金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

クレジットカード一枚で月給を上げる

世の中にはお得なものって多いですよね。
何か買い物をすればいろんなところからポイントが付いてきて、
何だか得した気分になります。

 

でもその一方で、使わないまま放置しているポイントだってたくさんあります。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中で、
年収別に行動パターンを比べています。

 

年収300万円の人は、何か節約の足しになるかもしれないと思って
ポイントカードをたくさん用意しますが、管理しきれるわけがありません。
すぐにやめましょう。

 

年収1000万円の人は、クレジットカードを使い分けて賢く買い物をすることを心掛けています。
ポイントはクレジットカードにつくものに集中させたりしながら、現金と数枚のクレジットカードを組み合わせて、
支払い方法を管理します。

 

でも、年収1億円の人は、支払いの選択という判断の時間を必要ないと思っています。
支払い方法は常にひとつ。一枚のクレジットカードです。
金川顕教的には財布は要らないと思っています。そして、現金も要りません。

 

みんな、現金で支払う発想に慣れ過ぎていますが、
現金を持ち歩くことによる時間や労力のムダは結構なロスだと思っています。

 

まず、現金を持とうと思うとどんなに時間を短縮しても、
「ATMのあるところに行くまでの時間」と「ATM操作にかかる時間」がかかってしまいます。
それに加えて、会計時の細かいお金のやり取りも、結構もったいないですよね。
まず、財布を取り出して、その中から現金を取り出して、
お金を数えて渡して、お釣りを受け取って、財布をしまう・・・。

 

作業を文章にしたら、思った以上にたくさんの工程がありましたね。
時間の短縮に一番効果的なのは、まず現金を持たないことです。

 

それからもうひとつ、クレジットカード一枚で全ての支払いをするのには重要な理由があります。
一言でいえば「無駄な判断はしない」ということなんです。

 

人間は、一日に判断できる量が決まっていると言われています。
判断って、重要な判断でも些細な判断でも、頭の労力はそれほど変わらなくて、
結構疲れてしまうものなんだそうです。
だとすれば、判断すべきなのは重要なものに絞って、
それ以外はほとんど考えずに済むようなものにしなければいけません。

 

スティーヴ・ジョブズがいつも同じ服を着ていたのは有名ですが、
いつでも重要な判断が下せるようなコンディションを保つことはすごく重要なんです。

プラス思考になることが金持ちになる方法である

常にマイナス思考の人がいます。
新しい機会を得ても、「時間がない」、「できない」といった発言をします。
そう考えてしまうのは、新しいことを始めることが不安だからなんですね。

 

彼らが最初に考えることは「できない理由」。
「自分なんかが本当に稼げるのだろうか?」「いや難しいだろう」と、
行動を始める前に自分で結論づけてしまいます。

 

頭で冷静に出した結論というよりも、不安をどうにかして消そうと考えた結論です。
不安になるのは新しいことを始めようとしているから→新しいことを始めなければ不安にならない→
新しいことを始められない理由を考える、という流れに持っていくように、
最初から考えてしまっているのです。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中では、
年収別に行動パターンを比べています。

 

年収1000万円稼ぐ人は、このようなことはせずに冷静に判断しようとします。
初めからマイナス思考なわけではないので、可能性もリスクも客観的に導き出そうとします。
新しいことをやった時の可能性やリスクを、やらない場合の可能性やリスクと比べようとしているのです。

 

しかし、最終的にやることは、可能性の比較ではなくリスクの比較になります。
僕が会社員時代、独立できるだけの能力を持っている人はものすごくたくさんいました。
でも、結果的に独立の可能性よりもリスクだけを考えてしまって、最終的には会社の中にたまる人が大半でした。

 

1億円稼ぐ人は、実はやっていることはマイナス思考の人の裏返しです。先に結論付けてしまうのです。
ただし、その場合の結論は「俺は絶対にできる」というもの。
何事であれ、絶対にできると思って行動します。そこにある可能性を信じきるんですね。

 

金川顕教の場合、公認会計士試験にしても本の出版にしても、必ずできると思い込んでやりました。
実行するかしないか。結果を決めるのはその違いだけなんです。
目の前に新しい機会を与えられた時に、できると思うか、できないと思うか。

 

僕が口癖にしていたのは「簡単ですよ」「絶対できます」と言った言葉です。
「難しそうですね」のような後ろ向きの言葉は絶対使いませんでした。マイナス思考を生むだけですから。

 

言葉には力があります。ですから、「できない」「自信がない」「やったことない」という言葉は使ってはいけません。
それを口癖にしたら、本当に何もできなくなります。
稼ぐ人は、常に絶対にできると思って行動しているんです。徹底的にプラス思考で考えていけば、
プラスの行動をするし、結果的に本当にできてしまうというのが金川顕教の結論です。

カリスマ起業家はデスクを持っていない?

