金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

人生を変えるテクニック、「1日24時間」を可視化する

時給で物事を考えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

それには、
自分が1日24時間を何に使っているか、
可視化することです。

 

金川顕教は、時間には、4つの種類があると考えています。

 

1つ目が、最低限必要な時間。
睡眠、食事、通勤、就業時間などがこれに当たります。

 

これは、生命にも関わるし、
どうしてもやらなくてはいけないことなので、
切り崩せないものです。

 

無駄だと思っても、
なかなか減らすことができません。

 

2つ目は、達成のための時間。
達成したいこと、やりたいこと、夢などの、
自分はこうなりたいという
前向きなことに対して使う時間です。

 

効率化は必要ですが、
この時間は減らせないし、
減らしてはいけません。

 

3つ目は、楽しむ時間。
たとえば、焼肉が好きだったら
それを食べに行ったり、
家族でどこかへ行ったり、
といった自分が好きなことをする時間です。

 

これは、頑張れば減らすことができますが、
精神的な苦痛が伴うので、誰もがなかなかできません。

 

そして4つ目が、無駄な時間。
これは、文字通り、無駄なことをしている時間です。

 

簡単に言ってしまえば、
「なんでこんなことをしてしまったんだろう」という時間です。

 

典型的な例が、
意味もなくネットサーフィンをしていて3時間もたっていた、
というような時間の使い方でしょう。

 

削るべき時間は、この部分です。
やらなくてもいいことをやっている時間で、
結局あとあと後悔する時間だから、
精神的苦痛も少なく削ることができます。

 

この時間を減らし、
2つ目の時間(達成のための時間)を増やすことで
人生は理想の方向へ向かいます。

 

時間には、この4つの種類があると知れば、
“タイムイズライフ”を意識することができるようになるのです。

 

この4つをしっかりと認識して、
時給思考を持つことで、
望む成果は出るようになっていきます。

 

なんとなく時間をただ過ごしてしまう、
という場面を最小に減らすことができるのです。

 

まずは、この4つの時間に
自分がどのくらい時間を使っているかを明確にしてみましょう。
自己分析、チェックするのです。

 

4つ目の時間(無駄な時間)を減らし、
2つ目の時間(達成のための時間)を増やす。
それが成功を手にするためには必要不可欠です。

 

なのに、「自分が何に時間を使っているのか」
を知らない人が多すぎる。
なんとなく1日を終わらせている人が驚くほど多いのです。

 

金川顕教自身、この4つの時間があることを知って、
昔から時間の使い方をしっかりと考えていれば、
もっと早く今の生活を手に入れることができたと思います。

 

もっと早く目標を達成できたし、
人生の質を上げられたでしょう。

 

2つ目の時間(達成のための時間)でやるべきことを終わらせたら、
あとの3つの時間では何をやっても良いのです。
やるべきことさえできたのなら、趣味を楽しんでもいいし、
極論すれば、ただただソファで休んでいてもいいのです。

 

どういうふうに時間を使っているかをチェックすることは、
時給思考を自分の中にインストールするためには非常に大切です。

 

時間の使い方を知れば、
将来についてのビジョンもイメージできるようになります。
「自分の時給を今後いくらにしたいのか」
「今は時給○円だけど、今後どうなっていきたいか」
ということも考えられるようになります。

 

こういう仕事がしたい、こういう会社に入りたい、
こういう部署で働きたい、将来の目標や夢、
願望は人それぞれですが、頭の中でイメージできることが
実現しやすいのは間違いありません。

 

自分がどれくらいの時給を稼いで、
どんな生活を送りたいのか。
それを考えることができれば、
今後、仕事や人生プランとの向き合い方も
変わっていくでしょう。

 

あなたが望む理想のライフスタイルを手に入れるのも
夢じゃなくなるのです。

金川顕教

「うれしい、楽しい、大好き」その口癖が夢を叶える

人生は「自分が言っている言葉のとおりになる」。
言葉って、導く力がかなりあるんです。

 

もちろん、その人の持つ力というのは重要です。
でも、言葉を発しているのは「人」。
だから例えば、一緒にいる人が超頭が良くて優秀で、
超お金持ちだったら、自然とその人の住んでいる世界に引っ張られます。

 

そして、「貧乏」とか「つらいよな」とか言っていたとしたら、
残念ながらその通りになってしまうんです。

 

もしあなたの周りにそういうマイナスワードを発する人がいるなら、
一瞬でサヨウナラして消え去ることが大事。
そういう意味では、人間関係はシビアに考えたほうがいい。

 

