金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

ベッドってそんなに大事だったの!?質のいい睡眠で年収を上げる

早く起きるためには早く寝る必要がありますが、そのためにはいまいちな飲み会やパーティーの誘いは断って、
さっさと家に帰って眠りにつかなければいけません。
ただ、寝る場所にはこだわりたいものです。

 

なぜなら人間は、人生の1/3を睡眠時間に当てています。
寝る場所というのは、人生の1/3を過ごす場所ということになりますね。
そう考えると、少しはこだわってもいい気がしてきませんか?

 

金川顕教は、睡眠は時間が限られているという意識が強いので、ものすごく大切にしています。
睡眠の質を高めるために、200万円するベッドを使用しています。
お金があまりかけられない場合は、無印良品のベッドがオススメです。
安価なのに眠りやすいと評判です。

 

1部のベッドメーカーの中には、大手流通と手を組んで100万円以上するものがゴロゴロありますが、
高いのはマージンだけで、クオリティは15万円程度のマットレスと大して変わらないものもあります。
ちょっといいベッドを買う場合は気をつけてくださいね。

 

睡眠時間は人生の1/3を占めるのみならず、起きている2/3の生産性を大きく左右するため、
十二分に質の高い睡眠をとるための投資は惜しまないようにしたいです。

 

起きている時間の貧富の差はなかなか埋めることはできませんが、
寝ている間の貧富の差は簡単に埋められるのです。

 

あくまで寝ている時間だけに限って言えばですが、
40万円程度のベッドで眠れば、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグと
生活水準は大して変わらないのです。
大富豪ウォーレン・バフェットや孫正義より稼ぐことは難しいかもしれませんが、
それなりにいいベッドですやすや寝ている最中は、大富豪もサラリーマンも関係ありません。

 

そう考えると、ちょっといいベッドが欲しくなってきませんか?
起きている2/3の生産性を上げるだけではなく、
いいベッドで眠っているという現実が、自分自身のモチベーションを上げてくれるとも思うんです。
金川顕教はベッドだけでなく、手触りのいいシーツと枕カバー、肩や首に負担のない枕など、
きちんと揃えています。

 

質のいい睡眠を得るために、寝室環境をしっかり整えるということは、
成功者の共通点でもあるのです。
週末はちょっといいベッドを見に行ってみてはいかがでしょうか。

金川顕教

一発逆転のチャンス!諦める前に、もう一度だけ挑戦しよう!

厳しいトレーニングで限界まで体を追い込み、もう動けなくなっているスポーツ選手から
血液を採取して本当に体が限界を迎えているか確かめるという、ちょっとひどい実験をしてみると、
実際には体はまだまだ動ける状態にあったといいます。

 

被験者たちは、別にウソをついているわけではありません。
本当に「もう動けない」と感じているのです。
つまり、体が限界を迎えるかなり手前で、脳が「もう限界だ」と判断しているということです。

 

だからこそ、アスリートは繰り返し限界まで追い込む練習をし、脳を説得する(あるいは騙す)ことによって、
限界値を上げていくわけです。これこそが、鍛錬の本当の意味です。

 

スポーツに限らず、僕たちが「もうこれ以上は頑張れない」「もう限界だ」と感じる時、
それは脳が決めた限界にぶつかっているのです。
客観的な限界ではありません。だから無理だと思っても、もう1回くらいは挑戦できるものです。
やってみれば、それで脳が感じる限界値を突き抜けて成功できるかもしれないのですから。

 

と言っても、動けなくなっている人に「立ち上がれ」なんて金川顕教は言いません。
言うまでもなく努力はしなければいけませんが、時には休息も必要です。
それも、疲れてから休むのではなく、疲れる前に休むことがポイントです。
なぜなら、疲れてしまうと誘惑に負けやすくなって、一休みのつもりがそのまま挫折、ということになりかねないからです。
金川顕教も実際こういう人を見てきました。

 

例えばダイエットに疲れきった人は、「もういいや」と過食に走ってしまいがちです。
だから、ダイエットするときは”チートデイ(Cheat day)”といって、
1週間あるいは2週間に1度、好きなものを食べていい日を決めておくのです。
あらかじめ、ここまで頑張ったら休むと決めておくのです。
そして、リフレッシュしたらまた限界まで挑戦する、これが大事なのです。

 