金川顕教2冊目の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”の中では、
年収別に行動パターンを比べています。

 

年収300万円の人と年収1000万円の人の違いは、
仕事の仕方の違いとして、デスクまわりがに現れています。

 

会社員時代の同僚を眺めていても、死後の出来不出来というか、
仕事への意識の違いがその人のデスクに出ていました。

 

よく、「その人の頭の中は、デスクを見ればわかる」なんて言われたりします。
デスクが散らかっていてどこに何があるかわからない状態だと、
自分がこれから何をして、次に何をすればいいのかということがわかりにくいですし、
単純にデスクが片付いている方が
仕事の効率も高いのは言うまでもありません。

 

自分の机の上に何があるかを人に説明できる状態であれば、
外出中に外から電話して同僚に仕事を手伝ってもらうこともスムーズですし、
誰かが自分の代わりに自分のデスクで仕事をすることも可能です。

 

そういう意味で、デスクをスッキリさせることは自分にとっても、
それから同僚やパートナーにとってもとても重要なことです。

 

ただ、今の金川顕教は、デスクを持っていません。

 

スマホやノートパソコンさえあれば、どんな場所だってデスクになってしまいます。
アイデアの生まれやすい場所や、体をリラックスさせる場所、集中力を発揮できる場所など、
どこでも好きな場所に移動して仕事をすることができるのです。

 

デスクやオフィスに縛られることなく、いつでもどこでも仕事ができる。
裏返せば、遊んでいる合間に仕事をすることが可能だということでもあります。
僕だけではなく、電車や飛行機の中、ホテルのラウンジ、ネットカフェなど、
あらゆるところで仕事をしている知り合いもたくさんいます。

 

ホテルを泊まり歩いたり、国内の観光地を巡ったり、海外旅行をしながらでも、仕事はできるのです。

 

その方がアイデアも生まれますし、反対にオフィスに縛られることの方が非効率的です。
そこには上司もオフィスもありません。サービス残業もありません。

 

デスクなんてなくても仕事ができることを自由だと感じられるようになれば、
それはもう「稼げるマインド」になっているということかもしれません。

生活にゆとりを作ることが収入を上げることになる?

僕の家には、モノがほとんどありません。
整理整頓は昔から得意で、いらないモノはまず買わないし、
必要なくなったものバンバン捨てていました。

 

それは、僕自身がモノに執着しないからではありますが、
意図的に整理整頓を心掛けているところもあります。

 

整理整頓は、頭の中をスッキリさせることでもあります。

 

ただ、金川顕教がここでやろうとしているのは何がどこにあるのかを把握することとは少し違います。
結果的にモノが少なくなればそうなるのですが、
最大の目的は、「リセットする」ということなんです。
これを常に意識することが大事なんです。

 

金川顕教の家のリビングには、
ソファと犬のモコしかいないと言っていいくらいです。

 

モノがないのは、広々とリラックスするためだけではなく、
リビングという空間に、
余計な情報を持ち込みたくないということなんですね。

 

金川顕教の著書”年収1億円はお金と時間が増える人”では、
年収別に行動パターンを比べているのですが、
おそらく、年収1億円稼いでいる人の多くは、集中して仕事をする時間と、
リラックスしながら仕事のことを考える時間を分けていると思います。

 

僕の場合は、目の前の情報を一旦リセットしたい時に、
モノの少ないリビングに行ってぼんやりと過ごします。

 

この二つの時間を使い分けることで、
仕事をいろいろな角度から見つめることができるんです。

 

年収300万円の人は、必要かもしれないと思ったものは何でも家に買いためてしまいますが、
これは余計な情報が増えるだけです。

 

年収1000万円の人も、いいものを集めようという思考が働いてしまいますが、
これも結局、情報を増やす方向の話です。

 

年収1億円稼ぐ人は、必要最低限のものだけ家に置いて、
リセットできる空間と時間を作っています。

 

それは、生活にゆとりを作ることでもあります。

成功者になるには自分のやるべきことを見極め深めていく

稼ぎたいといいながら稼げない人は、やるべきことをやりません。

やるべきことをやっていくことが、どのような結果に結びつくのかが分かっていないんです。
仕事全体の中でどこに位置付けられる仕事をやっているのか、
自分では理解していないのです。

ブログも更新しないし、メルマガも継続的に執筆することはせず、
動画も配信しないし、LINEなどもやりません。
本を読んだり、動画を見ても何もしないんです。

それどころか、目の前にあることからも逃げます。
口では稼ぎたいといいながらも、結局何もしない。
全体像も見えていないから、今やっていることが次にどう繋がるのか分からないんです。

彼らが自分のやるべきことすらやれないのは、
やるべきことが何なのか、わかっていないからなのです。

今目の前にあること、自分のやるべきことに全力で取り組む人は、
年収1000万円プレイヤーと呼ばれている人が多いです。
全てにおいて一生懸命に取り組み、与えられた仕事を完璧にこなそうとする。

会社にいたら、上司の期待に何が何でも答えようとする
優秀な社員といったところでしょうか。

ブログの更新も、メルマガの発行も、動画の作成も、LINEでの宣伝も、
顧客獲得の営業でも、やらなければならないと思ったことは何でもするんです。
ものすごいできる人ですね。

年収1000万円どころか年収1億円叩き出す人は、ちょっと違います。
彼らは、目の前にあることの中から、やるべきことだけピックアップして、
そこに全力で取り組むんです。

それは要するに、自分がやるべきことは「これだけ」と決めているということです。

だから、ブログやメルマガ、動画にLINEといった余計な時間を使うようなことはしません。
人に任せるんですね。本人はシンプルに自分自身に集中しています。
自分が得意な分野をどんどん深めていくんです。

全てを自分でやっては、時間を浪費するだけで、収入は上がりませんし、
次のステージでやるべきことを考える時間も取れません。
全体像を見つつもやるべきことにフォーカスするのが、
1億円というお金を稼ぐのに必要な要素です。

1 2 3 14

12,879人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。