満遍なく好かれようとか、嫌われないようにとか思わないこと。
そのくらいハッキリしないと、ただ時間を無駄にするだけですし、
ただマイナスの言葉を浴びせられるだけで終わってしまいます。

 

だから絶対に、自分自身もマイナスの言葉を使わないこと。
そして、そういうことを言っている人からは速攻で立ち去ること。
もしかしたら「ひどい」とか、「冷たい人」って思われる可能性もありますけど、
結局成功する人って「孤独」で、「我が道を行く」人だと思うんです。

 

それから、言葉の力についてもう一つ言うと、
「うれしい、楽しい、大好き」が口ぐせの人は夢が叶うんです。

 

この「うれしい、楽しい、大好き」って別にその通りじゃなくても良くて、
要は「ポジティブな言葉」という意味。
「今日めっちゃ、やる気出る」でもいいし、
「よし、今日もやるぞ!」でも、「毎日楽しいな」でもいい。

 

テンションが高くて、ポジティブな発言をしている人、
いわゆる「プラス思考」の人のほうが、
どんどん上に行けると金川顕教は思っています。

 

人間は、70%の人がマイナス思考だと聞いたことがあるんです。
10人いたら、前向きな人はその中の3人くらいしかいない。

 

例えば、
「10万円稼げる方法があります、やりましょうよ」
という言葉を聞いたとして、「いや、無理でしょう」って言う人が7割で、
「マジっすか?やりたい!」って言う人が3割だというんです。

 

自分はそんなことない、
プラス思考だって言う人もいるかもしれません。
でもあなたが会社員だとして
「明日会社行きたくないなー」って考えること、ありませんか?
でもその後に「じゃあ、会社に行かなくていいように何か始めよう!」
という人は少ない。

 

自分のマイナス思考に気づいてない人、
多いと思うんですよ。

 

無意識にマイナス思考になっていると、夢は叶わない。
だから、まずは言葉からポジティブに変えていきましょう、
ということです

金川顕教

素直に真似することが成功への近道

時給を上げられない人の特徴として、
素直じゃないということが挙げられます。

 

時給を10倍にしていく人は、
言われたことをそのまま真似する人です。

 

金川顕教自身、成功者のやり方は、
完全に信じきってやることにしています。

 

面識のない人の話はさすがに信用しませんが、
人から紹介された人や、自分がリサーチして
実際に会った人の話は、疑わずにとりあえずやってみることにしています。

 

自分のやり方が正しいと思って突き進む人ほど、
現状を変えられないものです。

 

メンターを信じきる、金川顕教は
これが成功のカギとなると考えています。

 

100%信じてみて、
言われた通りにやってみる。
こういう人がやはり時給を上げていきます。

 

大人になっても素直さは必要です。
この素直さが、入ってくるお金に
変わっているといっても過言ではないのです。

 

メンターを真似する場合は、
その人と自分のギャップを見るという視点を持ってください。

 

では、どんな差を見るのか。
それは、考え方の差です。
成功者とそうではない人では、
思考のプロセスが大きく違います。

 

「なぜ、メンターはこう考えるのか?」
と常に考える癖をつけてください。

 

たとえば、金川顕教は筋トレをしていますが、
普通に運動したら痩せるし、筋肉がつくわけです。
そもそも金川顕教は、痩せればいいなーというくらいの
感覚で筋トレを始めました。

 

しかし、金川顕教のトレーナーは、
ボディビルダー選手権で上位になるような人です。
トレーナーは、美しい筋肉、大きな筋肉をつくるために、
基本的な考え方が僕と違うのです。

 

絶対に炭水化物は食べない、
カレーを食べると脂肪がつくから食べない。
こういった基本姿勢を持っているのです。

 

金川顕教とトレーナーでは、
筋トレに対する考え方に大きく差があったのです。

 

なにごとも結果の要因となるものは、
曖昧なものが多いです。

 

だからこそ、自分なりの理屈や根拠がより重要になります。
なぜ、成功したのか。これはその人なりの根拠に頼る以外にないのです。

 

ただ、筋トレすれば痩せるだろうと考えているのと、
筋トレの効率を良くするために、炭水化物を取らない、
カレーは食べないと考えている人のほうが、
成果が出る要因が明確になります。

 

時給を上げ、理想のライフスタイルを実現するためにも、
ぜひ自分とメンターの考え方のギャップを見つける癖をつけてください。

 

メンターから教えを乞うときには、
質問の型を持っておくと、
より深く学ぶことができます。

 

まずは、自分の現状を話します。
「今、時給が1000円で3時間勤務なのですが、
時給1万5000円で2時間働く形態に変えたいのです。
今は、○○という仕事をしているのですが、
△△のような仕事をしたいと思っています」
といった具合に話します。