人間関係でも同じことが言えます。
どうにも相性が悪い人と関わらなければいけない時、どこまでも我慢して譲歩するのはよくありません。
かといって、我慢の限界がきたところで爆発して決裂というのもうまいやり方とは言えないでしょう。
そこで、あらかじめ「あと2回同じことをされたらもう関わらない」「今月中はとりあえず我慢してみる」というように、
決めつけておくのです。

 

どこまで頑張るかを決めた上で、相手との関係改善にチャレンジし、我慢することに疲れてしまう前に、
相手との距離を置いて一休みしてみるのがいいでしょう。

 

「もうダメだ」と諦めてしまう前に、もう1度だけ挑戦しましょう。
どうしても無理だと思った時は少し休んでも構わない。
そうすることで、あなたはどこまでも前に進んでいくことができるはずです。

金川顕教

成功者と呼ばれる人のメッセージはいつだって簡潔である

メールの文章の長さで、仕事ができる人なのかそうでない人なのかを見られてしまう場合があります。
仕事のできる人のメールは、短く簡潔なものであることが多いです。
しかも、返信を後回しにせず一瞬で返してしまいます。
一方で、時間をかけて無駄に長いメールを返してくる人は、2流である傾向が強いです。

 

ビジネスで成功している人や、企業の社長さんなどとメールのやり取りをしたことのある方なら、
納得できるのではないでしょうか。

 

これはメールに限った話ではありませんが、簡潔な文章を書けるだけで、かなり出世すると言われています。
仕事ができる人は、簡潔で論理的で思慮深い文章を書きます。

 

米国の某著名MBA入試の推薦状には、
“この人は簡潔な文書を作成してコミュニケーションできますか?”という項目があるといいます。
こう考えれば、外資系多国籍企業の大ボスには、意外と経済学部ではなく文学部や哲学部出身者が多いのも偶然ではないのです。

 

こうした”文章を短くすることのこだわり”は仕事能力を大きく左右します。
まず何と言ってもお客さんは忙しい中、大量の書類に目を通すので、長い文章をじっくり読んでくれる時間なんてないのです。
また、そもそもメールは短くないと焦点がぼやけてしまい、それだけ肝心なポイントが忘れられやすくなるのです。

 

仮に他人の作成した提案書を自分が読むことを考えても、そうではないでしょうか。
100ページもある冗長な内容がびっしり書いてある提案書は、その努力の甲斐なく、そもそも相手に読まれません。
金川顕教も読まないでしょう。
それに対して、1枚くらいだが骨子がしっかりしていてポイントが明確な提案書は、
読まれる率も覚えられる率も両方、確実に高くなると、金川顕教は思います。

 

金川顕教がこの人仕事できるなって思った人も、
文章が簡潔で短く、論理的な構造が浮き彫りになっています。
重複表現などが一切なく、それでいてポイントをはずさず、無駄のない文章になっています。

 

“偉くなる人に限って文章がうまい”という仮説は、
ある業界の大物も「文章能力は仕事能力の大きな部分を予測させる」と納得の様子です。

 

メール1通にも、その人の論理的思考力や論理的説明能力、
効果的なコミュニケーション能力のすべてが、否が応にも表れてしまうのです。
自分のメールの文章は少し長いかなと感じた人は、
無駄を取り除き無駄のない簡潔な文章をつくるように心がけてみてください。
あなたの仕事能力もきっと大きく変わるでしょう。

金川顕教

中途半端はダメ!徹底的にやりつくすことが成功へとつながる

あなたは「自分と戦っています」と声を大にして言えますか?
昨今、自分と戦うことのできる人が極端に少なくなってきていると金川顕教は感じます。
自分との戦いとは、どこまでできるか限界を打ち破ってやろうという、
自分の可能性へのチャレンジのことです。

 

例えば、ロンドンオリンピックの出場を決めた水泳の北島康介選手は、
自分との戦いの代表格と言えるでしょう。

 

もちろん自分と戦っている人もたくさんいますが、いまいち本気度に欠けるような気がします。
自分に勝つ絶対的な勝利から、相手をやり込め自滅させる相対的な勝利へ、
勝負の価値観が移っているといえるのかもしれません。

 

しかし、ミッションの達成という人生の勝利は、相対的には捉えられないものなのです。
なぜなら、相手よりも有利な人生を送ったところで、それはミッションを達成したことにならないからです。

 

自分のビジョンを実現しなければ、勝利の高揚はおろか、満足感すらありません。
あなたにはやるべきことを徹底的にやりつくす習慣、
やるべきことを中途半端にしない習慣をあなたに身につけてほしいと思います。

 

