金川顕教公式サイト

Arrow
Arrow
Slider

禁断の売れる文章術

文章の力で相手を夢中にさせる!? 成功者だけが知っている秘伝の技術を解き明かします。 〜売れる文章術を身につければ、相手の心を自在に動かせるようになる〜 益々盛んになり、変化の大きい広告業界ですが、そんな中で成果が出ないと諦めてしまう人がいます。 「素晴らしい商品がある」、「価値のあるサービスが提供できる」、「貴重な情報をアップしている」、 そういった大きな武器があるのに、活かしきれていないのであれば、もったいない話です。 あなたは、自分自身の課題点に本当に気が付いているでしょうか? 課題点に気付いているのであれば、それを改善することで成果をあげることは可能です。 しかし、課題点に気付いていなかったり、課題点を勘違いしているのであれば、大きな問題です。 何よりもまずは、正確な「気づき」が重要になります。 商品を紹介する文章の表現力に問題があるのなら、それを克服するためのスキルを磨く必要があるでしょう。 しかし、実は表現力は豊かなのに、文章のポイントがずれているという残念なケースをよく見かけます。 文章のポイントがずれていると、ユーザーが読み始めた時点で勝敗が決しています。 せっかく価値のある商品やサービス、情報があるのに、 ユーザーが興味を抱かず、途中で読むのをやめてしまうので、成果は出ません。 これは文章を書くための「準備」や、文章の「構成」に大きな問題があるためでしょう。 「売れる文章」を書き、成果を出すためには、「相手の心に深く突き刺さる」必要があります。 そして、「買いたい!」、「会いたい!」という行動に移したい気持ちにさせなければなりません。 そのためには、文章の表現の仕方以上に、本質となる準備や構成にコツがあるのです。 これからのお話でご紹介していきますが、そのコツを追及することによって、「相手の心を動かす力」が生まれきます。 相手を動かすことは、営業時の「会話」でも、商品を紹介する「文章」でもできるでしょう。 しかし、会話よりも文章が優れている点は、文章は推敲して何度も練り直すことで、 より強い感化力にすることができるということです。 そして、会話はその場で消えてしまいますが、文章は24時間、 あなたのために世界中のユーザーを相手に働き続けてくれるのです。 文章は、とんでもない成果を出すことのできる可能性を秘めています。 成果が出ずに悩んでいるのであれば、ぜひこれからのお話を読んで、「売れる文章」について学び、身につけてください。

出版社を納得させる売れる書籍を作る技術: 出版を実現するためのガイドブック

いつか書籍を出版したい しかし、いざ企画や原稿を作るとなるとなかなか思うように進まない。。。 そんな思いをしたという方も多いのではないでしょうか? 書籍を出版するというのは、確かに大変なことです。 出来るか出来ないかでいうと私の経験上ほとんどの人は書籍を出版することが出来ると思っています。 しかし、やり方を知らないだけなのです。 出版を実現するためには、出版社や編集者の気持ちを汲み取ってあげるだけなのです。 出版するために必要な下準備から出版社への持ち込みまで全てやり方はあります。 本書では、実際に書籍を何冊も出版してきた私だから分かった出版社の求めている 企画の持ち込み方まで出し惜しみなくみなさんに共有していきたいと思います。

相手から「必ずYESを引き出す」無敵の交渉術

デキる人の最強交渉術はこれだ! 思い通りにYESを引き出すテクニックを身につければ、人生は思いのままになる。 本書を手に取っていただきありがとうございます。金川と申します。 相手と話せば話すほど良い人間関係を築くことができたら、 相手と接するだけで相手に喜んでもらえたら、 それもお金を稼ぎながらできたら、と思いませんか? かの有名な心理学者アドラーは「人の幸福度は9割人間関係で決まる」と言いました。 つまり、人生の成功者は良好な人間関係を築いているということなのです。 良好な人間関係を築くことはそれほど難しいことではありません。 ですが、やはり慣れが必要です。 そのためには、交渉術を身につけて上手く活用する必要があるからです。 本書では、人生を変えたいと願っているあなたに向けて交渉術を教えていきます。 交渉術を知り使っていけば、あなたの人生は間違いなく変わるからです。 私は、話すことで富を築いてきました。 自分の実現したいものを実現するために、多くの交渉を成功させてきました。 ですが、そんな私にも三流高校の引きこもり学生だった時代があったのです。 だから、交渉術は決して才能による賜物ではないのです。 後天的に身につけられるものです。 私は、これに気づき必死に勉強をしてきました。 それにより数々の失敗に見舞われましたが、そのおかげで自分の交渉能力が伸びていったのです。 それに連れて人生は大きく花開きました。 「なんでもできる!」とまで思えるようになったのです。 あなたもそんな人生を手に入れて、自分のやりたいことを実現したくはありませんか? 少しでもそう思っていらっしゃるなら、ぜひとも本書を読み進めていただければと思います。  

やり抜く力 〜才能でも努力でもない成功のカギをモノにする〜

  大反響。人生を思い通りに動かしたいなら真っ先に読むべき本。 世界が注目している究極の能力をわかりやすく解説! ビジネスシーンに関わらず、様々な分野で「成功」するために必要不可欠なものはなんだと思いますか? 「幸運」と答える人もいるでしょう。 確かに成功者の多くが、幸運に巡り合えたことに感謝するコメントを述べています。 「才能」と答える人もいるでしょう。 天性の才能、センスを前にすると、多くの人が畏敬の念を持ち、賞賛します。 「幸運」と「才能」。 この2つがあれば、間違いなく成功できそうですね。 どんなライバルにも勝つことができ、いかなる困難も乗り越えていけそうです。 しかし、どちらも意図して手に入れられる要素ではありません。 それでは、「幸運と才能」、どちらも凡人の域である人は、成功できないのでしょうか? 人類の歴史上、偉大な科学者として有名な「ダーウィン」は、自伝で自分について、こう述べています。 「私は直感的な理解力に長けているわけではなかった」 「私は抽象的な概念を延々と思考する力に乏しい」 「記憶力はあまりにも低かった。詩の一行すら覚えていられなかった」 どうやら、ダーウィンは、偉業を成し遂げるために必要なものが「才能」だとは考えていなかったようです。 才能以上に必要なものがあるというのです。 あなたがどうしても成功を手に入れたいのならば、「才能以上に必要なもの」を、これからするお話を読んで、ぜひ手に入れてください。

学ぶ技術: 学んだ数だけ成功への道は開く

  技術シリーズ第3弾発売開始!! 今回のテーマは、「学ぶ」 学生の皆さんはもちろんのこと、 社会人になってからも上司や外部の講師、メンターから日々学ぶ機会があると思います。 私も日々勉強をしているわけですが、私はもともと偏差値35しかありませんでした。 そこから立命館大学に合格、在学中に公認会計士試験に合格しました。 それができたのは知識を確実に自分のものにできる勉強法を編み出したからです。 もちろん今でも日々勉強をしてそれをビジネスで取り入れています。 今回の書籍では、どうやって勉強をしてきたのか。 いかにして知識の定着をしてきたのかを皆さんにお伝えしていきます。 日々様々なところで勉強のできる現在です。 皆さんも勉強法を取り入れて実践で活かせるようになっていきましょう。
1 2 3 6

38,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。