 

特に、自分の現状、自分の時給、
自分の時間の使い方をしっかりと話して、
メンターにアドバイスをもらうといいでしょう。

 

その後、2W1Hで質問していきます。
「なぜ、そんな成果を上げられるのか?」(WHY)
「何をしているのですか?」(WHAT)
そして最後に、
「どうすればいいのでしょうか?」(HOW)

 

この型を守って、
メンターに質問していくことで、
成功は加速していきます。

金川顕教

断る勇気が収入を上げる

時給が低い人は予定をつくらない、
そこそこの時給の人は予定をつくる、
時給が高い人は予定に空きをつくる。

 

これは、金川顕教が常日頃感じていることです。
なぜ、予定をつくらない人は、時給が低いのか。
それは、誘惑に負けてしまうからです。

 

予定がないから、快楽のために時間を使ってしまい、
何も得られないのです。
しかし、予定がびっしり入っている人も、
そこそこの時給で終わってしまいます。

 

これは、自分で全部やってしまうからです。
そこには、1時間あたりいくらという思考がありません。
時給の高いことも、低いこともすべてやってしまうのです。

 

時給が高い人は、予定に空きがあります。
なぜなら、やらないことを明確にしているから、
時間を生み出すことができるのです。

 

時給が高い人ほど、
予定をうめすぎないということを知っておいてください。

 

時給が高い人は、
優先順位をつけて自分のやるべきことに順番をつけてやっています。
優先順位が明確になると、ある程度仕事を断る必要が出てきます。

 

金川顕教は会社員時代から、
上司の仕事を断っていました。
これは、なかなかできないと思う人もいるかもしれませんが、
慣れればどうってことありませんし、
そういうキャラだと認定されれば、
無駄な仕事自体が振られなくなります。

 

全部仕事を請け負ってしまうと、
相手もあなたに余裕があると思って、
どんどん仕事を振ってきます。

 

こなす量が多すぎれば、
優先順位が高い仕事をミスしてしまうリスクもあります。

 

仕事を断ることに躊躇する必要はありません。
あなたは、あなたの自己実現のために生きているのです。
他人のために生きる必要はないのです。

 

思い切って断る。
一度やってみてください。
その後の人生が大きく変わります。

金川顕教

なんのために稼ぐのか、これがないとお金持ちにはなれない

お金を稼いでいたら「偉い」のか?
偉いとか優秀だとか、そんなことは絶対にないんです。

 

お金というのは、もちろん大事なもの。
でもじゃあ「お金を稼げたら幸せになれるか?」というと、
それは別の話です。

 

お金は、単なる交換ツールなんです。
選択肢が増やせたり不幸を減らせたり、
そういうことは可能になります。

 

でも「お金を稼いでいる人は偉い」わけではない。

 

重要なのは、「お金を稼いで何をしたいのか?」ということ。
稼ぎ方もだけど、使い方も大事なんですよ。

 

使い方が決まってないと、稼ぐ理由がないんです。
そういう意味では「欲しいものがある」「やりたいことがある」という人の方が
稼げると思うんですよね。

 

だって貯金の数字が増えても、
幸せ度は増えないんですよ。

 

金川顕教は使い道もあるし、やりたいこともあるから
「やらないとやべぇ」っていう感じで働いてますけど(笑)。

 

何も欲しいものがなかったり、やりたいことがなかったり……
そういう人だったら、別に働かなくてもいいんじゃないかな、とさえ思います。

 

重要なのは「何のためにお金が欲しいか?」ということなんです。

 

これがない人がお金を稼ごうとしても、無理だと金川顕教は思っています。
正直、お金ってみんな欲しくて、欲しいけど
みんなが手に入れられないものだったりするんです。

 

だからお金持ちは嫌われるし、
お金を持っている人に厳しい言葉を言う人は多い。

 

世の中で働いている人は、みんなお金が欲しい。
お金持ちになりたいんです。
でも、お金持ちにはなれない。稼ぎ方がわからなかったり、
そういうきっかけがなかったり。

 

そんな中、なんであなたはお金持ちになりたいの?
ということなんです。
だってみんな「お金がない」のに、なんでわざわざお金持ちになりたいの?と。

 

車が欲しいのか、いいところに住みたいのか、ビジネスマンになりたいのか、
理由は人それぞれなんですけど、そこをまず明確にしないと、お金持ちにはなれない。

 

お金って、本当に「お金に好かれる人」にしか入ってきません。
だから「お金持ちになって何をしたいのか」が決まっていない人に、
お金は寄ってこないんです。

金川顕教

20,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。