすべてにおける基本です。

 

たまにコンサル生から
「どうやったら早く上達しますか?」
「うまく話せるコツってなんですか?」
と、近道を探すような質問をされることがあります。

こんなことを言ったら身も蓋もないかもしれませんが、
正直申し上げてそんな魔法のような方法はありません。
金川顕教自信もコツコツと、失敗もしながら工夫して
ビジネスや投資に取り組んできました。

 

金川顕教が言えるのは、
失敗して足が止まってしまうというのが、
一番もったいないということです。

 

初めからすべて完璧にこなすことができないのは当たり前で、
失敗したとしても何度もやり直して
最終的に回収していけるスタイルに持っていく
「粘り強さ」が大切だと感じています。

金川顕教

今より年収を上げるなら、”普通の人”だけをターゲットにするな

ある億万長者の人と話していたときのことです。
彼は、「新幹線の乗客を見てごらん。
世の中には3種類の人間しかいないだろう」
と言いました。

グリーン車に乗る人、指定席に座る人、自由席を使う人です。
「もし儲けるとしたら、金川君はどこをターゲットにする?」
と聞かれました。

 

もしこの質問をされたのがあなただったら、
なんて答えますか?

 

金川顕教は、
「指定席に座る人ですか?」
と答えました。

 

ニッチなところを攻めるよりも、
一番人口の多いところに売るほうが稼げると思って、
こう答えました。

すると、彼は
「違う。全員がターゲットだよ」
と言いました。

 

金川顕教にとってのビジネスは、
お客さんの悩みを解決することで、
商品は、お客さんが悩みを解決して
満足してもらうためのツールです。

 

ですから、
自由席を使う人、指定席に座る人、グリーン車に乗る人、
それぞれに合わせたツールを用意するといいと思います。

 

自由席を使う人には、
分割で少額払いができるものを継続的にコツコツと提供する。
指定席に座る人には、物販と情報発信のスクールです。
金川顕教の業績の中でも、これが一番売れています。

 

では、グリーン車に乗る人には何を売ればいいのでしょうか。
大多数の日本人は、不動産、保険、車、教育にお金をかけています。
そこで金川顕教は不動産の紹介もやっています。

 

みなさんに覚えておいてほしいのは、
稼ぎたいならターゲット層を広く持つということです。

 

いろいろな人たちが何に悩んでいるかをリサーチして、
各層のお客さんの悩みを解決できる手段のバリエーションを
増やしていくといいと思います。

金川顕教

1 2 3 55

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。