何事も中途半端な人というのは、徹底的にやり尽くしたことのない人です。
やり尽くして成功したという成功体験がないため、やりつくすことの意味をつかんでいません。
当然、潜在意識の中にも「やり尽くしたい」という願望がしませんから、何事も中途半端に終わるのです。
始末の悪いことに、意味をつかんでいませんから、
「中途半端で何が悪いのだろうか」という程度の認識しかできません。

 

やりつくすということは、その時その時で最高の満足感を得ることです。
心の底から自分を褒めてください。こうした体験は、ことのほか重要です。
やりつくした結果、自分に深く満足する記憶は、やがて潜在意識として
自分を突き動かすようになっていきます。

 

そして、どんなに困難な場面に直面しても、「オレはできる」とワクワクして
取り組むようになるでしょう。
つまり、やりつくして成功した成功体験は、自分に対する揺るぎない自信の源になるのです。
仮にやりつくす対象が仕事だけだとすると、これまで中途半端だった人がいきなりがむしゃらにやりつくすというのは、
おそらく難しいことだと思います。

 

しかし、やりつくす体験は、仕事に限らなくてはならない理由はありません。
金川顕教は、自分が好きな遊びでもいいと思っています。がむしゃらに遊んでやりつくした体験も、自信の源になり、
結果的に仕事でも活かせるようになるからです。
遊びと仕事を含め、両方をやりつくすと、
やりつくすことに対する考え方ややり方がバランスよく身につきます。

 

例えば、自分が好きな遊びをやりつくし、
その部分の喫水線を上げてやると、仕事などの領域もすべて喫水線が上がってくるようになります。
すべての領域の喫水線が上がっていくことによって、
目いっぱい取り組むことのできない領域はなくなり、あらゆる領域で苦手意識が消えていくでしょう。

 

それが、揺るぎない自信を得た自分になるということです。
自信でみなぎった自分を取り戻すために、どんどんやりつくしてください。
それにはまず、中途半端はやめると自分に誓ってください。

金川顕教

簡単に運気をアップさせる方法

運がいい人の心理学的な特徴は、外向性と開放性が高いこと、
そして神経症的傾向が低いこと、であると言われています。
わかりやすくいうと、チャレンジ精神があって新しいものに飛びつくのが早く、
メンタルが強いということです。

 

外向的な人は、いろいろな人と会ってコミュニケーションをとったりすることによって、
人間のネットワークを作っておくことができます。誰かがチャンスを見つけたら、
このネットワークを通じて自分のところにチャンスが回ってくるのです。

 

開放性が高い人は、新しいものに飛びつくスピードが早く、普通の人が手を出さないようなものにも手を出すので、
チャンスを1番乗りでつかめる可能性が高いです。もちろん、その分失敗もあるでしょう。
しかし、神経症的傾向が低い、つまりメンタルが強い人は、失敗してもすぐに次に手を出すことができ、試行回数が増えます。
だから成功する可能性も高くなるのです。これが、運がいい人の特徴です。

 

では、こうした性格を持っていない人は、一生運が悪い人生を送らなくてはいけないのでしょうか?
いやいや、そんなことはありません。
性格が違っていても、外向性と開放性が高く、神経症的傾向が低い人の行動をマネすればいいのです。
金川顕教は常々成功者のマネをすることが成功への近道だと言っていますが、これも同じです。
積極的に人とつながり、新しいものに飛びつき、失敗しても繰り返しチャレンジすれば、幸運はつかめるのです。

 

カフェに誰でも知っている有名人に座ってもらい、被験者が気付くかどうかという実験を試すと、
自分は運がいいと思っている人ほど気付く傾向にあると言います。金川顕教も速攻で見つけられると思います。
また、こういう人はためらわずに有名人に挨拶をするということもわかりました。
人間関係に恵まれ、次々とチャンスをつかむ人と、そうでない人の差は、
実際にどんな人に会っているかどうか以上に、出会いに気づいているかどうか、
気づいた時に声をかけるかどうか、といったことが重要なのです。

 

運がいい人は洞察力に優れ、チャンスを見逃しません。
常に”チャンスはそこら中に転がっている”と言う認識で生活するだけで、
出会いの質と量は変わってきます。

 

行動を伴わない期待ほどムダなものはありません。
行動もせずに幸運を期待するのは、畑に種をまかずに、芽が出てくるのを待っているのと同じくらいムダな行為です。
結局のところ、幸運を手に入れた人というのは、種を多くまいただけなのです。
幸運の種をまくつもりで、まずは行動してみてください。

金川顕教

1 2 3 25

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。